長良川右岸を中心に自転車に乗る日々

2017年10月09日

時は金なり

前回の東京行きは高速バスを利用した。
今回はJRの在来線を使ってみた。

2017_10_08_08_41_00.jpg


0855 岐阜
特別快速豊橋行き

2017_10_08_09_57_48.jpg


1000 蒲郡
各駅停車浜松行き

やっと三河の都市の名古屋からの順番がわかった。
そして愛知県から静岡県へ。

浜名湖20171008.jpg


県境の浜名湖を渡っている際に、新幹線に遭遇!
電車の車窓から新幹線を眺める。

2017_10_08_11_02_42.jpg


1110 浜松
各駅停車興津行き
トイレに行き昼食を買う。
静岡県内が結構細かく乗り継ぎが必要だ。

2017_10_08_12_23_06.jpg


1233 静岡
各駅停車沼津行き

2017_10_08_13_11_54.jpg


1323  富士
各駅停車熱海行き
熱海から先は関東圏といっていいのではないか。

2017_10_08_14_08_57.jpg


1411 熱海
快速アクティ小金井行き
ここからは東京まで乗り換えなし。
静岡県内で4回も乗り換えるのでここまでなかなか眠れず。
ここまで来ると乗ったことがある電車なので、爆睡。

東京駅に1538着。

2017-10-08 16.06.39.jpg


水道橋には1604到着。

岐阜から水道橋まで6480円。
ちなみに新幹線のぞみ号を利用すると11310円(日曜日料金)
差額は4830円。
在来線だと時間は7時間10分。
新幹線を利用すると2時間55分。
その差4時間15分。
時間当たり1200円弱。

つまり新幹線に乗ることで、4800円で4時間の時間を買っているといえるのだ。
買った4時間を活用して、何をするかはその人次第だが、個人的には4時間という時間が買えるのであれば決して高くはない…と感じたりした。
結構老い先が見えてきて時間が貴重に感じるようになってきたからそう思うのかもしれないが。

ちなみに労働時間も同じだ。
被雇用者は雇用主に自分のもっている時間を売って、その対価として賃金を受け取る。
サービス残業は時間を雇用主にタダであげているようなもので、極端なことをいえば、雇用主に時間をドロボーされているのと同じである。
時間ドロボーを合法化させてはならないと思うのだ。
posted by 大黒屋 at 23:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]