長良川右岸を中心に自転車に乗る日々

2017年10月17日

富士スピードウェイ

2017-10-15 10.12.59.jpg


昨日のWECが行われた富士スピードウェイは私が最後にいったのは2011年。
実業団in小山のレースである。
ちなみに富士スピードウェイの実業団レースは、富士200kmとの併催であった。
なので、スタートが朝7時30分とかで、なかなか大変だった。

しかし、モータースポーツ観戦となると90年代までさかのぼる。
はっきりとした記憶に残ってはいないが、おそらく1996年頃のインターテックだったと思う。
当時は、なんせ車ではなく自動二輪であった。
東京まで100kmくらいであり、行きはひとっ走りという感じでちょうどよかったが、帰りは100km、ずっと渋滞のなかをすり抜けるので、大変ストレスがたまったし、身体もしんどかった。
若くないとできないよな〜。

てなわけで、あれから約20年。
富士でのモータースポーツは本当に久しぶりだ。

今回は、ピットウォークにをしてみた。
モータースポーツは30年くらいサーキットに見に行っているが、ピットウォークは初めてである。

2017-10-15 08.57.10.jpg


意外といいものだ。
最近は星野や中嶋が、ぶいぶいいっていた時代とは違うので、サービスもいい。
日本には世界選手権として、F1とWECとMotoGPが来ているが、マイナー度ではWECがダントツであり、アマクラスもあることから、ピットウォークのチケット値段や、混雑ぶりはハードルがもっとも低い。
トヨタやアストンマーチンやフォードなんかはエンジンもかけてくれるしね。

2017-10-15 12.23.52.jpg


持ち物はカメラとFMラジオ。
これにキャンプ用の携帯座布団、カッパなどが必需品である。
FMラジオ場内でFMで実況をしてくれているからである。
場内実況はあるのだが、エンジンの爆音でかなりの割合でとびとびでしか聴こえない。
かといって場内放送を大きくしすぎると、エンジン音の迫力もスポイルされてしまうしね。
今回はJsportsのライブ放送の音声そのものがFMにも場内放送にも流れていて、実況、解説ともとてもよかった。

カメラは雑誌編集時代に、必要に迫られてかったものである。
正直もっといいものがほしい…。

それにしても驚いたのは富士スピードウェイの施設だ。

2017-10-15 08.17.36.jpg


90年代w とは比べ物にならない。
F1を開催したときに伝説となったバス乗り場もきれいになっている。

2017-10-15 08.18.32.jpg


そして、驚いたのは、グランドスタンドからピットのほうに抜ける通路にエスカレーターがついたこと。

2017-10-15 08.21.09.jpg


これはなかなか驚きだ。
鈴鹿もエスカレーターはなかったんじゃないかな。

2017-10-15 16.18.37.jpg


移動式ATMがあったり。

現在、富士スピードウェイは、97%くらいの株式をトヨタが保有していて、ほぼトヨタの子会社である。
F1開催では散々な結果に終わり、さんざん富士スピードウェイとトヨタの評判を著しく落としたが、トヨタもかなりの投資を富士スピードウェイ行っているようで、結構まじめにF1開催をしようとしていたことがうかがえる。

ま、よくなったといっても、それは90年代までの富士スピードウェイを知っているからであって、鈴鹿サーキットの最近もものすごい設備の充実ぶりに目を見張るものがあり、周辺住民の協力とか考えると、おそらく鈴鹿にはかなわないと思うけど。
まぁ〜〜〜、富士スピードウェイには天の時、地の利、人の和のうち何かが足りないんだろうな〜。
今回も天気が悪くてろくにレースにならなかったし。

でも、久しぶりの世界選手権は楽しかったわ。
来年も見に行くかどうかは、ポルシェがいなくなったシリーズがどんなふうになるかによるかな。
posted by 大黒屋 at 07:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

2017 FIA WEC 富士6時間

22449836_1656505027755292_6195851475545478059_n.jpg


WEC富士6時間に行ってきました!

実はMotoGPとかぶったためどちらに行くかかなり迷った。
しかし、今年でポルシェが撤退する、ということなので富士に行くことにした。

22528474_1656505687755226_5789097391574826593_n.jpg


かっこいい! 

22448466_1656506724421789_8195564068574106236_n.jpg


特にGTカー!
かっこよすぎて気絶しそうである。

22528157_1656508354421626_4583563468443374408_n.jpg


しかし、天気はサイアク。。。

22449741_1656507537755041_6299881393314214395_n.jpg


雨はある程度予想されたものであったが…
問題は濃霧。

富士スピードウェイは、富士山の山麓にあり気候も特殊である。
そしてコースは、ストレートがもっとも標高が高いところにあり、1コーナーから下り、Bコーナーがボトムとなる。
そして再びテクニカルなコーナーを駆け登ってストレートに出てくる。
なのでこの標高の高いストレートが濃霧に覆われるのだ。

22490071_1656507797755015_3701339002390004847_n.jpg


レースはスタート直後はポルシェの2号車がリード。
トヨタ勢を徐々に引き離し、今シーズンのそのままで、今日もトヨタは負けるのか…という雰囲気。

しかし、スタートから1時間くらいで、濃霧のために最初のセーフティーカー導入。
このときポルシェの2号車がピットに入らず引っ張る。

ハッキリとした理由はわからないが、2号車はセーフティーカー解除を先頭で受け、コースクリアな状態でリードを稼いでからピットインしようとしたのではないか。
なんせ視界が悪いので、他の車のうしろにつけると抜くのに手間取る。
特にGTアマクラスは、ローリングでも前車との間隔がつめられないので、セーフティーカーランの間では前車が抜けないため、その分差が開くことにもなる。
トヨタが先にピットに入り、ポルシェの真後ろにいなかったこともあり、トヨタを置き去りにしてリードをつくっておもむろにピットインしてトップで戻るという計画であったのではないか。

しかし、なんと赤旗中断。
隊列が詰まった状態で、ポルシェだけがリスタート直後に給油のためにピットインし、集団の最後尾につけなければならないという事態になってしまったのだ。
2号車の作戦は完全に裏目に出てしまった。

そしてリスタート後は雨が強くなり、霧雨のような雨では速かったポルシェが、強い雨ではトヨタより3秒も遅い。
解説の国本選手の話ではウェットタイヤのコンパウンドの問題で、ポルシェのタイヤのほうが固くてヘビーレインでは厳しいのではないかとのことだった。
そして、トヨタがなんと1-2体制となり、2号車は1回目の中断の後、最後尾からの追い上げを余儀なくされた2号車はなんとラップダウンされてしまう。

しかし、その後も、強い雨、クラッシュなどで合計5回のセーフティーカーラン、1回のフルコースイエロー、そして2回目の赤旗中断。



このまま1時間半の中断でレース終了。

なんとトヨタの1-2。

22539743_1656509197754875_3242247166193077897_n.jpg


正式には113LAP。
515kmである。
6時間で計算すると、なんと時速86km。
スーパーGTの鈴鹿1000kmが5時間40分切るご時世なので、LMP1ハイブリッドで高速コースの富士なら6時間あれば1100kmくらいはいくはずなので、半分も走れなかったことになる…。
F1でこのようなレースになれば暴動が起きるかもしれん。

昔、富士でインターテックやインターF3とかはこの時期に行われていた気がするので、この時期の富士スピードウェイは天気がよければホントにFine Dayなのである。
WECは2015年にはローリングラップだけで終了だったようだし、F1はひどかったし、トヨタが株主になってから結構呪われている感じがする。

ちなみに、ストレートが霧に覆われていたこととウオータースクリーンのため、ローリングスタートは、ストレートと1コーナー出口のポストまではイエローゾーンが設定されており、1コーナーを抜けるまでは80km/hが設定され、物足りなさがあった。
しかし4回目のセーフティーカーランのリスタートはストレートでローリングスタートが行われた。
爆音とどろく富士のストレートはやはり(・∀・)イイ!!


posted by 大黒屋 at 07:56| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

時は金なり

前回の東京行きは高速バスを利用した。
今回はJRの在来線を使ってみた。

2017_10_08_08_41_00.jpg


0855 岐阜
特別快速豊橋行き

2017_10_08_09_57_48.jpg


1000 蒲郡
各駅停車浜松行き

やっと三河の都市の名古屋からの順番がわかった。
そして愛知県から静岡県へ。

浜名湖20171008.jpg


県境の浜名湖を渡っている際に、新幹線に遭遇!
電車の車窓から新幹線を眺める。

2017_10_08_11_02_42.jpg


1110 浜松
各駅停車興津行き
トイレに行き昼食を買う。
静岡県内が結構細かく乗り継ぎが必要だ。

2017_10_08_12_23_06.jpg


1233 静岡
各駅停車沼津行き

2017_10_08_13_11_54.jpg


1323  富士
各駅停車熱海行き
熱海から先は関東圏といっていいのではないか。

2017_10_08_14_08_57.jpg


1411 熱海
快速アクティ小金井行き
ここからは東京まで乗り換えなし。
静岡県内で4回も乗り換えるのでここまでなかなか眠れず。
ここまで来ると乗ったことがある電車なので、爆睡。

東京駅に1538着。

2017-10-08 16.06.39.jpg


水道橋には1604到着。

岐阜から水道橋まで6480円。
ちなみに新幹線のぞみ号を利用すると11310円(日曜日料金)
差額は4830円。
在来線だと時間は7時間10分。
新幹線を利用すると2時間55分。
その差4時間15分。
時間当たり1200円弱。

つまり新幹線に乗ることで、4800円で4時間の時間を買っているといえるのだ。
買った4時間を活用して、何をするかはその人次第だが、個人的には4時間という時間が買えるのであれば決して高くはない…と感じたりした。
結構老い先が見えてきて時間が貴重に感じるようになってきたからそう思うのかもしれないが。

ちなみに労働時間も同じだ。
被雇用者は雇用主に自分のもっている時間を売って、その対価として賃金を受け取る。
サービス残業は時間を雇用主にタダであげているようなもので、極端なことをいえば、雇用主に時間をドロボーされているのと同じである。
時間ドロボーを合法化させてはならないと思うのだ。
posted by 大黒屋 at 23:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

緊急指令N.R.

20171009.jpg


ついにきた!
3年ぶりのナイト・レンジャー日本ツアー!

今回は東京ドームシティホールへ。
前回は渋谷公会堂だった。

日本ツアーの案内があったときには東京と大阪で、これは! とおもって慌ててチケットを取ったのだが、そのあと名古屋公演が決まってしまい、名古屋にきたのか〜と残念に思った。
しかし、大阪公演は秒殺で売り切れたというし、ハコが全盛期と比べると小さくしているとは言え、いまだに人気が高い。

それにしても!
アメリカンロック!
出だしからあまりのかっこよさに昇天しそうだった。

手術をしたとかいう噂を聞いていたケリー・ケイギーが心配だったのだが、ずいぶん痩せてしまっていた。
しかし、センチメンタルストリートからアンコールのシスタークリスチャンまで歌いきってくれた。

ジェフ・ワトソンが復帰しそうもないので前回ツアーからバンドに入っているケリ・ケリは、さすがに前回ツアーは準備不足な感じがしたけど、今回はちゃんと弾ききっていた。
そりゃ、「炎の彼方」や「ロック・イン・アメリカ」のそろはジェフ・ワトソンに弾いてもらいたいけど、今回はよかった。

それにしても、ホント元気なおじさんたちで、元気になるわ。
アンコールは2回もあり、
1回目
パッション・プレイ
タッチ・オブ・ザ・マッドネス
2回目
シスター・クリスチャン
ロック・イン・アメリカ

本ちゃん最後の2曲
クロース・ユア・アイズ
炎の彼方
からアンコール2まではお約束みたいなものでだが、それがいいんだな。
なんでも518回目の公演だとかいっていたので、450回くらい同じパターンでやってるかもw

2017-10-08 19.14.37.jpg


今回は初の東京ドームシティーホール。
きれいで新しい感じ。
音もものすごくよくて2階席とかでもみやすいしとてもよかった。
3000人くらいはいるらしい。
今年はもう東京には来ないかな。。。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

十五夜

20171004中秋の名月.jpg


月がきれいですね〜。
本日は十五夜。

日曜日に平昌五輪予選となるショートトラックスピードスケートの2017-2018ワールドカップが始まった。
第1戦目はハンガリーのブダペスト。

スクリーンショット 2017-10-01 23.44.30.png


なんと日本男子リレーチームが銅メダルを取った。
男子のリレーでのメダルは6シーズンぶり(スケートは10〜3月と正月をまたぐので、シーズンと表される)だそうだ。
ちなみに五輪では、長野五輪の500mの金、銅以来メダルはない。
しかし、長野五輪から20年になるんだな…。

ちなみにショートトラックは韓国が強い。
韓国の冬の五輪のメダルはショートトラックがほとんどである。
キム・ヨナのためフィギュアスケートの印象があるかもしれないが、強いのはショートトラック。

スクリーンショット 2017-09-30 23.51.56.png


女子4種目すべてで金メダルをとった崔・ミンジョン選手をはじめ、男女8種目中6種目で金メダルを独占した。
ちなみに、平昌五輪ではフィギュアスケートとショートトラックが同じ日に競技が行われ、フィギャスケーとの予選は午前中。
ショートトラックをナイトゲームで行うという。
しかも、入場料はショートトラックは日本円にして40000円であり、フィギュアスケートの3倍である。

しかし、冬の五輪で初めて南半球に金メダルをもたらした、伝説のブラッドバリー選手の例があるようにショートトラックではな何が起こるかわからない。
個人戦ではB決勝に進んだ選手が一人であったが、リレーでは男女ともに決勝に進んだ。
楽しみである。

2017-10-03 20.24.16.jpg


120回転30分。
大分安定してきたわ。

posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

普及会

2017-10-01 13.14.57.jpg


本日は普及会に行ってきました。

まずはケイリンA級で…。
5番車だったので、おとなしくうしろにつき、前の展開をみる作戦。
結構、スプリンターレーンがあく。
スプリンターレーンがあいたら、そこに突っ込んでも内突にはならない。
突っ込もうかとも思ったが、展開的にいやな予感がしたので、外を回ることにした。
やはり最初に逃げを打った方がたれてきたので正解だった。

しかし、外はきつい…。
前の人たちは、かなり打鐘前からもがいていたので、そろそろたれてくれるんじゃないかと思っていたのだが、甘くなかった。
特にMINOURA大垣レーシングのT原父氏。
私が東京にいく前の6年前はまだ、現在高校で自転車部の主将をやっている息子さんが小学生だったころに子どもの送り迎え係としておいでだったのに、いつの間にかご自分でも走るようになっていたのだ。
お子さんが速いわけだから、オヤジさんは乗っていなかっただけで、遺伝的には走れるわけだわなぁ。

なんとか、最終コーナーの下りを利用して追い抜けたが、一杯一杯。
正直、久しぶりに自転車に乗って吐き気がした。
自転車に乗って吐くというと笑う人がいるかもしれないが、実際にそういうことが起こる。

てなわけで、2着で決勝に乗った。
多分二度目くらい。
千葉県在住時には千葉県民体育大会レベルでも4回中2回決勝、1回準決勝に勝ち上がっているのだが、大垣ではそんなに甘くない。

それにしても競り合いというのは非常に負荷がかかる。
決勝はダメダメだった。
決勝でもスプリンターレーンがあいたので、今度は突っ込んでみた。
逃げの人がたれてきたところで、外並走の方のスキを見つけて、抜け出てまくろうと思ったのだけど、脚がないし酸欠で頭がキーンとなってやめてしまった。
まだ、人間らしくリミッターがかかっているようだ。

その後はポイントレース。
上級10km、初級6km。
なぜか両方走ることに…。

上級。
ポイント周回で千切れることはわかっている。
とにかくピストの人の加速力というのはすざまじい。
まずついていける可能性がない。
なのでポイント後に集団に戻れるかがすべてだ。

1回目のポイントで千切れ、EBIちゃんに引いてもらって何とか戻る。
2回目のポイントで千切れ、あきらめてゆっくり周回し、周回遅れで集団に戻る。
しかしすぐに3回目ポイント周回で千切れる。
EBIちゃんが千切れていたので拾ってもらい、周回を重ねる。
その間に4回目のポイント周回があった。
最後のポイント前に、再び3人の先頭集団が近づいてきた。
ここで、先頭集団のうしろにつき、4位で最後のポイント倍の2点がとれるんじゃないかとよこしまな考えが頭をよぎる…。

EBIちゃんを見捨てて上に上がり、先頭集団を待つ。
そしてうしろについた。
速い! 
しかし、先頭の3人についていってEBIちゃんを千切る。
4位確保! …と思ったのもつかの間。
先頭の3人で最後のポイントに向けて千切りあいが始まり、またしても千切れる。
これはヤバいと思ったがときすでに遅し。
単独走の4番手の方、EBIちゃんにも追いつかれ、2ポイントどころではなくなったw
1ポイントもとることなく2周遅れでゴール。

そして、初級6kmにも出場。
ポイントはとれなかったが何とか2回目のポイントまで集団に生存。
まーこれで、上級レースで抱いたよこしまな心の禊は終わったと、千切れてゴールをしようと思ったのだが、なぜかMINOURA大垣レーシングのH尾氏がにやにやしながら私を追い抜いていき、また戻ってきた。
私の前につけ、徐々にペースを上げている。
しかも股の間から私のほうを見ながらw
マジで! ついてこいって?!
もういいのに…。

てなわけで、集団復帰。
ハイペースのまま最後まで走り切りました…。

とても疲れた。。。
ま、でも、バンクの集団レースがまだ走れるカンがまだ残っていることがわかったのでよかった。
今だとたぶんロードレースの集団走のほうが難しそうだ。

2017-10-01 17.05.08.jpg


シーズンが終了しました。。。
posted by 大黒屋 at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

コンビニ戦争

現在の住まいの近くにミニストップがある。
ここは結構古くからあって、できてから10年以上が経つかな。

そして5年ぶりに岐阜に帰ってきてびくりした。
町のコンビニとして周辺住民の心をわしづかみしていたミニストップを通りに沿って東に300mくらいと西に300mくらいのところに、セブンイレブンが挟み込むように2軒も建ったのだ。

7←300m→ミニストップ←300m→7

ま、実際のところ岐阜のはずれだから300mも空間がアルのだが、都心だと300mもすき間はあかないだろう。
それにしても、二つの店舗で挟み込むとはえげつない。
つぶしにかかっているよね。

岐阜に戻ってきてミニストップに行ってみたが、すでに店内がやつれていた。
一時のダイエーみたいな感じ。
個人経営の商売は店主のモチベーションがすべてだな…、と思うが。
ついに来月ミニストップが閉店することとなったらしい。
オーナーは一時複数店舗を開いていたはずなのだが。。。
厳しいねぇ。

2017-09-26 21.09.38.jpg


本日はローラー30分。
posted by 大黒屋 at 23:50| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

自転車世界選手権

スクリーンショット 2017-09-24 19.36.02.png


ノルウェーのベルゲンで行われた今年の自転車世界選手権。
北の海の最果ての地というイメージだけど、想像以上に美しい町並みだった。



個人的には、Europeの“The Final Countdown”のイントロの針葉樹林の風景を思い出してしまった。
ヨーロッパもそろそろ来ないかなぁ。

スクリーンショット 2017-09-24 20.30.34.png


そして想像以上の盛り上がり!
すごい!
ノルウェー人ってこんなに熱いんだ! って思ってしまった。
沿道を人が埋め尽くすというのはこういうことだろう。
しかも赤。

やはり、ノルウェーの英雄ボワッソンハーゲン、クリストフ…。
強い選手、勝てるかもしれない選手がいるってことだよ…と思った。

そして…

スクリーンショット 2017-09-24 23.40.22.png


あーくやしいクリストフ!
4分の1車輪ほど。。。
3連覇のまさに王者ペーター・サガンに屈す。

これはすごい。
すごいレースだった。

レース後、憔悴し切った顔でインタービューに答えるクリストフが本当に見ていてつらかったけど、サガンも今年はツールで失格になったし、いろいろなことがあったからなぁ。
なんか今年は1年を通してステージレースを観ているみたいでドラマが多かったように思う。

それにしても最後の5kmくらいで放送が途切れるというアクシデント。
Motoもヘリカメラも全部途切れて固定カメラのみの実況となってしまった。
Motoやヘリの映像は、一旦、上空待機の電波中継用のヘリに電波を飛ばし、ヘリから放送車に電波を飛ばして配信しているらしいので、Motoやヘリカメラが全部ダメになったということは、電波中継用ヘリのトラブルなんだろう。
BS-1ではどんな録画放送になるのだろう。

スクリーンショット 2017-09-24 21.09.31.png


それにしても日本から唯一1人だけ参加の新城選手。
最後尾にいて、ヒラヒラ千切れていく選手をかわしつつ最後尾をキープして走り、最後の1周まで集団に残るというのはさすが。
しかし、新城選手だけでは、世界選手権が再び日本にやって来ることはないと思うんだ。
posted by 大黒屋 at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

鳳梨酥

2017-09-21 10.29.54.jpg


本日は納品日。
今年の4月に岐阜にきてから、毎月480ページ、デフォルトとして製作している追録の納品日。
なんせ、ページ数が多いだけに大変。
これ以外に複数の台本を抱えているので、ここまで本当に忙しい。
もちろん慣れの問題もあるのだが。
とりあえず黙々と仕事をしているのだが仕事が途切れることがない。
つまり新しいアイデアを考えたりするヒマがないってことだ。
ま、いいけど。

2017092102.jpg


会社の方が台湾に旅行に行ったというので、お土産の「鳳梨酥」をもらった。
鳳梨酥とは日本のお菓子でいうと「パイナップルケーキ」とのことである。
台湾を代表するお菓子だそうで、日本でいえば、東京バナナとかういろうというような感じなんだろうか。

名前の通りパイナップルの餡が詰まっているケーキである。
しかしこのパイナップル風味の餡というのが意外としっかりとしたパイナップルの香りと味がついていて、甘くておいしい。
アジアは韓国しか行ったことがないが、韓国のお菓子や、旦那の転勤で中国やシンガポールに行っていた妹の土産なんかは、もう少し大ざっぱな印章であるが、日本のお菓子の繊細な感じとも違う濃厚できちんとしたつくりのお菓子だ。
なるほど大わんを代表するお菓子だけのことはある。
これはうまい。
ありがたい!
台湾にいかれる方はぜひこれを。

2年ほど前にプレミア12という国際野球大会があったので、行こうかと思っていたのだが、著者を缶詰めにしてこいという厳命が下りあきらめた。
次に機会があれば行きたいところだ。

2017092101.jpg


本日はローラー。
ここ5年ほど甘利自転車に乗っていなかったので、お尻が軟弱になっており、パッドの大きいdhbのパンツを使っていたのだが、回転数を出せるようになってくると大きなパッドがこすれるようになる。
とくにQファクターの狭いピストで回転数を刻むとこすれて、前回の練習の後、股が血まみれになってしまった。

そこで、MINOURA大垣レーシングのパンツに履き替え。
パッドは薄いが、脚の回転には向いている(パールイズミ製)。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ヒドイ試合

本日も巨人はヒドイ試合をした。
1イニングのうちに8点を失うというありさま。
WBC以来ずーっと休みなくでている選手がキャプテンであったりするので、なにかと疲労がたまっているのもあるのだろう。
Aクラスをかけた厳しい戦いが続いているが、試合の空気が疲れてきている感じがする。
もうあと2週間ほどなのだからがんばってほしい。

しかし、この秋にもアジア3か国で国際大会を行うらしい。
オリンピックのためのデモンストレーションなのだろうが、昨年のオランダなどを迎えて行った、国際壮行試合、一昨年のプレミア12など、ここんところ主力選手は冬もシーズンオフがない。

2020年がオリンピックであり、2018年、2019年は国際試合も行うだろう。
東京五輪でぶざまな試合はできないし。
そして2021年にWBCが予定されている。

さすがにちょっとは考えたらどうかと思う。

2017-09-19 20.59.14.jpg


本日はローラーにて…。

今週から、自転車世界選手権がはじまった。
本日は、ジュニアロードタイムトライアルが行われ、日本からはわれらが岐阜第一高校の松田祥位くんが出場した。
58秒遅れの20位。
本人は勝つつもりでいただろうが、タイムトライアルでこの順位はかなり力があると見ていいのではないか。

サッカーなどほかのスポーツでもそうだが、日本人はジュニアやアンダー23で強くてもエリートになるとかなわないということをみかける。
このタイムトライアル一発でお誘いが来るとは思われないが、これから大人に成長していくにあたって、いかに自分の環境を構築していくかではないだろうかな。
この前某氏が「彼は世界しか見ていませんよ」といっていたが、がんばれ〜。
posted by 大黒屋 at 23:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。