江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2017年03月16日

完勝 WBC

DSC_3618.jpg
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアジア2次リーグが終了した。
日本代表“侍ジャパン”は一次リーグに引き続き、全勝でトップ通過した。

ベースボールというスポーツの国際化に伴い、これまで聞いたことがないような国もレベルが上がっている。

国籍要件が緩すぎるのではないか、という声もあるが、野球の国際化を推しすすめるうえで、必要なことだと考えている。
どんな形であれ、国の代表が国際大会を戦い、それが報道されることで、その国に野球を始める人が増えてくれればよいわけなのである。

今大会、侍ジャパンは結果的に全勝での勝ち上がりであったが、どこで転んでもおかしくなかった。
勝ち上がりに至ったのは、もう、侍ジャパン選手の意地とプライドがすべてであろう。
誰かが「世界が強くなることはいいことだ。負けるのも仕方がない」などと思ってしまえば、予選通過はかなわなかったであろう。
それは、最終戦の古豪キューバの大敗ぷりを見るとわかる。
日本と激闘をしたチームも集中力を欠くと、一気にチーム力を失ってしまうのだ。

実力差がほとんどなくなっている以上、やはりここ一番で重要なのはファイティング・スピリッツなのではないか、そう思った今大会である。

私は、もう転勤になるということと、今年度に要求されていた私の仕事は、2月末に終えている。
今までの納品スケジュールを1〜2か月早め、目標数字を早々に達成している。

実はスゴく働いて結果を出したんだよ!

ということで、堂々と休ませてもらおうと思ってWBC一次リーグ4日、2次リーグ4日間全部見た!
通しで見た人がどれくらいいたのかはわからないけど、大変面白かった。
キューバのような古豪が気力を失っていく様、一発食らわせてやるというイスラエル、本気で完全優勝を目指す日本の最大のライバル・オランダと個性も豊かだった。

私は東京を離れるため、次回大会の開催があっても、今大会のように全部見るというのは無理だろう。
よい思い出となったわ。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする