江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年01月19日

いきつけ

DSC_3399.jpg
私はいきつけの店をつくることがある。
余分にチップを払ったりすることはないが、浮気せずに通う。
しかし、いわゆる常連さんにはならないで、用がすんだらサッサと帰る。

どんなメリットがあるかというと、行動パターンを読んでもらえるということ。
私は、列に並んだり、待ったりするのがとても苦手だ。
なので、たまには無駄にしてしまうかもしれないが、お店のほうが私の行動パターンを読んで「そろそろ来る時間だな」と覚えてくれることが、私にとって最大のメリットなのである。
だから、注文するものもほぼ「日替わり」の一択だ。

これは東京ドームのビールの売り子さんも同じで、お気に入りをつくっておくと、適切な時間で回ってきてくれるw

しかし、この行きつけの弁当屋さんが、「当分の間休業」となってしまった。
ショックである。
行きつけをつくってしまうことのデメリットである。
このようなアクシデントがあった際に代替店を探すのが面倒くさい。

しかし、この弁当屋さんを切り盛りしていたおばあちゃんは90歳とのことであったので、心配である。
posted by 大黒屋 at 08:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]