江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2016年08月31日

決算

Screenshot_2016-08-24-09-25-17.png
今の会社は決算が8月末なので、本日が決算日となる。
そして、明日から新期となる。

管理部門に配属されているわけではないので、自分の仕事に変化があるわけではない。
が、課されている仕事の目標などは更新がなされ、明日からの1年で管理される。
正直、今のように組織替えが頻繁に、それも4月にあると、半年近くは期のはじまりに課せられた目標と違う部署で期の終わりを迎えるわけで、振り返りようもなく、振り返りができないということは、まともな新しい目標も立てることができないということになる。

まぁそんなわけで、いろいろ苦々しい時期である。

そんな事情もあり、振り返りをいえ、と必ず命令されるので、振り返って「できたこと」だけをいうようにしている。
私のいる係の人たちにも「できたこと」だけをいえばよいです、と伝えている。
そして、目標は「できること」だけいえばいい、と伝えている。
正直な話、会社としてそれではよくないのかもしれない。
しかし、最近の新しい日本的な成果主義では、労働者に高い目標を立てさせて、できなければ、減点する、という傾向が見られるように思える。
個人的にはこれは成果主義ではなく、ノルマ主義だと思う。

かつて、ノルマ主義を国家単位で実験した国がある。
ソ連である。

もともと、ソ連は計画主義経済であり、国民人口等を勘案して、必要物資量を算定して、国が国民に対して必要量を生産するようノルマを課していた。
大体ノルマは達成されず、物資不足が恒常的になっていた。

そのため、ノルマ達成のため、管理を厳しくするようになり、管理国家がうまれたわけだ。
管理国家が行き詰まった結果、一部民主的な手法が導入された。
ノルマの自己申告制である。

そうすると 
みんな低いノルマを申告するようになる。

結果として、全員がノルマを達成しても必要量がまかなえなくなり国が崩壊したのである。
posted by 大黒屋 at 08:42| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

プッシュ機能

2016_08_30_07_23_55.jpg
最近のスマホアプリなどではプッシュ機能というのがある。

これは、アプリをインストールしているユーザーにアプリ制作側が“お知らせ”を送る機能である。
ユーザーがアプリを立ち上げたときに、お知らせが出るような仕組みと、アプリを開かない状態であっても、メイン画面に通知を出させるタイプがあり、アプリを起動していない状態で、お知らせが画面に表示されるのがプッシュ機能である。

これって気持ち悪くない?!

アプリをインストールするだけで、持っているスマホが特定されているわけだものな。

私がインターネットを始めたころは、おおらかで、メールなんかもプロバイダーの発行する実アドレスなんかで、やりとりをしていた。
インターネットが普及するにつれて、悪い人たちが多くなり、セキュリティーへの注意喚起が行われるようになった。
メールアドレスは転送メールが中心となり、どこかのページを閲覧するために“串”探しに奔走したりして、なんとか個人の特定、居場所の特定を回避するような風潮があった。

それからインターネットがさらに発達したため、現在は個人情報はどのようなことをしても防衛できない状態にあると思う。
だから、実名SNSが存在できるのだろう。
正直、私の世代では実名でインターネットにアクセスするなんてありえないと思うが、防衛しても無駄だと思えば、実名でインターネットに突入できるのかもしれない。

そんなわけで、私の感覚では、プッシュ通知がくるようなアプリは気色悪い。
だから使わない、といったら、は?! ときいわれた。
私の会社ではコンテンツ提供という形で、アプリを配信している。
それに今年から「プッシュ機能がつきましたよ!」ってな話しなわけだ。

「そんな気持ち悪いことをしたら、会社の姿勢を疑われませんか?!」

といつたら
「そんなこといっているのは、あなただけてすよ!」
と全否定された。

ちなみに配信しているアプリはそこそこ高い。
なので、プッシュ通知をしてアプリをアンインストールするようなことは起こらない、ということなのだ。
なので、広告宣伝等には使い放題だ! というわけだ。

なんていうか、ひどいよね。
アンインストールもしづらいアプリだから、プッシュ使いまくれば、「ウザイ」と思っているお客様からのクレームは誰が引き受けるのかな?
いい加減にしてほしい。

ってなわけで、新機能を飼い殺しにしている私はそのうち社内の一部勢力から糾弾されるかもしれない。
posted by 大黒屋 at 08:36| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

秋風巨人

DSC_2988.jpg
先週の広島戦から5連敗を喫し、いよいよ2位の座も怪しくなってきた。
昨日はマイコラスが野手に足を引っ張られる形で惨敗。
マイコラスがベンチ内で暴れるというハプニングがあった。
このあたりが、マイコラスが日本に来ざる得ない原因かもしれない。

昨日は、このマイコラスが捕手小林がミットを流すからボールになったと「ミットを止めろ!」と小林にマウンドから大声を出す場面もあった。
今年、小林は開幕から出場している。
途中で肋骨の骨折もあった。

先日の広島3連戦を2試合見たが、小林のプレーは生彩を欠いていた。
おそらくは疲れだろう。
DeNA戦一つ目の内海が先発の試合では、小林がそもそも厳しいところに構えられていない。
内海の球は大きく外れたところにいっているわけではない、と解説がいっていた。
2つ目の試合では、弱気のリードが目立った。

肉体も心も疲れている、そんな感じだ。
ただ、そんなことはみんな同じなんだよなぁ。
あと1か月、なんとかがんばってほしいね。

さて、先週は木曜日に代休、金曜日は有給で4連休にした。
しかし、ホントなにもしなかったな。
今年の夏は、出張を含む土日出勤が多くて、かなり疲れてしまった。
なかなか会社のなかもハードだしね。

この連休中に読んだ書籍に日本の会社組織でどのように生きていけばよいか、というものを読んだ。
サラリーマンをしつつ、物書きでも食べていまっせ、というような人で鼻につく感じであるが、まあ、的を射ているような感じもした。
中途採用とブロパーが混ざり合っている企業も増えている現在、時代は変化しているよなぁ…と思った。
posted by 大黒屋 at 08:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

東京ドームツアー

t2pix_20160824-081156.png
昨日は、会社の方々と東京ドームに行ってきました。
昨年も行ったのだけど、投手戦というより、凡戦で、0対0のまま、なんの盛り上がりもなく延長12回をやっただけという試合だった。

昨日はマイコラスとジョンソンのまたもや投げ合い。
0対0のまま9回を終わり、これは昨年の再来か?! と思ったところで、
脇谷がサヨナラホームラン。
広島にマジックナンバーもつかず、いい試合となった。

会社の人の子どもをつれてきてくれた。
どこでどう間違ったか、広島を応援しているという。
1年ぶりに見かけたけど、大きくなったな!
飯もたくさん食べるようになったらしい。
野球少年らしいので、身体がこれだけかっちりしてくると、うまくなってきそうだよな。
野球に限らないけど、運動エネルギーをもつ物体を受け止めたりするのには、やはり身体が必要だったりするので、いいことだよな。

ちなみに硬式野球をボールをある程度自由に扱えるようになるには、体重55kgは最低必要だといわれている。
日本の野球文化には軟式野球というのがあるので、最近はリトルやシニアに進む子どもも多いけど、軟式野球をやったほうが、長くやれるんじゃないかな、と思う。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

難関

DSC_2916.jpg
本日より東京ドームでは、巨人対広島、3連戦が行われる。
現在、1位広島と2位巨人との差は8ゲーム。
この3連戦で1試合でも巨人が落とすと、広島にマジックナンバーが点灯する。
いよいよ押し迫った感じである。

実は巨人主催の地方巡業が雨天中止となった試合が3試合ある。
これが東京ドームでのホームゲームに振り替えになり、9/27〜29に行われることになった。
まだ、2試合、巡業試合が残っているので、ここ最近の天候不順では、さらに振り替え試合は増えるかもしれない。

しかし、一応今の状態であれば、最終戦は9月29日の広島戦となる。
9月29日が最終決戦日となるかもだ!
期待したいね!
しかし、道は険しいことはまちがいない。

道が険しいといえば、現在、某資格試験対策関連の仕事を担当している。
本番試験まであと1か月ちょっととなり、商売的にかきいれどきは収束しつつある。
主催模試が2回、対策講座が1回を残すのみである。
休日出勤もローテーション的にはもう私はない予定だが、最悪でもあと4日というところまできた。
大変だったが、商業的にはよかった。

しかし、実際の試験を受けられる方はこれからが正念場である。
なので、お問い合わせも多い。
公的資格は基本的に法令で定められているので、なかなか読み解いて理解するのは難しい。
だからといって安易にわかりやすく表現すると、理解すべき適切な法令の目的のと齟齬が生じるおそれもある。
また、問題なのは、本番試験では法令の言葉で問われるわけで、安易にかみ砕いた表現で理解していると、正答に至らない可能性も高い。

というところで、悩ましい時期に入っていて、とても大変。
ま、ひとりでも多くの方が合格され、わが社の書籍で合格したと、おっしゃってくださることを祈るばかりである。
posted by 大黒屋 at 08:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

ちばなし

DSC_2969.jpg
実は千葉県の名産品の一つに“なし”があることを最近知った。

千葉県はディズニーがある浦安市のような東京都の属国みたいなところから、九十九里浜のような海岸線まで多彩である。
このナシは、私が住む市川市から柏市あたりの、千葉県の北部にあたるところで生産されているようだ。
写真は小玉の豊水たが、かなりの大玉も栽培されているようで、贈答用などはかなり見栄え的にも迫力がある。
ナシはやはり盛夏の今ごろが一番うまいのではないかと思う。
千葉県産は大きくて甘くてシャキシャキしていて、とてもおいしい。
ゆうパック等でもお取り寄せできるので、ぜひご賞味ください。

さて、先週土日はセミナー開催で出勤。
土日出勤が2月で4回。
なかなかハードである。
営業所の方々は必ず動員されるので、労務管理も非常に大変だと思う。
一応、労働基準的には週1日、月最低4日とされているので、代休をとらなければならない。
しかし、代休をとると、平日の営業日が減るので、ノルマ制の影響の方々は確実に1日分の売上が減ってしまうので、適切な褒美の配分が不可欠である。

古代の中国の国の長は集団で狩りをして、捕った獲物を成果に応じて不満が少ないように配分できる者がなったらしい。
成果を評価するというのは、とにかく難しいといえるのではないか。

しかし、台風が土日に来なくてよかった。
決してお安くないセミナー開催なので、台風で交通機関がまったく動かないなどの事態が発生したときの対応策がどの程度練られているのかを確認していなかったな…、今になって青くなっている。
posted by 大黒屋 at 08:58| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

五輪。

DSC_0001.jpg
どうしょうか迷ったが、結局見てしまった。
眠い。

昨日は、五輪女子バドミントンダブルスの決勝。
試合開始予定日本時間23時の予定が大幅に遅延して深夜1時ころから始まった。

試合が始まったら、もう眠れない。
とにかくスゴい試合だった。
16-19となったときは、選手以外は「もうダメだ」と思ったような気がする。
「よくがんばった」なんてことばが頭に浮かんだり。

しかし、そこから連続5ポイントで大逆転の金メダル。

体操の内村航平選手の大逆転勝利と女子バドミントンダブルスの大逆転勝利は、今回のオリンピックでは印象に残るなぁ。
競技人口も増えそうだ。

ちなみにわれらが自転車競技は厳しかった。
有明にベロドロームが建設されないのは、限りある予算を配分するにあたり、残念ながらやむを得ないと思った。
いろいろな意味で、自転車競技のすばらしさを少しでも伝え、競技のおもしろさ、すばらしさでお客さんを集めるようにしなければならない。
卓球のように日本人の活躍を見込んで集客は難しいのだ。

ちなみに東京にきて驚いたのだが、卓球の全国大会で今回活躍した水谷選手や石川佳純選手が出場するような大会は、準決勝、決勝の日は前売りチケットが完売するのである。
卓球女子団体銅メダルの試合のあと、解説をしていた連盟の人が、やたらと連盟のがんばりを吹聴していて鼻についたが、やはりスポーツ団体はまず第一に選手育成、そしてイメージ戦略だろう。

ちなみに私がこよなく愛する野球も地盤沈下が激しい。
また何かの折りに書こうかとおもうけど、子どものお父さん、お母さんをうまく取り込む方法を考えないといかんな、と思った。

写真は日本スケート連盟の登録証w
まずは形から!
posted by 大黒屋 at 08:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

台風一過

DSC_2951.jpg
なんか、空が秋めいてきたなー。
台風一過で蒸し暑いけど。

今年の関東は夏らしい感じがあまりなかった。
久々に農業不作とかありそうな気がする。
TPPとかやるのかねぇって感じだが。

自転車競技も終わり、ネット配信をチェックしていても、オリンピック競技もめっきり減ってきた。
いよいよオリンピックも終了かと、寂しくなってきた。

それにしても、自転車競技はイギリスが強かった。
個人的に衝撃だったのはブラッドレー・ウイギンス率いる団体追い抜きだろう。

一回戦で世界新記録を出したイギリスは他国と3秒近くタイム差をつけていた。
しかし、決勝ではオーストラリアが序盤から攻め続け、オーストラリアがなんとイギリスをリードする展開だった。

攻め続けた結果、先に3人になったオーストラリアであったが、それでも粘りまくり、イギリスがなんとかオーストラリアを捕まえたのが残り1km。

そのままイギリスが押し切るかと思ったが、残り500mでイギリスの3人目が千切れ始める。
打鐘では、3人目の位置で再びオーストラリアが逆転。
これはオーストラリアが金メダルか? と思った瞬間、最終周回で再び3人がまとまったイギリスが逆転したうえ、この日2度目の世界新記録で優勝した。

オーストラリアがここまで競るとは思っていなかったこともあるけど、こんなにしびれる団抜きは初めて見た。
イギリスは3人から1人千切れたときの対応も練習していたんだろうと思うけど、あまりのハイレベルさに度肝を抜かれた。

こういうのを見られただけでもよかった。

しかし、四年後、伊豆での五輪。
日本チームが世界の相手になるとは思えないよなぁ…。
北京五輪で銅メダルをとった永井清史はやはりスゴいとあらためて思った。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

よかった。

DSC_2947.jpg
卓球女子団体が銅メダル。
本当によかった。

前回大会では銀メダル。
当然、低い目標はたてられない。
メンバーも平野早矢香選手が引退して1人入れ替わっただけだし。

まーでも難しいね。

高校のとき、私は野球をやっていた。
今では部員50人くらいもいる巨大部となっているが、当時は非常に小規模だった。
一つうえの先輩は4人しかいなくて、それで春の兵庫県大会で4位になるくらいに強かった。
で、夏の大会がおわり、4人の先輩が抜け新チームになったとき、レギュラーも5人残っていたので、自分たちもイケると思っていたんだよなぁ。
が、秋の大会では、敗者復活戦も含め、一度も勝てずにまさかの一回戦負け。
自分たちが信じられなくなり、チームも崩壊寸前までいった。

私たちの高校野球は、オリンピック選手とは比べものにならないくらいレベルは低いのでアレだけど。
ときが経ち、ほんの少しメンバーが代わるだけでも、別のチームになってしまう…ということを、当時実感した。

卓球女子も一枚岩ではなく、福原愛選手と石川佳純選手はあまりあわないと聞いたことがある。
石川佳純選手はその天才性と気の強さが長所でもあり、ネックにもなる。
ダブルスを福原愛選手と石川佳純選手で組まないのは、2人の間に確執があるからだと、報道されたこともある。

その意味で銀メダルをとったときの平野早矢香選手は偉大だと思った。
卓球女子の3人が写っている写真で、ほとんどで平野早矢香選手が真ん中で写っている。

そんなか、今回は、まだ子どもと言っていい伊藤選手が入って、なかなか大変だったんじゃないかなと思った。
何年もじゃじゃ馬娘たちを率いている村上監督が「デキは70点」と銅メダルあとのインタビューでいっていたので、もっと何とかなったという思いはあるのだろう。

残り、男子卓球と女子バドミントンダブルスで金メダルが期待できるので、まだまだオリンピックが楽しめそうだ。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

ひさびさの更新

DSC_2923.jpg
実は10〜14日を5連休にした。
会社は盆休みがないので、先週土日ともに出勤したので、その振り替えである。
10日連続、しかも300人近い規模のセミナー主催であるので、かなり気を張る業務だったので非常に疲弊した。
今週も土日とも300人以上の主催セミナーである。
まぁそんな間の週に休みをとったというわけ。

5連休もなにをやっていたのか?
もう五輪漬けである。
リオデジャネイロとは半日の時差があるので、現地の朝から夜まで見ているとホント昼夜逆転してしまう。

日本の夜8時ころから、屋外競技が始まり、日本の朝10時ころに屋内競技が終わる。
今回はNHKがストリーミングでかなりの競技を配信しているので、とぎれることがない。

メダル期待の種目もいいが、セーリングや射撃なんかも見ていてとてもおもしろかった。
射撃、特にクレー射撃は、およそスポーツ選手には見えないビヤ樽みたいな体型の初老に近くみえる人たちがメダル争いをしているのだ。
実況や解説がないので、なかなか今どうなっているのか把握するのが大変だが、たまには考えて映像を見ないと頭が悪くなりそうだからな。
しかし、おかげで、画面のみでも勝負所を感じることができた。

自転車競技もそうだが、マイナースポーツにとって、五輪はその競技を広く知ってもらうための国際博覧会みたいなものである。
適切でわかりやすい実況と解説が「やってみたいな」という人を増やすのだろうと思うが、競技を適切でわかりやすく伝えるのは大変難しいとも思う。

深夜に自転車競技も録画映像がBSで放映されたが、正直、解説なしのストリーミングを見ていたほうが、あれこれ想像できてよかったようにおもった。
中野浩一さんの解説がまずかったということではなく、あれこれ情報を短いレース時間中に伝えようとするので整理をするのが難しいのと、やはり一番難しいのは、この選手たちはこれがスゴいんだよ、ということが言葉ではとても伝えづらいと感じる。

野球のホームランのような、ショーとしてのわかりやすさを見つけるのが難しい。
なかなか五輪のとき以外に盛り上がりを継続できるか、マスメディアも無責任ではいてほしくないよな。
4年後は東京でやるんだし。
posted by 大黒屋 at 08:38| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

ホームロープ

2016_08_06_08_14_01.jpg
先日の大阪出張、現在、大阪には宿がない。
あったとしても、著しく高額であったりする。
駅前が一泊3、4万円がざらにある京都ほどではないが、ホント大変である。
一応、宿泊を含む出張の場合、実費精算ではなく、一定の宿泊料が会社からでる。
大阪、京都だと、目的地からそこそこ離れていて、駅からも少し遠いところで、しかも結構古いホテルでも、規定の宿泊費では足が出てしまった。
さすがに、セミナー用の道具などをかかえて、ドーミーやカプセルはムリ。
個室のビジネスホテルはホント不足している。
今回は、長期滞在型のところを短期で借りたこともあり、高かった。

東京都内の電車、特に地下鉄ではホームドアの設置が進んでいる。
JRでは山手線にホームドアがある駅がある。
安全性は高まると思うが、結構重そうな構造物であり、おそらく設置にはホームの構造を強化しないと、設置できないのではないんじゃないかと思ったりする。

驚いたのがJR高槻駅のホームロープである。
電車が到着すると、ロープがびゃーと上に上がって、客をとおすのである。

なんせ扉でない。
これなら新快速でも特急はるかでも、車両によって異なるドアの位置にも対応できるだろうし、軽そうである。
どの程度の効果があるのかよくわからないけど、いろんなことを考える人がいるものだな、とおもった。

とにかく大変でなかなか事務処理ができず、ヤバい。
posted by 大黒屋 at 08:27| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

セミナーツアー

DSC_2903.jpg
金曜日から大阪出張で、土日のセミナー開催を行ってきた。
主催は営業部門で、会場の手配や当日の会場運営などは全部やってもらえる。
私たち制作部門は講師の先生方と打ち合わせをして、当日用の資料づくりをしたり、当日の講義の内容確認を行う。

国家資格などの受験対策講座というのは、結構たくさんある。
民間のものが中心だが、経済政策や雇用政策として、公的に行っているものもある。

こういった資格試験、特に国家資格や公的資格は間違いが許されない。
書籍が間違えていた、講師の話が間違えていた、その結果、本番試験で間違えて解答して、試験に落ちたとなると、その後の人生計画も狂ってくる場合もある。
そのため、実際のお客様と接するセミナーは非常に重たい責任を感じる。

なかなか、書籍の場合、制作部門の者がお客様と直接会うことは少ない。
つい著者とのみ話をして、身勝手な書籍をつくってしまうこともある。
オリジナリティを発揮する書籍であれば、それでもいいが、お客様の切実な人生計画を左右する、資格試験対策はそうはいかない。

なので、編集担当としても会場に行き、基本的には講師の補佐がな主な仕事であるが、お客様の姿を見るというのが、重要な仕事である、と思った。

ちなみに、国家資格、公的資格の試験は法令制度の丸暗記が極めて重要である。
試験を受けられる方が苦労されるのもここにある。
試験を受けられる方が苦労するということは、講師やわれわれも苦労している。
特に福祉関係は毎年制度が変わるので、残念ながらスーパー講師やスーパー編集でも丸暗記はできない。
なので、セミナー会場や電話で口頭で問い合わせを受けた場合、答えられる範囲でお答えするが、確実に正しい解答かどうかの担保はできない。
しかも、口頭で答えたことは、答えた講師も私たち編集担当も内容を正確には記憶できない。
なので、あとから行った解答が間違いないかどうかの検証もできないのである。
そのため、行った解答が仮に間違っていたとしても、訂正ができないのである。

すぐに解答が欲しいという切実な思いは受け止めさせていただいているので、ぜひインターネットなどを活用して、私どもも確実なお答えできるお時間をいただき、形の残るお返事がしたいとお願いしたいところである。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

ひさびさにアイススケート

DSC_2896.jpg
先月の中頃以来のアクアリンクちばでのスケート練習に参加。
3週間あくとさすがに身体が忘れている。
氷のうえでバタバタとするだけで、ちっとも滑ることができない。
もうちょっと陸トレでフォームを整えないとな。
おまけに滑っていないので体力が続かない。
結局、身体が動くようになるのは、10月に江戸川がオープンしてからだな。

それにいても、いよいよ関東も夏本番になってきた。
今年は天候不順で、冷夏なんじゃないかと思っている。
秋にコメが不作で値上がりするような気がしている。

暑くなってきたこともあり、スケートリンク内が水蒸気でものすごく曇る。
スケートリンクは水のかたまりなうえ、普段はリンク内の気温は8℃くらいである。
整氷とかで外扉が開いたりすると、リンク内には霧が立ちこめる。
メガネもすぐに曇ってしまう。
結構視界がなくて怖かった。

リンクとそとの気温差が真夏だと25℃くらいあって、建物にはいると体調を崩しそう。
ちなみにアクアリンクちばはゴミ焼却場のそばにあり、ゴミ焼却の熱を使って発電した電力で、通年スケートが可能となっている。

今日から二泊三日で大阪出張。
大阪は暑そうだ。。。
posted by 大黒屋 at 08:28| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

座談会

DSC_2812.jpg
昨日は、座談会取材に参加した。

正直、私の係の担当の仕事ではないのだが、課長と係長がともに夏期休暇でいない、という悪魔のスケジュールで、お鉢が回ってきた。
午後いっぱいがつぶれてしまった。
この時期忙しいんですけど。

本日は本日で、今度は意味不明な家庭教師的な仕事。
いろいろ思惑はあるのかもしれんけど、困るよね、こういうの。
なんせ、断らなかったのは経営なのに、家庭教師ではなく、打ち合わせだからとは、なにごと。
来年版の段取りをしなければならないのになにもできない。

しかし、昨日の座談会、なかなかホットだった。
今、大学なんかも経営的に大変らしい。
とにかく学生集めにものすごい労力をかけている。
特に福祉学科は人が集まらず、定員割れも普通になってきている。
入学試験は実施するが、学力レベルがどのような状態でも落ちることはなくのっている。
そんななか、先日、相模原で痛ましい事件も起こったりして、人材も社会的に要求されているところでもある。

ちなみに福祉系学科、とくに介護福祉士系は就職率100%、求人は10倍以上である。

まーそんな座談会。
座談会への参加は雑誌をやっていたころ以来なので、3年ぶりくらいである。
熱いトークを懐かしく感じながらも、これを文字でまとめるのはとても大変。
雑誌で大変だったころのトラウマがよみがえる。
後処理がこちらにこないことを祈る。

ちなみに昨日は、カメラマンと録音(テープライター)のプロにきてもらった。
雑誌はコストのことをいわれ続けていて、こんなのムリだったけどな。
やはりカメラマンもテープライターもプロの仕事は全然違うな。
仕事派での集中力はハンパないと思った。
posted by 大黒屋 at 08:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

原因不明

DSC_2894.jpg
原因不明の紅班ができている。
先週あたりは、蚊に食われたかな? というような感じのふくれがあった。
痛がゆいし、ウナクールを塗っても腫れがひかない。
今週になったら紅班になっていた。
見た目にやな感じである。

写メで医師の父になんだこれは? とたずねたところ、広がるようだったら植物かぶれ、そうではなかったらなにか虫に刺されたのだろう、とのことだ。
ステロイド入りの軟膏を塗れとのことだ。
ただし、足の付け根に向かって紅班がのびていくようであれば、ダニの可能性があるので、皮膚科にいった方がいいらしい。

今のところ少し形は変わったが、大きくなっているわけではない。
かゆみも引いてきたので、おさまってくるかも。
今週は忙しくて、薬局にも行けないので、軟膏は手に入れられていない。

今週は上司と同役が休みでいないため、事務処理が多い。
オマケに上司や同役がいないことによる、接客、取材などが課されていて、どうにも身動きがとれない。
そして、今週金土日は大阪に出張となるため、とにかく時間がない。

急に暑くなったし、倒れてしまうぜホントに。
しかも出張で、市川花火もオリンピック開会式も見られないときた。
ヒドい夏だなぁ。
posted by 大黒屋 at 08:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

1分05秒

2016_08_01_07_33_38.jpg
現在行われているインターハイ自転車競技で岐阜第一高校の山田君が1000mTTで二連覇したという。
タイムは1分05秒で20年ぶりの大会新とのことだ。

岐阜県自転車競技連盟の普及会で、月に一度お父さんに連れられて来ていたころは、あどけない男の子たったが、今は全然違うよね。
まだまだ、うえを目指して、日本人初の1分切りとか目指してほしい。

しかし、こういう核となる強い選手がいるというのは、部、全体にも好影響があると思う。
岐阜第一高校は団抜きも勝ったとのことだ。
橋本英也選手がいたころの岐南工業なんかもそうだな。

岐阜第一高校には、今年、MINOURA大垣レーシングで長い間一緒に大きくなった子どもたちが3人も入った。
元々、お父さんやお兄さんがクラブ員で、一緒にバンクに走りに来ていた子どもたちが早いもので高校生になったのだ。
先日、岐阜県選手権に運営で参加したときにひさしぶりに会って、成長ぶりに驚いた。
とりあえず、私の顔を覚えていてくれたことがうれしいね。

競技のほうはこれからどんどん強くなっていくのだろうけど、よき先輩や先生のもと、自分の世界を広げてほしいな。

こういう言い方はあれだけど、高校野球は、相当勝ち抜かないと、自分たちの地域の外に出ることが難しい。
選手として出られなくても、全国大会を経験できるというのはすばらしいこと。
全国に生涯の友だちができるかもしれないしね。

いやーうらやましい。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

プロ野球再開

DSC_2885.jpg
土曜日は仕事。
セミナー主催ということで、有明まで。
日曜日もあったのだが、それは管理職に代わってもらった。
今週の土日が、ともに大阪出張となるため、労基法上の問題が生じる可能性があるためである。
ちなみに20、21の土日もともにも連続で仕事だ。
何かあると、ホント労基法上の違反となってしまう。

ということで、日曜日は休みにした。
2週間、オールスターと都市対抗野球で東京ドームはプロ野球はなかった。
久しぶりのプロ野球観戦である。
やはり、プロ野球はいいね。

もちろん都市対抗野球も楽しいけど、野球の世界では、プロ野球が圧倒的にスゴい。
144試合も興業として成立しているわけで、やはりプレーそのものの質がまったく違うのだ。
ま、首位とは大差があるが、最後まで楽しませてほしいね。
後半戦への巻き返しの材料として、マイコラスと復帰はすばらしい。
前回の東京ドームでの登板のときとは、人が違ったかのような投球だった。
投球練習から球に力があったしね。
期待したい。

昨日は、スタンドに異変があった。
オキニの売り子さんがなかなか出てこない。
出てこないが、売り子さんたちの配置は微妙に通常の縄張りが維持されている感じがする。
つまり、穴があいている状態なのだ。

早い展開だったので、3イニング目にこれは今日はいないな、と判断した。
そこで、一番若い売り子さんからビールを買って、いつもの娘はいないのか? ときいた。
一昨日から熱発で体調が悪いといっていたらしいのだ。
ウームついに皆勤賞が崩れたか。
残念だね。

シフトに穴をあけると皆勤賞ボーナスがもらえなくなるだけではない。
ビールからもおろされ、チューハイやウイスキーなど、数の出ない(歩合の少ない)飲料に回され、その飲料でトップをとらなければビールに復帰できない、ときいた。
posted by 大黒屋 at 09:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする