江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年08月05日

織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年記念 第72回 全国花火大会

20170805103.jpg


タイトルが長くなりましたがw
今日は、岐阜新聞のほうの花火大会。

ちなみに先週は中日新聞の花火大会。

20170805101.jpg


岐阜新聞の花火大会のほうが、「全国花火大会」という名前がついているとおり、花火の全国大会と位置づけだと聴いたことがある。
そんなわけで、どかーんどかーんというのもあるけど、結構芸術色が高い花火が多いと思う。

20170805102.jpg


しかし、5年ぶりの岐阜の花火は良かった!

家の前の道路が混みあって身動きが取れなくなることが多いけど、今年は昼に雨が降ったので渋滞もそれほどではなかったしね。
来年は中日新聞のほうも見に行こう。

明日は岐阜県自転車競技選手権です。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

5連勝止まり

2017-08-03 21.49.53.jpg


結構、最近巨人が勝っている。
借金も残り3つ。
しかしDeNAは貯金が5つあるので、追いつくのは簡単ではない。
ま、DeNAに追いつけば、差がない2位も見えてくるから、がんばってほしい。
それにしても内海はあかんね。

中1日おいて、ローラーに乗ってみた。
たかだか30分のローラーだが、正直、疲れが抜けていなくて体が重い。
しかし、本日は回転数が2ほど向上した。
やはり続けて乗ることが重要なのだと思う。

明日は飲み会があって、1日おいて岐阜県選手権に役員で参加です。
今回は計時になっているので、ストップウオッチ用意しておかないと。
posted by 大黒屋 at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ローラー

DSC_4363.jpg


たまに乗ってるよ、、、

てことでローラー。

なかなか回転数が上がらないので、これは実走しかないのかもしれない。
今のところ115回転前後で30分ほど。
あと5回転、120回転ほどで30分いければなぁ。

岐阜へ戻ってきたが、実は前に岐阜にいたころと同じ仕事をしているわけではなかったりする。
月極めの仕事になったので、何かと追われている状況にある。

もっといろいろなことをやりたいと思うのだけど、見通しをつけられるようになるまで、もうちょっと時間がかかりそう…。
この仕事はこの時間でできると、自分の中にきちんと時計ができるといいのだけど、まだ難しい。
メンバーも大分違うしね。

いろいろぼちぼち再開していくつもりなので、もう少々お待ちを。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

爆音部

2017-07-29 15.07.22 .jpg


久しぶりにギターを弾いたw

Van Halenオタク学会こと東海爆音部の復活記念。
みんなそれぞれに年を食ったけど、お久しぶり。
お元気そうで何よりでした。

ゆる〜く6時間ほどギターを弾いて、お酒飲んで帰宅。

久しぶりのギターが重くて、肩が凝った。
おまけに久しぶりのギターということで、指がぱんぱんにはれ上がった。

まぁぼちぼちまた弾いていこうかな。。。
posted by 大黒屋 at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

弦交換

DSC_4356.jpg
五年ぶりw
もう弦が氏んでるどころか、手触りがカビがはえているんじゃないか? というくらい気持ち悪い。

どうやって換えればいいのか忘れていたし。

1時間半くらいかかってしまった。
posted by 大黒屋 at 23:07| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恵那クリスタルパークで

先日、恵那クリスタルパークで動画を撮ってみたよ。



鳥の声や虫の声がのどかであるが、蒸し暑い。
なので、この日も結局、私の貸し切りになってしまった。

大分滑れるようにはなってきた。
乳酸がたまる程度に。。。

技術的にある段階まで来ないと、体に負荷がかかるような滑りができないから、ある程度の技術を身につけてからしんどい練習をするという感じ。

しかしみた感じ遅い。
冬までにもうちょっと進歩せんと。
posted by 大黒屋 at 02:53| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

千トラ

t2pix_20170710-014740.png


なんと5年ぶりくらい?
本日は岐阜県民スポーツ大会大垣市代表選考会に参加してきた。

参加される方が増えていてびっくり。
やはり、地域密着型というのはこれからの日本には必要で、こういったスポーツ大会のようなことに市民自ら参加する機会というのは、地域活性化につながると思う。
県とかも大会について広報をもっとしたほうがいいんじゃないかな? と思う。

で、千トラは
1分24秒!

正直、かなり千トラとは恐ろしい競技であり、その地獄度は他のあまたの競技を凌駕する。
なので、慎重のそろりとスタート。
もともとスタートは苦手だし。
その後もペースなりにあわせて何とかゴール。

なんていうか千トラって、全身が走っている最中から痛くなるよね。
残り1周になると、もう二度と走るものか! と思ってしまう。

ちなみに1分24秒は2005年に初めて千トラを走ったころのタイム。
ただし、あのころの機材は鉄フレーム、鉄ホイール、丸ハンなので、カーボンフレーム、ディスクホイール、DHバーの現在とはまったく違う。
実質はダウンなのだろう。
ま、私のベストでも1分19秒4なので、許容範囲。
1分30秒割れとかにならなくてよかった〜。

そしてハロンは13.57。
スプリントにでたことがあるのは2006年頃までなので、競技としての記録はベストで13秒台だと思う。
なので、今みたいに練習していなくこのタイムが出るのはちょっと驚いた。
下手したら15秒台もあるぞ…と思っていたので。。。

やっぱりなんだかんだいっても、かつて大垣競輪場で鍛えてもらったのが今も残っているのだろうな。
いやホントありがたい。
ちなみに練習でのハロンのベストは、、12.56。
1秒あげるために、どんだけの練習が必要なことか。

OGP(大垣ピストンズ)のキャプテンさんが写真を撮ってくれた〜感謝。

20170709.jpg


私の走りは、「思ったより普通でつまらん」といわれた。

というかOGPのキャプテンさんがすごく速くなっていてびっくり。
私がちょうど転勤で東京に引っ越すころにバンクにおいでになるようになった気がするけど、なんせフォームがものすごくきれいになっていたびっくり。
やっぱり練習するとうまくなるし速くなるんだな。。。
見習わないと。
posted by 大黒屋 at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ツール・ド・フランス

スクリーンショット 2017-07-03 0.08.19.png


今年もツール・ド・フランスの季節がやってきた。
今年はドイツ出発。
なんと初日から雨で、個人タイムトライアルでバルベルデ師匠が転倒してリタイヤするという波乱。
2日目は、ドイツからベルギーへ。
3日目はベルギーからルクセンブルグを通ってフランスに入るらしい。
もう一度ヨーロッパの地図を見ないとよく位置関係がわからない…。

それにしても、ツール・ド・フランスにでる選手の逃げの集団のローテーションを見ると本当に美しい。
日本の公道ではなかなかローテーションの練習ってできないのでしょうがないけど、なかなか日本のJプロツアーでもこうはいかない。
こういうローテーションがみんなできれいにできるようになると日本のレースももっと速くなるんじゃないかなと思う。
だって、まだ2日目とはいえ、たった4人で190kmを42km/h以上で逃げるんだからなぁ。。。
身体能力ももちろんあるけど、ローテーションの技術もすごいと思う。

ジロ・デ・イタリアが見ることができなかったので、ツール・ド・フランスは楽しませてもらおう。

2017-07-02 15.13.51.jpg


実は先週、大腸ポリープの切除手術をしたために、1週間、運動は禁止されていた。
で、1週間が経ち、運動はOKとなった。
しかし、来週までは気圧の変わる飛行機には乗ってはならないらしい。
今のところ予定はないけど。

実は本当はもっと早くに検査を受けたかったのだけど、社員旅行で飛行機に乗る予定があったため、ずらしたのだ。
今考えると正解だったな。

一応禁止が解けたので、とりあえず恵那クリスタルパークにいってみた。

まだ、カメラを突っ込んだお尻に不安があるんだよな。。。
中のほうに痔核があるみたいだし。

クリスタルパークに着いて、靴を履いて1周したところで、なんとゲリラ豪雨。
滑れなくなってしまった。

2017-07-02 23.29.38.jpg


インラインローラーはタイヤに溝がない。
なので、水に濡れた路面はハイドロプレーニングでまったくいうことをきかない。
実際には雨でも大会等は行われるそうで、雨用のローラーというのもあるらしい。

そんなわけで、ちょっとずつ乾いてきたところで、少々練習をして帰ってきた。
しかし、久しぶりに体を動かしたので、少し気分が良かった。
このところ仕事が忙しいので、帰るのも遅いのよ。
posted by 大黒屋 at 23:53| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

マジックテープ

バリバリ.jpg


昨日は、将棋の竜王戦とタカタの民事再生法申請のニュースでいっぱいだった。
資金繰りに行き詰まりかけて会社に勤めていたことがあるので、正直タカタの件については、どうしようもないとはいえ、いたたまれない気持ちではある。

一方竜王戦のほうは面白かった。
CCNで囲碁・将棋チャンネルが見られるので、帰ってきてから佳境の部分を見ることができた。
個人的には早指しの囲碁を見るほうが多いけど。

ちなみに私は囲碁も将棋もヘボである。
4つ下の弟が小学5年生になったころから、弟に負けるようになり、それから実将棋は指していない。
弟の将棋はいつごろからか、こちらからは何もできなくなるほど防備がされたうえに、攻撃を受けるので、私としてはなすすべがない。
そうすると兄としての威厳が失われるので、将棋はもうできないということになる。

まぁそれくらい実力の差があると、やっても面白くも何ともないが、プロの試合を観るのは嫌いではない。

しかしそれにしてもプロ棋士はホント最後まで見せるね。
テレビではなかなかいわないけど、ネットでの話を見ると形勢は藤井四段に傾いていたみたいだ。
そこからの増田四段の粘りもすごかった。
藤井四段が何かで1手遅れると逆転もありうるんじゃないかと思わせるものもあった。
とにかく熱戦で、プロ棋士の戦う姿に感動した。

今回は藤井四段の29連勝もあったし、まぁ、プロというものは人の話題となってなんぼだよな〜。
読売ジャイアンツさん感動をさせる勝負をしてほしいねぇ。

今回、対局中の出前も話題にあったけど、まだ中学生の藤井四段が、出前のお金を払おうとサイフをとり出しあけようとすると、マイクに
「バリバリバリ」
とあのマジックテープの音がw
いやー体も大きいし、受け答えも落ち着いていて、とても中学生には見えないけど、なんとなく中学生らしくってかわいかった。
posted by 大黒屋 at 23:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

岐阜県自転車競技記録会(国体予選)

20170626001.jpg


本日は岐阜県自転車競技記録会(国体予選)の競技運営のほうに参加してきた。
今年は自分たちで自転車部をつくり、県総体ではチームスプリントをとった可児高も参加している。
楽しみな選手も多く、なかでも前日に行われた全日本タイムトライアルジュニアで圧勝した岐阜第一高校の松田祥位くんは注目株だ。
しかし昨日の今日では移動など準備が整わず出走はなかった。

あさから梅雨空で雨が降ったり病んだり。
タイムトライアル競技はそれほど大きく想定と違うことは起こらないが、延々とスタートチェックタイム計測が延々と続くので、競技役員としては、長時間にわたる集中力が要求される。

今回は大腸検査の次の日だったので、大量の下剤を飲んで胃腸が弱っていることと、場合によってはポリープ除去等のオペを敢行するため少なくとも1週間の安静が要求される。
そんなわけで、ちょっと肉体的にハードでないところに配属をお願いした。
そこで記録員という内勤をおせつかった。
大会運営では総務的なをされており、県連盟の競技委員長さんについて記録を取りまとめていく役割である。

タイム計測や発走まわりと違って現場感は少ないが、選手は自分の記録をいち早く知りたがっているので、とにかく早く書類を作成して配布してしまうということである。
記録集計中にも連盟の競技委員長エクセルの関数を関数を工夫したりして、改善が図られた。

タイムトライアル競技会ということでラップとスプリットタイムをとっているので、これらの記録を効率良く記録できるしくみとしたのである。
なかなかこれはこれで楽しかった。

そんななか雨という残念な天候ではあるが、大会は順調に進んだ。
このへんは岐阜車連のよさだと思う。
経験値も高いというのもあるがスムーズに進むのでいい。そうはいかない車連さんもあるよね。

しかし、機材トラブルが多かった。
特に大学生。
発走したところで小ギヤがきちんとしまっていなかったとか、招集に間に合っていなかったりとか、ちょっと気をつけてほしいと思う。

それにしても初めて知ったのが基準タイム。
基準タイムをクリアできないと大学生の学連競技の選手権で出られないのである。
その基準が1000mTTだと1分10秒なんだそうだ。
1分10秒だと競輪学校合格レベルより少し高いのではないかと思うので、まず普通の人がどれだけ練習しても到達できないタイムである。

なので、基準タイムを出せていないため、普及部門での出走となっている選手には声援が大きかった。
大学4年生になると、もう最後のインカレである。
最後の大会は選手権で出たいという人も多いと思う。
もう来週から始まってしまうので、基準タイムをクリアする最後のチャンスであり、選手権記録を持っている選手より、もっていない普及部門の選手に、「がんばれー」という声援が大きかった。
ま、これが、団体競技だよね。

本日は天候が残念で全体的にはタイムは低調であった。
期待していたタイムが出なかった人もいるだろうが、これからの人生によき思い出として心に刻んでほしい。

posted by 大黒屋 at 23:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする