江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年03月24日

残ったことは

DSC_3641.jpg
ワールド・ベースボール・クラシックでアメリカが初優勝。
開催国の面目をようやく果たした。

今回、アメリカはトータル2敗しており、侍ジャパンと比べると負け数は多い。
しかし、強かった。

日本野球との差が点差ほど小さくなかったと感じた。
今回のメンバーは、これまでの3大会よりは値の張る選手が出場している。
正直、こんなに違うものか? と思った。

打撃はもちろんだが、投手陣のすごさや守備のうまさは、現状では日本野球との壁があると感じた。
昨日の決勝で2度ほどあった、ショートのクロフォードを始まりとする6-4-3のダブルプレーのスピードは凄まじい。
フィジカルが強くないと、こういうプレーはできないだろうな。

今回のメンバーで優勝できたことで、アメリカは2020年の東京五輪にMLB選手によるドリームチームを派遣してくる可能性は少なくなった。
五輪に派遣するくらいならMLBが主催している2021年のWBCに選手を出すだろう。

日本をはじめとするアジアは、野球については成熟市場である。
テレビなどでのMLBの放映も増えてはいるが、アジアの五輪にドリームチームを派遣して、大きく市場が広がるという可能性は高くない。
むしろ、中国人メジャーリーガーを1人つくるほうがアジア市場の開拓には安上がりである。

ちなみにここ何大会か、五にNHLのスター選手を送り込んできた、アメリカのアイスホッケーであるが、平昌五輪には派遣しないという。
アジアでのアイスホッケー市場で大幅な拡大が見込まれないからだそうだ。

ということで、日本野球界にとって東京五輪は負けが許されない、きわめて重圧の高い大会となるだろう。
大変だよな。

私は公式の引き継ぎは終了。
本日は、内容誤りによる謝罪の行脚をしたあと、片づけに入る。

家の片づけもなぁ…。
posted by 大黒屋 at 09:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする