江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年03月07日

侍ジャパン

DSC_3414.jpg
本日より第4回ワールド・ベースボール・クラシック一次予選が始まる。
昨日、一足先に始まった韓国ラウンドでは、韓国がイスラエルに敗れるという大波乱があった。
韓国のプロ野球ファンの失望たるや、ことばに尽くせないだろう。

日本は初戦のキューバに勝てれば問題なくいけるだろう。
キューバに負けると、オリンピックで日本のプロ野球の権威を失墜させたオーストラリア戦が非常に厳しいものになる。

筒香や中田がイマイチバットが振れてないのが気にかかるが、とにかく前半戦を投手が耐えて、相手投手の先発が降りるころからから打ってもらいたい。

日本や韓国、台湾といったプロ野球のある国は選手層が厚い。
顕著なのが投手陣で、プロ野球のない国では、あとになればなるほど投手のクオリティは落ちる。
球数制限のあるWBCでは重要なファクターで、とにかく相手の先発投手に球数を投げさせて、早く降ろすということだろう。
二線級の投手が出てきて一気に打ち込めるまで、日本の投手ががんばるしかない。

とにかく初戦。
期待をしたい。

しかし、全戦19時開始というのが…。
WBCは投手交代が多いので、23時くらいまでかかりそうだ。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

3日連続

t2pix_20170306-083014.png
木曜日から3日間飲み続け。
飲みすぎ食べすぎで、腹周りが重い。
土曜日にはいたズボンがパツンパツンでヤバかった。
少しウエイトダウンしないと。

金曜日は、元Van Halenオタク学会、5150JAPAN+1のみなさんとオフ会。
久しぶりなので、ハンドルネームがあれだが、ハンドルネームだからこそできる昔トークもある。
なんだかんだいって、もうかれこれ20年近くのお仲間なのだからな。

なんせ当時は、若者離れが進む某巨大掲示板がオープンした直後くらいであり、インターネッツwが急速に身近になった時代である。

その頃にネットで知り合った方々とここまで長く続くとは思いもよらなかったが、まぁ、ネットがあるからつながるのではなく、ネットを活用して世界がつながるということなのだろう。

それにしても、みんな年食ったが、元気そうでなによりだ。
posted by 大黒屋 at 08:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

まぁでもそろそろ

DSC_3509.jpg
本日は誕生日だったりする。
いよいよ50が近づいてきた。
今の会社にい続けることができれば、定年まであと13年ということになる。

ここ7〜8年ほどは迷走ともいえるほど、頻繁な組織替えも行われたが、さすがにそろそろ落ち着くだろう。
私と入れ替わりで本社に戻ってくるのが、生え抜きの人だからな。
正直、商品のコアをなすところは、生え抜きで固めるほうが、会社的にはいいのではないか、と思う。

企業なので、利益を追求するのは当然だが、やはり一本通った精神みたいなものは必要だ。
出版社という主義、思想を表すものが商品なのだから、なおさらだ。

日本の企業は、新卒採用が基本であり、新卒者は職種というよりは、その企業の社員として育成される。
そのなかで、その企業の精神というものがたたき込まれるのである。
さまざまな部署をわたりあるくというのも、「自分の会社」という気持ちをもたせるためには必要なことなのだと思う。

そのため、残念ながら中途採用者は最初に勤めた企業の精神を捨てきれない気がする。
郷に入っては郷に従えといわれるが、なかなかそうはいかない。
私のところのプロパーの人にも「中途採用者は仕事は速かったりするが、ガンコ」といわれる。

企業的によその血を入れて、自社では得られないものを得ることは必要だと思う。
しかし、企業の歴史のなかで培ってきた精神が揺らぐほどまでに、コアなところを任せるのはどうかな、と思う。

岐阜事務所がコアでないということではないが、仕事自体はかなり確立されている。
幹部あるいは幹部候補の生え抜きの人がきちんといて、中途採用者の能力のみを活用できればスムーズに回るはずだ。

そんなわけで、普通で考えると、社会人としての最後は岐阜になるのでは? と思う。
正直今生の別れとなる人もそろそろ出そうだ。
昨日はそんな飲み会の1つ。

これからそんなのが目白押しになる見込み。
posted by 大黒屋 at 08:36| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

人事異動公示

2017_03_01_12_07_14.jpg
ということで、これからはおおっぴらに、コメント等いたします。
しかし、すでにもろもろ予定が埋まっていてご無礼をしてしまうかもしれないので、ご容赦いただけると幸いです。

本日は午後から引越屋がくるとのことで、昨晩からなでるような掃除を始めた。
とにかく物が多い!

この年になると、スーパー(独身)貴族なので、ほぼほぼマイワールドの構築に成功している。
昨日のどこかの記事で、心筋梗塞で亡くなった50代男性が死後1ヶ月で発見されたそうだが、部屋のなかに6トンもの趣味の物品があったという。

さすがに6トンはないと信じたいが、スーパー貴族への成長過程において、ものが増えることは人生の潤いという観点から欠かせないものである。

しかし、引っ越しはスーパー貴族をさらに昇華させるチャンスでもあり、新しいものを取り入れるために、順位が下がり気味のものについては、この地に捨てていくということも考えられる。
ま、時間がなくて、仕訳できず、結局はもっていくことになりそうだが。

それにしても公示された人事計画には驚いた。
個人的には、また一からの仕事になってしまうので、4月からストレスたまりまくりだろう。
オマケに私が今いる課所も驚きである。
そんな方法があるとは。
ま、すごいね…。
posted by 大黒屋 at 08:40| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

あっという間に

DSC_3408.jpg
なんと3月になってしまった!
ヤバい!
2月は日にちが少ないからな…。

本日、辞令が交付されるので、一応これからは公式に動きます。

とにかく今月中に岐阜にいかねばならんのだが、まだ手が着けられていない。

3月に入っても、WBCをはじめとしてイベントてんこ盛りのため、ろくすっぽ時間がとれない。
さまざまなみなさまには不義理をしてしまうことになりそうです。
ご容赦お願い申し上げますとともに、謹んでお詫び申し上げます。

ま、仕事のほうも不義理しそうだが。
なんせ、管理職と係長が異動になり、まったく関係ない部署に行く。
さらに係員が退職するということで、私の係では、ベテラン職員さん一人だけが残ることになる。

もちろん管理職と係長は代わりの者が異動してくるわけだ。
しかし、転勤者同士で入れ替わりになっていたりして、会って引き継ぎの打ち合わせをしたり、同行してあいさつに行ったりすることができないのだ。
そういう場合、いったん管理職が引き継いでおいて、転勤完了後管理職から新任に引き継ぐこととされている。
しかし、管理職ともども入れ替わってしまうからな。
おまけにいまのところ漏れ伝わる情報では一人減員のままでもある。
なんせ、今年度は総売上の7〜8%を3人で生産していたなので、つまずきは許されない。

どうするつもりなのかは、きょうわかる見込み(苦笑
posted by 大黒屋 at 08:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

スピードスケート

DSC_3493.jpg
2月最後のスピードスケート専門公開。
3月の県民大会に向けて、松戸市のみなさんも参加して、なかなか賑やかなここ3週間くらい。
アジア大会も終わって、東京都連の選手たちも戻ってきたので、結構混んでいる印象だ。

リンクは30m×60mなので1800平米。
550坪くらいか。
そこに、ホッケーなら選手12人+審判、フィギュアスケートシングルなら1人で使うわけである。
ちなみにショートトラックの場合は4〜6人+審判が基本であるが、リレーのときは16人がリンクに乗り、なかなかカオスである。

そんなわけで昨日は一度都連の練習の列のじゃまをしてしまった。
スピード差が大きいので、あっと思ったときには、よけられない。
迷ってうろうろして迷惑をかけてしまった。

しかし、そばを通り過ぎるのをみると、あらためて姿勢が低いと思う。
この低い姿勢を維持するには。ものすごい筋力が必要だろうな。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

東京マラソン

DSC_3491.jpg
土曜日は仕事。
伊勢原まで打ち合わせに行った。

終了して、著者陣と打ち上げ。
かなり遅くなってしまった。
しかも、電車が人身事故で遅れているという。
これはあかんか? と思ったら、やっぱりダメだった。

1時にはなっていなかったが、新宿でおろされてしまった。

しょうがないのでカプセルホテルを探すことにしたが、どこもあいていない。
冬の深夜の徘徊はとてもつらい。
試しにチェーンのビジホにも行ってみたが満室だ。
ラブホならたくさんあるのだけどね。

あとは24時間マンガ喫茶かな…。
と思ったところ、サウナが見つかった。
ここでいいや! ということで7、8年ぶりくらいのサウナ泊。
2600円と安いしね。

しかし、久しぶりのサウナ泊はきつかった。
ベッドはイマイチだわ、いびきはウルサいわ、空調は寒いわ。
ろくに寝れなかったが、朝方ウトウト。
風呂も寒くてしょうがなかったが、一風呂浴びてチェックアウトした。

すると、新宿界隈に人だかりが…。

なんと、東京マラソンが開催されていて、新宿の朝の街を華やかなランナーが走っていた。

そりゃ宿はどこも満室だわな。
それで、遊び民がカプセルホテルになだれ込んで埋めてしまっているのだろう。

東京都の一大イベントを横目に、早く暖かい布団に横になりたいという一心で新宿駅まで戻り、朝帰りしてきた。
なんともつらい週末であった。

しかし、これで東京での私の仕事はこれでほぼ完了。
なんせ、後任とは入れ替わりなので、ろくな引き継ぎはできまいが、引き継ぎのみを残す感じ。
引っ越しの準備をしないと。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

積み残し

2017_02_24_08_31_46.jpg
置き石があったそうで総武線がめちゃ混み。
錦糸町では大量積み残し。

むぎゆーという感じだ。
スマホ操作もままならない。
posted by 大黒屋 at 08:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

『重版未定』

2017_02_23_01_32_56.jpg
昨日、書店さんを徘徊していたら『重版未定』という書籍を見つけたので買ってみた。

最近、『舟を編む』『重版出来』『校閲ガール』など、編集者ものが多い。
ブームにあやかる形で出版されたのがこれだろう。
ネットのマンガを書籍化したものらしい。

誰が買うんだろーなーとも思ったが、私のようなものが、買っているので、まあまあ狙い通りなんじゃないの? お思う。

出版社というのは、それぞれに個性があり、それが存続するためにもっとも重要なことである。
なので、それぞれ出版社ごとにやり方とかは違うのだろうが、だいたい同じような部分を抜き出してまとめてあるのが、この書籍である。

世の中にどれくらいの編集者が存在しているのかはわからないが、いわゆる「あるある本」として読むとなかなかおもしろい。
これから編集者をめざす人にも読んでもらうといいかもしれない。

東京に来てはじめて体験した出版社の業務の一つが「企画会議」である。
文字通り、企画を出版するかどうかを図る会議である。
出版するかどうかを決定するのは、最終的には社長をはじめとする役員さんということになろうか。
書籍を発行するには、それなりに費用がかかり、回収は書店さんでの販売による入金だよりである。
なので、出版社というのは、いつ回収でいるかわからないものに、多額の初期費用を投ずるので、極めて資金繰りが悪い。
これを解消してくれるのが、取次さんなのである。

ともあれ、写真のページは気に入った。
刊行点数がヤバいから企画をだしまくろう!
というくだりである。

そのとおり!
新しい企画をどんどんたてないと、出版社というのは売るものがなくなるのである。
売るものがなくなると、返本が来たときにお金が払えず倒産してしまう。

笑うに笑えないのだが、これをなかなかおもしろく描いているなぁ、と感心したところである。

電子書籍がなかなか爆発しない、といわれて久しい。
その理由もこの本を読めば理解できよう。
今年の私的オススメの一冊である。
posted by 大黒屋 at 08:39| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

第二弾

2017_02_20_12_37_57.jpg
私の係で担当している資格試験ものたの第二弾が納品。
昨年よりそれぞれ40日から2か月ほど早い納品だ。

書店さんでの場所争いは激しい。
しかし、1月に納品した第一弾がそこそこ売れていれば、書店さんは並べてくれるのではないかと前向きに考えたい。
ちなみにアプリもリリースを開始した。
今年は平均すると全体的に1か月半ほど早めたといえるだろう。

実は4月から私は転勤で岐阜に戻るが、後任は現在岐阜事務所にいるかただ。
なので、お互いにすれ違いとなるため、顔をあわせての引き継ぎは行われない見込みである。
ちなみに私は岐阜事務所に戻ってやる仕事は、岐阜事務所から来る人の仕事を引き継ぐわけではないようであるので、岐阜に出勤してから引き継ぎを受けるのだろう。
具体的な仕事の内容とメンバーについてはいまだに知らされておらず、あいかわらずモチベーションの保たせ方がへただなぁと思う。

異動者というものは、ただでさえ大変なわけで、ウソでもいいから「君にはこれをやってもらいたい」「この仕事をどうしてくれることを期待している」くらいのことをいえばいいだけのことだ。
そういうことがなされないゆえに引き継ぎテロが起こるのではないか、最近そのように思うようになった。

てなわけで、今年も引き継ぎテロは起こるだろう。
転勤等で担当がすれ違いになる場合は、管理職がいったん引き受けて後任に引き継ぐということになっているが、管理職も変わってしまうという。
取り残されるメンバーはそりゃ不安になるわな…。
てなわけで、もう一つ大混乱のタネがまかれた…。
それはまた来週くらい。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする