長良川右岸を中心に自転車に乗る日々

2017年12月21日

クラッシュ

IMG_20171222_013705.jpg


帰ってくると掃除ロボットが玄関先で力尽きていた。。。
上がり框に乗り上げて亀の子になってしまったようだ。
結構これまでは、うまく切り抜けていたようだが、しくじったようだ。
掃除のほうは残念ながら最後まで終わっていなかった。
明日も動かすしかないな。

ちなみに結構走り回って、家にいる間に掃除ロボットを動かすとかなりウザい。
動きがどうしても人間の頭脳のようにはいかないので、「あーそっちじゃないよ! 目の前のゴミが見えないのか!」とイライラするしねw
なので、休みの日はスイッチをオフにしている。

IMG_20171222_013609.jpg


ヨーグルトが「五輪仕様」になっていた!
こういうチルドものは消費期限があるので素材として使いやすいだろうな。
クリスマス商品と同じで、ある時期までにさばかなければならない商品というのは、なかなか大変だと思う。
出版社だと、雑誌や資格試験ものなんかは旬があるもので、それがために納品までのスケジュールの履行にプレッシャーがかかる。
背負っている売上もでかいしねぇ。

昨年、私はある資格試験ものの取りまとめ役をやった。
ちょっとした改革(イノベーション)を行い、他社の攻撃にあい、侵略されつつあった市場を、今年は結果として跳ね返した形である。
今年は編集担当が変わったが、さらにもう一歩攻め込んだトライをしている。
正直、そんな大言壮語をしても大丈夫なんか、と思ったが、私も昨年、前の編集担当からそう思われていたのだろう。

やはり、今会社に必要なのは、ライバル社と戦って(フェアに)、市場を勝ち取っていくという、ファイティングスピリッツを全社員がもつことだ、とおもったりしている。
いい本を作るのはもちろんだけど、納品のタイミング、書店さんでの陳列棚での配置、セールなど編集から営業まで、一体となって攻めていかなければビッグゲインは得られないのだ。

最近、ディスカバリーチャンネルが好きだ。

「ベーリング海の一獲千金」
「Gold Rush 人生最後の一獲千金」
などなど、荒くれ男達が金のために、犯罪ではなく事業としてどう猛になる姿にものすごく興奮する。
やっぱり書籍だって、「満足した本を作り、それが売れてくれたらいい」というのと「売れた本がいい本だ!」では、やはり「売れた本がいい本だ!」と思う。
ま、サラリーマンなのでピッグヒットを起こしても一獲千金は得られないが。

個人的に最近のこの業界でスゴイなと思ったのが”ときめき片づけ””こんまり”でおなじみの近藤麻理恵氏。
350万部くらい売っているらしい。
正直、”こんまり”は、やはり企画さんや広告宣伝さんなどのプロのスタッフが仕上げた”仕事”であろうと思う。
個人的に編集のものとしてみると、投機的ともいえるようなリスクでもってハイゲインをゲットしたっていう感じがする。
なかなかわが社では、こういう商売は正直やれるだけの資源やしくみがない。
もちろん会社としてそういう方向には行かないと決めているのでやりはしないのだけど、それでもファイティングスピリッツが必要だよな、という気がしている。

IMG_20171222_013811.jpg


本日はローラー30分。
posted by 大黒屋 at 23:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

年内納品完了

年内納品予定の物件が本日入荷。
ま、これで年を越すことができる。
今の時期を逃すと、お客さんの手元に届くのが年が明けてしまうので、結構プレッシャーがかかる。
実は1月は最初の1週間はあまり仕事にならないし、2月も短いので、2月納品分までを責了するまでは気が抜けない。
1月納品分までは何とかめどがつきつつあるが、2月納品からのために年内がんばらないと。

IMG_20171220_011749.jpg


納品といえば、ようやくガッキーカレンダーが届いた。
あいかわらずお美しい。
それにしても、注文してから2か月近く。。。
レプロいいかげんにしてほしい。

IMG_20171220_011823.jpg


本日はローラー。
ガーミンの心拍計が少々調子悪い。
もともt純正のハートレートのベルトは本当に不良品かと思えるほどよろしくない。
現在はキャットアイのベルトを使っている。
すこぶる快調だったのだが、今日はいきなり224とか表示され、ヤバい感じがした。
電池が切れてきただけならいいのだが。
posted by 大黒屋 at 23:38| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

スピードスケートショートトラック全日本選手権

2017-12-17 09.38.32.jpg


本日は予定通り、名古屋の日本ガイシアリーナにスピードスケートショートトラック全日本選手権をみに行ってきました。
来年2月に開催される平昌冬季オリンピックの最終代表選考会でもあります。

2017-12-17 10.01.23.jpg


日本ガイシアリーナはJR笠寺駅から徒歩4分の名古屋市の総合スポーツ施設群のひとつであり、日本ガイシホールはかつてはレインボーホールと呼ばれていた。
1989年にVan HalenのOU812ツアーで来日したときに見に来たことがある。
なつかしい。
ちなみに本日はGLAYのライブがあったようだ。

それにしてもきれいなリンクで、夏は公式大会が行われるプールであるらしく、設備も充実している。
特にビジョンとライトがすばらしい。
江戸川区スケートリンクやアクアリンクちばのショートトラックの公式戦も見に行ったことがあるが、ビジョンがないのは今の世の中、イベントとしてみた場合致命的である。
特にショートトラックは、予選、準々決勝、準決勝、決勝と勝ち上がり戦であり、勝ち上がりのたびに組み合わせがされるので、目で見える情報が得られないというのは観戦が非常に難しくなる。

個人的には、伊豆ベロドロームはビジョンがあるが、小さすぎて見えない。
オムニアムなんかは、ビジョンでポイント差が見られないというのは観戦という観点では大問題であり、東京五輪までに何とかしなければならないと思う。

20171218001.jpg


最終五輪選考会ということで、選手もものすごい入れ込みようであり、非常に緊迫した面白いレースであった。

20171218003.jpg


女子1000mの決勝は、斎藤仁美選手のレース運びが非常にすばらしかった。



1000mは、女子でも40km/h、1分30秒前後かかるため、空気抵抗と位置取りで駆け引きがある。
先行したほうが、位置取り的にはいいのであるが、空気抵抗に勝たなければならないのと、うしろがどうなっているか見えないため、出し抜かれることもあるということだ。
この決勝で斎藤選手は、先行してペースを徐々にあげていき、後ろが競った瞬間に、絶妙のラインどりで押さえ込んだ後、スパートをかけて突き放している。
後ろに目がついているのではないかとおもったほどだ。

20171218007.jpg


真ん中が斎藤選手、右が2着の伊藤亜由子選手。
伊藤選手は一度選手を引退した後、引退を撤回して再び五輪をめざしてきた。
今年は秋に行われた全日本選抜と選考会で敗れ、ワールドカップ代表からも落ちていた。
しかし土壇場の全日本選手権で見事逆転し、五輪代表をつかんだ。
左の菊池悠希選手は、5人の女の子ばかりの姉妹の三女で、ロングトラックの菊池彩花選手も妹である。
五女の純礼選手も代表となったが、四女の萌水選手は落選した。
試合が終わった後、萌水選手はスタンドに上がってきてお友だちの前で涙を流していて、みているこちらも泣けてきたよ。

20171218005.jpg


男子はとにかくすごい。
このバンク角とスピード。

20171218004.jpg


スケートのブレードは厚みが1.2mmの金属の板である。
その1.2mmの厚みの平と板の矩(直角)のところを氷に突き刺し、氷に溝を切りながらグリップをしているのである。
氷が柔らかいと、氷の溝が砕けて転倒してしまうため、スピードスケートの氷は氷温を低くして固く締めてある。
なので、一般のレンタル靴で遅いスピードで滑ると、ブレードが氷に突き刺さらず、氷に引っかからないのでまともに滑ることができない。

それにしてもスゴイなぁ。
手を突いているのは、オートバイのハングオンのひざすりのようなもので、バンクセンサーみたいなものだ。
指の先っぽにプラスチックの先端がついていて、指がブレーキにならないようになっている。

ちなみに男子1000mは決勝で転倒があり、1着入線の坂爪選手がペナルティとなり、着通りのリザルトとはならなかった。



なかなかこのあたりがこの競技の難しいところであり、特に韓国と中国は、よくもめる。

2017-12-17 09.52.25-1.jpg


2017-12-17 11.16.46-1.jpg


今回面白かったのは、選手のキーホルダーと缶バッチのガチャガチャがあったことw
菊池純礼選手のキーホルダーと渡邉碧選手の缶バッチがあたった。
今回キャラクターとなったのはワールドカップ第1〜4戦の日本代表選手であり、デザインは故・手塚治虫氏の手塚プロダクションである。
菊池純礼選手は五輪日本代表となったが、渡邉碧選手は残念ながら代表にはなれなかった。
しかし、渡邉碧選手も今大会種目ごとのポイント上位8名による3000mスーパーファイナルで、大逃げから優勝を飾り、見せ場をつくった。
まだ高校生だし、これから先に期待したい。




ちなみにこのガチャガチャの方は、
「フィギュアスケートと違って、かなりコアな競技なので、期待はしていなかったけど、想像以上に回っております」
といっていた。
結構5台のガチャガチャに列ができていたのであるから、そこそこのマイナー競技でも商売として成り立つのかもしれない。
ビジネス・チャ〜ンス☆
posted by 大黒屋 at 23:54| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

クリスタルパーク恵那

2017-12-16 08.50.57.jpg


アスターズまであと1か月を切ったので、何とか練習を。
午後は大会があるらしいので、アサイチにクリスタルパーク恵那へ。
なんとこの日は、恵那市のスポーツ少年団合同スケートの日。
ということで1時間もすると、こんな感じに。

2017-12-16 09.40.29-1.jpg


レース速度では滑れない。
ま、それでも1500m、500m×6ができた。
また豊橋のショートをやっている方から参考になる話を聞くことができた。
スライドボードか〜。
考えてみるか。

2017-12-16 11.15.37.jpg


初めてクリスタルパーク恵那のラーメンを食べたよ。
寒いためものすごく身体が温まる。
posted by 大黒屋 at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

りんご

IMG_20171214_004306.jpg


さのっち農園の柿を実家に送ったら、リンゴを一箱もらった。
長野産のリンゴで、なかなか高級だ。
蜜が入っているタイプで、固めでカリッとした食感がたまらない。
この歳になると、歯を大切にせねばと思う。
こういうのが食べられなくなることを思うとぞっとする。

それにしても急に寒くなった。
外のゴミボックスも凍りついている。

しかし、東京にいるころ、日光のスケートリンクに行ったときは本当に寒かった。
ナイター練習のときは、あごが凍って口が開けなくなる。
先日、クリスタルパーク恵那のナイターに行って滑ってきたが、岐阜のスケートリンクは凍るような寒さとはなっていない。
実際のところアウトドアの400mトラックの大きなスケートリンクは、恵那のクリスタルパークが日本最西端、最南端なのだそうである。
かつては滋賀県にもあったそうであるが、今は存在しない。
しかし、気温が下がらないのは結構スケートリンクの維持には致命的で、恵那のリンクは昼になると氷にひび割れが生じ、ヒビの上を通るとみしみし音がする。
なんでもクレバスができることもあるらしい。
なので、営業期間は実質2か月ちょっとしかなく、さらにこの巨大施設を維持しなければならないので、民間の力では不可能であり、岐阜県民の血税が投入されているものと思われる。

愛知県には4つもスケートリンクがあるが、岐阜県にはこの絵なの県営リンクがひとつだけ。
いつまで維持できるのだろうかな〜と思ってしまうが。

本日はローラー。

IMG_20171214_004355.jpg


今日は調子よかったな!
脚もよく回ったし疲れもあまり感じなかった。
先週あたりは部屋が寒すぎたのかもしれない。
posted by 大黒屋 at 23:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

平均時速60km!

団抜き4分ぎり.jpg


ついに、チームパシュートで日本チームが4分ぎり!
これはすごい!
そして、なんと1-2位決定戦に挑むという。
メンバーは今村駿介、近谷涼、一丸尚吾、沢田桂太郎の4氏。

先のアジア選手権で4分5秒台が出たときに、すごいな〜と思ったけど、それから一気に4分切るところまで来るとは。
中国も韓国もまだ4分切りはないはずなので、日本は少し抜け出た感じがある。

もともと日本の部活動は教育の一環なので、団体競技のチームパシュートは結構重要視されているはずであるが、教育の一環でもあるため、一緒にがんばるというところに力点があって、なかなか記録に結びつかないところがあると、この前の審判講習会ではいわれていた。
しかし、実際のところ団抜きでのレギュラーどりにみんながんばっているわけだし、がんばっている競技種目が世界でも通用するとなれば、盛り上がるかもしれない。
実際アジア選手権を見に行ったときに、チームパシュートの決勝は、みているほうが胸を締めつけられるような緊張感で、ものすごく面白かった。
これを機会に、ますますがんばってほしいね。

土曜日は久々の晴れ。

2017-12-09 08.50.39-1.jpg


洗濯物等、全部干し!

しかし

2017-12-09 11.28.51.jpg


休日出勤。。。。

いろいろあって、休日出勤をすることになった。
半ドンで終わったので、まぁよかった。
練んない納品の仕事はこれで何とか。
月曜日に大きな問題が起きなければ、とりあえず年は越せる。

2017-12-09 17.30.36.jpg


夕方にタイヤ交換。
スタッドレスタイヤを買った。

転勤前のスタッドレスタイヤだったので、7年くらい前のがついていたので。
千葉では、スキーとか行かない限り基本的にスタッドレスタイヤはいらない。
2度ほど雪は積もったけど、車を使わなければならない仕事がないからね。

なので今回新品にした。
しかし、本来サイズのスタッドレスタイヤが廃盤になってしまっていた。
ハンコックとかならあるらしいのだが、雪道を走るのにはいいかげんなものは使えない。
なんせピレリのスタッドレスタイヤでも、日本の雪には正直まったくあわなかった。
日本の雪道にはやはり日本のメーカーものがいいと思う。
とりあえずブリジストンで、扁平率が高いもので代用することになった。

日曜日の夜はクリスタルパーク恵那へ。

2017-12-10 19.15.49.jpg


本日は岐阜県連盟の選手が練習をしていて、コーンを立てて、コースの半分をスピードレーンにしてくれた。
ホッケー靴やフィギュアスケーターはものすごく不満だっただろうが、一般的なインドアスケートリンクでは、スピードスケーターは阻害されているので、400mトラックではちょっとくらい認めてほしい。

2017-12-10 18.00.02.jpg


インドアといえば、センターリンクとして30m×60mのホッケーやカーリング、フィギュア、ショートトラックなどの公式リンクと同じ大きさの中央リンクの設置作業が行われていた。
冷凍液を流すパイプをはっていて、そこに水をかけて徐々に氷にしていくというなかなか地道な工事だと思った。
寒いし大変だよなぁ…。
中央リンクがあけば、ホッケーやフィギュアの方も大丈夫だろう。

そんなわけで日曜日はスピードスケートを満喫!
かなり身体にきつかったけど。
大分いい感じになってきた。
posted by 大黒屋 at 01:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

ライブカム

最近お気に入りなのがVirtual railfanのライブ動画。

スクリーンショット 2017-11-12 3.25.27.png


http://virtualrailfan.com/

ようはアメリカのライブカム。
驚かされるのは、アメリカではみちの真ん中を線路が通っている。
そんなの日本でもあるじゃないかと思うかもしれない。
名鉄は路面電車ではなく、普通の電車が道路を走っていたからなぁ。

名鉄.jpg


しかし、アメリカでは貨物列車が通るらしい。

スクリーンショット 2017-11-12 3.05.31.png


しかも長大編成。

アメリカに住んでいる方のブログを検索すると、通り過ぎるのに15〜20分くらいかかり、これが来ると街の大通りは身動きが取れなくなるらしい。
日本では考えられないがなぁ。

一番上のスクリーンショットは、この町を通る貨物列車と乗用車がぶつかったもの。
この車も一生懸命よけていたのだが、道路にパーキングエリアがあって、パーキングエリアと貨物列車のクリアランスが、乗用車1台通り抜けられるほどない。
なので、ここを通過中に貨物列車が来るとぶつかってしまうようだ。
貨物列車もかなり速度をおとしているが、なんせものすごい重量の列車なのでまったく止まれない。
ということで衝突してしまい、乗用車のドライバーが一時車に閉じこめられたようでレスキューが来た。
救急車も待機していたようだが、なんとかドライバーは無事に車から出ることができたようだ。

それにしても思うのは、この交差点は貨物列車が通るときは遮断機が下りるのだが、それ以外は信号のない交差点である。
アメリカ人は運転が粗いと思っていたが、みんな横の通りの車もタテの通りの車も一旦停止して、譲り合って通っていうように見える。
優先道路を主張する日本とは大分雰囲気が違うなぁと思った。

2017-12-08 20.44.18.jpg


雨が続き洗濯物を干せないので、本日はなつかしのTEAM 2CH!のレーサーパンツw
当時これを買った人は、まだ自転車に乗っているかな?
もう大分くたびれていて、肩ひもなんてゆるゆるだが、まだはける。
ウェイブワンのパンツはパールのパンツに比べ、シートの上ですべりにくい。
滑らないのはいい部分でもあるし悪いところでもある。

本日はローラー30分。
posted by 大黒屋 at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ローラー

2017-12-05 20.22.52.jpg


社内株主制度というのがあって、配当があった。
なかなか厳しい出版業界ではあるが、一応黒字を確保できているしね。

ちなみにだが、出版業界は取り次ぎさんという、書籍の専門商社兼問屋さんがあって、出版社は取り次ぎさんに納品をして代金を受け取る。
これが売上となるわけだが、実際に書籍は一般のお客様に買っていただいて書籍としての決算が終わる。
一定期間おいて売れなかった書籍は取り次ぎさんに返品され、取り次ぎさんは出版社に返品する。
出版社は返品を受け取るとお金を支払わないといけない。
それは困るので、返品が起草になる前に次の書籍を出して、相殺してもらうという状態が見られる、というのが業界全体の状況である。

出版社が出した書籍を引き受けた取り次ぎさんが、書店さんに配本をしたが、売れずに返品されてきたときに、発行元の出版社がつぶれてしまっていたら、返品はそのままゴミとなり、取り次ぎさんは貸し倒れの被害を受けることになる。

なので、取り次ぎさんから見ると、出版社は仕入れ先であるが、返品という売上先でもあるので、取り次ぎさんは仕入れ先の出版社の与信をとる。
返品が受けられない出版社からは仕入れないか、仕入れてもごくわずかということになる。

全国の大きな書店さんに出版物を並べるには最低でも4000部くらい必要で、目立つように積んでもらおうとするともっと必要となる。
書店さんの書棚に並ぶということが、出版社にとっての広告活動なのだからな。

しかし、出版社の側に与信の不安があると、返品を受けられない可能性があるので、たくさん仕入れてくれなくなる。
そうすると、書店さんという広告媒体が使えなくなり、世の中に知られない書籍として消えていく運命になる。
そうなるとますます取り次ぎさんは仕入れてくれなくなる。

なので出版社は、印刷会社さんや紙問屋さんにたいする与信はもとより、お客さんにも金融的信頼性を保たなければならない。
なので、決算赤字は出せない。

おかげで自社持ち株の配当を受け取ることができるというものだ。
まー売上あげないとなー

今日はローラー30分。
ロングトラックのスケートは、思ったよりダメージがでかい。
脚のまわりも悪いし、心拍も思ったより上がらない。

明日は会社の忘年会だ。
posted by 大黒屋 at 23:58| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

東海シクロクロス in 新城

2017-12-03 07.43.41.jpg


とにかく、びっくりした。
こんな大きなイベントになっているとは。

東海シクロクロスは、私が東京に転勤になった後にできたので、見るのはこれが初めてである。
おそらくは手作りの大会としてはじまったと思うのだが、プロイベントに近く、今回はIRC(井上ゴム)さんが大会スポンサーとなっていただいたこともあり、ホントプロ仕様の大会に近い完成度だ。
これはすごいなぁと思った。

そして選手がまたスゴイ。
みんなホント自転車に乗るのが好きなんだな。

正直、シクロクロスってかなりしんどいと思う。
自分をいじめるのが好きなMっ気のある人じゃないと、なかなかできないような気がする。
おそらく、最初の1、2周は急激にパワーをかけるので、おそらくはきそうなくらいしんどいだろう…と選手の顔にかいてあった。

シクロクロスっていうと、雪がまうなか、ぬれた地面で、選手はびたびた、どろどろになりながら走っているイメージがあるけど、日曜日はいい天気。
最初に役員参加した日は台風がきてしまったので、全然コンディションが違う。
シクロクロスらしい天候ではなかったけど、みていても楽しかった。

それにしてもC1はすごいな。
ラップタイムが4分30秒台で、異次元の世界である。
身体もでかいし、やっぱりアスリートはスゴイなと思った。

そして、久しぶりにN武氏やhiro氏に会うことができた。
一緒にツール・ド・おきなわに行った仲だしね。
ホント懐かしい。
今でも競技に出続けていることに尊敬するとともに、楽しそうで、うらやましい。

実際やってみるとなると、レースが楽しくなるまでの練習が結構苦しいんだよなぁ。
来年は乗鞍あたりをめざしてみようかなぁ。

しかし、やっぱり役員をやるのも正直バンクがいいな。
準備と片づけが楽だし、400mのなかにすべてがそろっているので、みんな近くにいて寂しくないしw

2017-12-03 07.04.53.jpg


そして、うれしいニュースが飛び込んできた。
トラックワールドカップのオムニアムで梶原悠未選手が、ピンピンピンピンの4種目完全制覇したというのだ。
これは強い。
楽しみだ。
posted by 大黒屋 at 23:54| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

朝スケート

2017-12-02 08.34.04.jpg


本日は朝にクリスタルパーク恵那にいってきました。
天気がいい!

しかし…。

リンクの上に霜が!!!

前回来たときは整氷直後だったので、すごくリンクが速かったのだけど、霜の抵抗で全然スケートが進まない。
1周するだけで、重くて重くてヘトヘト…。
疲れたので、あまり周回できなかった。

ゴルフもグリーンが速いほうがうまくなるときいたけど、スケートリンクも速いほうが練習になるな〜。

本日は子どもたちを教えている人がいたので、うしろからこっそり聞き耳を立ててやってみる。

1,2、3、4のリズムでタメをつくって足を踏み出すのが重要らしい。
野球とかやっていたので、「タメ」ということばのニュアンスは私にはわかったが、子どもたちはどうかな。
コーチも難しいよね。
posted by 大黒屋 at 21:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

横綱

日馬富士横綱.jpg


2012年だったろうか。
日馬富士が横綱に昇進した。
私が東京へ転勤した年であり、通勤沿いに両国があるので一度みにいっている。
その見に行った場所で優勝して、日馬富士が横綱となった。

当時、雑誌の部署に配属され、カメラの練習もしなければならなかったので、その一環で撮ったものがこの一番。
私は現場で相撲を観たのはこの一回だけなので、今の日馬富士がどういう感じだったのかはわからない。
しかし、横綱昇進を決めたこの場所の私が見にいったこの日の日馬富士の動きはすばらしいものがあった。
あまりの立ち会いの鋭さに感動したものだ。

「全盛期」とはこういうものかもしれないが、一番重要なチャンスのときに一番調子がいい時期が来るかどうかというのが、勝敗を決めるのかもしれないなぁ…と思ったものだ。
というわけで、今回の引退は非常に残念だった。

2017-11-30 20.43.44.jpg


本日はローラー30分。
足が重い。
回転が思うように上がらず、心拍も少し高めだった。
時計の進み具合が「遅い」と感じたりもした。
調子が悪いという時期にはいってきたかもしれない。
posted by 大黒屋 at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

ロングトラック疲れ

2017-11-28 20.38.53.jpg


日曜日にロングトラックにいってきたので、とても疲れている。

ロングトラックはスピードが出るのだが、スピードを出すには全身で氷を押し、前代中をスケートのブレードにのせなければならない。
さらに、1周が400メートルであるので、1周111mのショートトラックと違って、なかなか走りきれない。
なので全身が疲れるし、結構ひどい筋肉痛になる。
おまけに外のスケートリンクなので冷気を吸うので、心肺機能への負担も大きい。

しかし、ロングトラックの滑走は、なかなか日常では味わえない気持ちよさだ。
営業期間が2月までなので、実際のところ身体が慣れたころにシーズンは終わってしまう。
土日に1回いっても年間10回程度しか滑ることができないのだ。

ちなみに温暖化もあり、2月頃になると氷を維持できなくなって、昼間はクレバスが出現して、スケートが挟まって転倒する人がいるとか。
長野オリンピックが行われたエムウェーブと帯広の室内リンク以外のロングトラックリンクでは大会も1月中に終わらせないといけないらしく、実質スピードスケートのシーズンは日本では2か月くらいで、あとはひたすら陸上で筋力と持久力トレーニングという心が折れやすいスポーツのようだ。
スケート部とかいっても、年の大半はスクワットとかしてスケートは滑らないのだから。。。

ま、自転車も冬は心が折れる。
寒いし風が強いし。
そんなわけでインドアサイクリング30分。
posted by 大黒屋 at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

爆音部+

2017-11-25_18_56_13-1.jpg


4か月ぶりの爆音部。
Van Halenオタク学会東海版というところです。

というかギター弾かないと…。
指が痛い。

今回は大阪から姐さんがきてくれたので、キーボードが入るという、爆音部はじまって2回目? の快挙。
姐さんはレパートリーも豊富なので、すばらしい。
しかしギター陣がなかなかキーボードの曲に対応しておらず。
いままでキーボードが入ってくれるということを想定していなかったものなぁ。

それにしてもサミー・ヘイガー時代のキーボード曲は名曲が多いな! とあらためて思った。
たくさんキーボードの曲もおそらくはたくさんあって、しかし、Van Halenとしてのイメージではやはりギター曲より多くすることができないということもあり、かなり厳選された曲がアルバムに載っているんじゃないかと思う。
ナイト・レンジャーのように最初からキーボードが入っていることが前提のバンドとはちょっと違うのではないかと思う。

スクリーンショット_2017-11-27_1_06_21.jpg


ちょっくらキーボードも弾いてみた! 
むずい。。。
左手と右手が同じに動いてしまう。

201711爆音部2.jpg


そして山ちゃんでがっつり!

楽しいお酒は…。
電車を乗り過ごしてしまった。

おそらくホント2、3分だったと思うが、そもそも土曜日の時刻表だったことを忘れていた。
ということで、期せずして名古屋駅前のホテルに宿泊。
飛び込みだったので、高いうえに部屋もよくなかった…。

昼前に岐阜に戻り、少し昼寝。
夕方にクリスタルパーク恵那へ。

2017-11-26 20.02.09.jpg


本日が開業日。
ロングトラックは2017年全日本マスターズ以来である。

それにしても! 
恵那のリンクは速い!
めっちゃ滑る。
気持ちいい〜〜〜!
スケートの気持ちよさはこれにあるよね。

マスターズまで1か月。
posted by 大黒屋 at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ロボット

わが家にロボットがやってきた!

IMG_20171124_004602.jpg


丸い…。
もちろんiRobotのパチモン。
iLifeというカナダの会社の掃除ロボットである。
某通販大手でも2万円ちょっとで買うことができる。

動かしてみると…。
思ったより静かで、通常の家庭用掃除機に比べるとはるかにいい。

しかし、やはりロボットというのはやはりロボットなのだなぁ。
目の前にゴミがあるだろ! と思ってもなかなかちゃんと拾ってくれない。
無駄にうろうろしている感じがする。
まー、それでも独身貴族にとってはすばらしい家電だ。
タイマーつきなので、時間が来ると勝手に掃除をスタートしてくれる。

今、現在は1LDKのアパートに住んでいるのだが、住む分にはいいサイズなのだが、掃除などにかかる労力はワンルームに比べると格段に大きい。
正直、掃除嫌い人間なので、休みの日を掃除のために時間を割くというのは本当に苦痛なのである。
このロボット掃除機は、なんせ労働にいっている間に、完璧とはいえないまでも、ざっくりと部屋に掃除機をかけてくれる。
ホント、約30年前に実家を離れ、単身生活を始めてから、革命ともいえる家電だと思った。
すごいなぁ。

ちなみに水タンクとぞうきんセットがあって、望めばぞうきん掛けもしてくれる。

しかし問題も。
掃除ロボットは意外と力があって、座布団ぐらいは登ってしまう。
なので、結構障害物を超えて奥へ進めるのである。
そのため、部屋が片づいていないと、ロボットが袋小路に入り込んでいってしまう。
そのチャレンジ精神は買うが、脱出できない、ということもありうる。
ということで、床に物を置かないようにしないと行けない…。
新聞とか読んでそのまま放り出して帰ってきてからしまおう、なんてことをしたら、昼のお掃除で新聞紙がぐしゃぐしゃになり、へたしたらかみこんでロボットが止まってしまうかもしれない。

なのであれこれ片づけはじめたのだが、ホント私はモノが多いな。
引っ越しのときに大分処分したつもりではあるが、とにかく多い。
しばらくロボットにはチャレンジをしてもらうしかない。

IMG_20171124_004729.jpg


ボタンが取れたので数年ぶりに裁縫。
ローガンが進んでいるので、糸はもはや針に通せない。
しかし、糸通し器をつかうのも苦労するとはw
小学校の頃の家庭科の時間に、糸通し器は壊れやすいので注意をして扱うように、といわれたが結構大変だ。
ようやく糸を通せたが、また針を刺すところが一定しない。
いろいろ大変だわ。

IMG_20171124_004640.jpg


夕方スケート。
18時をすぎると一宮市スケート場は半額になる。
本日はフィギュアのうまい組のスクールだったみたいで、なかなかスピードにはつらい場内状況だった。
日曜日からはクリスタルパーク恵那がオープンになるから、それまでのがまん。
しかし、恵那も寒いだろうな。
posted by 大黒屋 at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

ローラー

IMG_20171122_004740.jpg


本日はTuneInでVan Halen特集をやっていたので、開始が遅れてしまった。
やっぱ、サミー・ヘイガー時代もいいよなぁ。
全盛期の声はもう出ないかもしれないが、もう一度ツアーをやってくれないかなぁ。

そういえば、AC/DCのマルコム・ヤングが亡くなったそうだ。
結構前から闘病中であったとのことだったが、まだ64歳なので若い。
結局AC/DCは一度も見ることができなかった。
ちょっと悔やんでいる。
いろいろ。
やっぱり、この歳になると、見に行きたいものはかかさずチェックしておかないとなぁ。

本日も30分。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

気分はケイリングランプリ

IMG_20171120_011316.jpg


今日は気分はケイリングランプリでした。
今年は競技役員として参加…。
先月の普及会で、岐阜に戻ってきて初めて決勝に進んだのだけど、2走目が吐きそうなくらいつらくて、必ず3回は走らせてもらえる気分はケイリングランプリは無理と思い…。
来年は選手としてでることを目標にしようかな。

それにしても雨が降るし、気温も上がらなくて選手のみなさんは本当に大変だったと思います!
8℃くらいの気温って屋内スケートリンクの気温でしかも雨となるとホント低体温になってしまうかもだ。
みなさん本当にスゴイ。

それにしても気分はケイリングランプリは16回目。
気分はチャレンジグランプリは8回目。
そんななか今年は高校2年生が気分はケイリングランプリも気分はチャレンジグランプリも制覇した。
しかも気分はチャレンジグランプリは、このシリーズを通じて初となる女性の優勝者である。

自転車競技はなかなか女性の参加が難しいこともあり、なかなか女子だけの競技というのが成立しにくい。
誰もが勝てるっていうわけでもないけど、チャンスがあればチャレンジしてもらえるといいなぁと思ってしまう。

気分はケイリングランプリのほうも、全日本実業団ケイリンチャンピオンを含め、早々たるメンバーのなか大外から指し切った高校生の脚が光った。
期待は膨らむばかりだ。

ホント皆様お疲れさまでした。
暖まって身体をケアしてください。

しかし、今年は雨に何もかもがたたられている感じがする。

IMG_20171119_171805.jpg


帰ってくるとマカオグランプリが生中継でやっていた。
これがものすごく劇的で!
1,2位を争った2台が最終コーナーで互いに引かず、突っ張りあってクラッシュ!
逆転で優勝が決まるというレースであった。
このたなぼたともいえる優勝を飾った選手も、その数週前に、名物のリスボアコーナーで、人生を賭けた勝負に出て5位から一気に3位に上がってきていたのである。
あのチャレンジがなければ優勝はなかったわけで、若さあふれるすばらしいレースだった。

コース上にネコ2.jpg


ポルシェにとって最後のレースとなったFIA-WECバーレーン大会では、なんとコースにネコが侵入。
かなりびっくり!
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

タイヤ交換

2017-11-18 13.31.27-1.jpg


マカオGPが開幕。
Jsportsが生中継っていうことで、なかなかこれはスゴイことだ。
マカオGPはクラッシュは当然という大会だがなかなか生中継で見るとびっくりする。
マカオは市街地コースなんだけど、海岸のストレートは相当高いスピードが出るし、見ていて面白い。
しかし、2輪のレースで死者が出てしまったようで、なかなか…。

2017-11-18 13.17.17-1.jpg


本日はタイヤ交換に行った。
しかし今の時期ということもアリ、なんとタイヤがまだ入荷していない、とのことだ。
とりあえずホイールを預かるということなので、置いてきたが、ちょっと予定がくるったな。

2017-11-18 17.27.05-1.jpg


そのあと一宮にスケートに。
なんでも新しく導入したザンボということだが、削った氷がよく詰まるらしく、途中ザンボの雪かきに時間を費やしていた。
来週から恵那クリスタルパークのロングトラックが開場するので、年内はどうかな。
posted by 大黒屋 at 23:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

濡れ縁

2017-11-17 17.59.00.jpg


帰ってきたら濡れ縁ができていた。
となりの棟だけと聞いていたので洗濯物を干しっぱなしだったが、大丈夫だったようだ。
となりの棟には高齢の方が入居してきていて、洗濯物を干したりするのが不便だというリクエストがあったのかもしれない。

とりあえず洗濯物の出し入れはすごく楽になった。
いきなり雨が降ったので、文字通り濡れ縁になってしまったが…。

明日はタイヤの出し入れをしなければならないので、ちょうどよかったかも。

2017-11-17 21.23.41.jpg


本日はローラー30分。
何とか今週も2回運動をすることができた。
最近忙しい。
イライラすることも多くて、精神的にも落ち着かない。

年内の仕事をまずは片づけないと。
posted by 大黒屋 at 23:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

霧の岐阜

IMG_20171115_125823.jpg


昔のまんがの六田登『F(エフ)』の「Foggy London」というタイトルを思い出す。
この『F』が連載されていた時代は、バブル期。
しかし、バブル期のころ、個人的には海外旅行は遠かったように思った。
当時はLCC航空会社もなかったし、基本的に国際線は日本航空が独占していたからなぁ。
また、飛行機の性能も今ほどではなく、冷戦も終わっていなかったので、日本からロンドンに行くには、アンカレッジ経由かモスクワ経由であったはずだ。
海外情報も限られていて、少なくとも私の大学では、卒業旅行が海外という人は見かけるようなことはなかった。
時代が変わったよなぁと思う。

2017-11-15 20.42.09.jpg


本日はローラー。
結局まだポジションはいじっていないけど、こう見ると、う〜ん?
思ったよりサドルが下がっていない?
サドルの目盛りでは、残り1mmくらいなんだけど、実際はあと6mmくらいはうしろに出せるか。
身長175cmの私でこんな感じなので、女子選手なんかは、なかなかクランク軸から5cmというのは難しいのだろうな。
posted by 大黒屋 at 23:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

銅メダル!

スクリーンショット 2017-11-13 0.33.17.png


なんと、トラックワールドカップ第2戦マンチェスター大会で、女子チームパシュート(団体追抜き)で日本チーム(中村、古山、梶原、橋本)が銅メダル!
予選で、なんせそれまでの日本記録、4分31秒を4秒も更新する4分27秒392で3位につけていた。
4秒も更新だよ!?
まだまだこれからの競技で、国内では競技人工的になかなか成立しない競技であろうが、すごいことだ。

トラック競技でも中長距離は日本にとって難しい競技であるが、ホントメダルがとれるとは凄いと思う。
金メダルのイギリスとは12秒くらいの差があるので、ここからさらに上に行くには厳しいものがあるのかもしれないが、急激な伸びを考えれば可能性がないとはいえない。
いやーホントによかったよ。

2017-11-11 16.59.35-1.jpg


土曜日は車屋さんに行って、とりあえずスタッドレスタイヤを注文してきた。
なんと純正のサイズのタイヤがハンコックとかしかないらしい。
夏用タイヤならまだしも、スタッドレスはやはり日本の雪にあっている日本製のタイヤがいい。
なので、若干サイズが違うが扁平率でカバーすることにした。
このへんが古い欧州車というのは困る。

そのあと、再び一宮のスケートリンクへ。
初めて整氷作業を見た。
小さいザンボでなかなかかわいらしい。
砂金まではエンジン式のザンボだったらしいので、この狭いリンクで排ガス出されるのはやばいよな、と思った。
土曜日は夕方からスケート教室がはじまり、半分くらいは教室になってしまう。
結構盛況だった。

2017-11-12 14.47.17-1.jpg


日曜日はコンサートに。
ゲストのソリストが病欠とか、結構衝撃。
それでもすばらしい演奏を見せてくれたバンドが凄い。
楽しかったわ。

2017-11-12 22.47.33.jpg


夜はMotoGP最終戦。
最後まで決まっていなかったMotoGPクラスのチャンピオンが、マルケスに決まった。
みんなチャンピオンになりたいし、来年のシートの問題もあるし、それぞれ思惑はいろいろ。
それにしてもマルケスの、バイクコントロール能力は凄い。。。
ロッシは出てきたときから天才だったけど、マルケスも違った感じで天才だよなぁ。
1年間楽しめたわ。

いろいろ夏のスポーツが終わってしまったが、これからウインタースポーツが始まるしね。

スクリーンショット 2017-11-12 17.56.36.png


平昌をめざしてスケートも本格的に。
posted by 大黒屋 at 00:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする