江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年02月14日

1か月

DSC_3475.jpg
来月に千葉県民体育大会冬の部のスケート専門がある。
私が出走するショートトラックの最後の大会となるだろう。

昨日の江戸川区スポーツランドのスピードスケート専門公開に松戸市のみなさんがやってきた。
普段はインラインローラーを専門としている方々である。

インラインローラーはアイススケートと比べると進みがよくない感じがする。
スケートは氷を溶かして摩擦を少なくして速く進むのに対して、ローラーは摩擦がないと立っていられないからなぁ。
それで速く滑るのは、テクニックもパワーもかなり必要なんではないかと思ったりする。
しかし、長くやっている人の話では、アイススケートのほうがごまかしがきかないともいう。
そのへんは体験してみないとわからないな。

3月上旬はWBCのため、専門公開にいけないこともあり、専門公開にいけるのもあと少しである。

ようやく横に押すという感じがわかってきたところなだけに、ちょっともったいない。
昨日は押し脚の押す方向を対角にある肩に向かって押すことを意識してみたら、まあまあいい感じだった。
これは、日本で唯一存在するスピードスケートの入門書、スピードスケート教本に書いてある基本の一つである。
しかし、なかなかこういうのは最初からいわれてもわからないだろう。
段階を踏んで一つひとつ感じていかなければならないようだ。

簡単ではない競技なだけにおもしろさもある。
環境を失うのがおしいな。
ま、岐阜から東京に出てくるときも環境を失うなぁと思ったものだ。
また、楽しいことを見つけたい。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]