江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2016年01月31日

新宿ピットイン

土曜日に新宿ピットインにいってきました。

2016-01-30 15.12.12.jpg


前の会社の先輩がライブをやるというので見に行ってきました。
いわゆるビッグバンド・ジャズであります。

トランペット5本
トロンボーン3本+バストロンボーン1本
テナーサックス2本+アルトサックス2本+バリトンサックス1本
ピアノ1+ギター1+コントラバス1+ドラム1

決して広くないピットインにすごい音圧!
やっぱりうまい人たちは音が大きくていいよね。
選曲もいわゆるムーンライトセレナーデ風のビッグバンド・ジャズ的な曲より派手な選曲でよかった。
やっぱ楽器ができるといいよな〜。
個人的にはトロンボーンってやってみたいんだけど、結構子どものころからやっていないと難しい楽器ではある。

この日は20年ぶりくらいに先輩の奥さんにも会った。
社内結婚で辞めて、そのあと会社の野球とかに来ていたことがあったような気がするけど、ホント久しぶりだねぇ。
あまり年齢的に変わらないはずだけど、後ろ姿は大きくなったが、そこそこ維持できているようで良かったw
しかし、子どもが大きくなっていてびっくりするよな。
前の会社はいろいろあって結局われわれがいたころの社員の3分の1ほどしか残っていない。
この日に演奏した先輩も辞めている。
家庭的にもいろいろあったに違いない…とは思う。

まーでも、こうやって笑ってあうことができるようになって良かった。

本日はシクロクロスの世界選手権。
驚いたことに
シクロクロス世界選手権で史上初の機材ドーピングが発覚
http://www.cyclowired.jp/news/node/190226

女子U23で自転車にモーターが仕込まれていたというのだ。
ロードでは、昔、カンチェラーラがモーターを仕込んでいるんじゃないかといわれたことがあったが、一笑に付されてきたのだが、まさか本当にモータードーピングをする人がいるなんて…。
おどろきである。

ちなみにこんなヤツらしい。
Vivax assist kleinster Bike e- motor
https://www.youtube.com/watch?v=w45tga8VbiQ

シートピラーに仕込んで使うものらしい。
近年の自転車は軽いから、これくらいならバラストとして積んで6.8kgにできそう…。
しかし、車検にX線の機械を設置しないといけなくなるとたいへんだよな。
posted by 大黒屋 at 23:47| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

アジア自転車選手権A

日本新記録 のコピー.jpg
男子4km団体追い抜き日本新記録の瞬間


本日のアジア自転車選手権でも1kmタイムトライアルで日本新がでたらしい。
しかも出したのは高校生だという。
1kmTTはオリンピック競技などはなくなってしまったので、エリートの記録は伸び悩むかもしれない。

昨日初めて見たのが、パラサイクリングである。

パラサイクル のコピー.jpg


ホント驚いた。
片足で発走機からスタートするのである。
私のレベルでは発走機からのスタートでは最初のコーナーが転びそうで本当に恐ろしい。
スピードがつかないので、最初の1〜2コーナーはバンクから落ちるんじゃないかとビビるのでなおさらスピードが上がらないのだが、バックストレートに入るまでまともに踏めない。
しかし、パラサイクリングの方々はこの難しい250バンクをするするとスタートしていく。
ま、アスリートなのだから当たり前だといわれればそうかもしれないが、自転車の構造上どう考えても片足だけではバランスがとれそうにないように思う。
当然なんだけど、私なんか遠く及ばないタイムで走る。
すごいよね。

ちなみにパラサイクリングで参加者が多かったのは日本、中国、マレーシア。
こういうと語弊があるかもしれないが、バリアフリーやユニバーサルデザインとか障害者福祉に関しては国力からしても、アジアでは日本が圧倒的に進んでいると思っていたけど、そうでないのかもしれないと思った。

ジュニアケイリン予選 のコピー.jpg


もう一つ驚いたのが、アジアの選手の身体の大きさだ。
韓国と中国の選手はホントに巨大である。
なんせ昨日の午前中は場内放送が客席ではまったく聴こえなかったので、次になんのレースが始まるのかさっぱりわからなかった。
とくに自転車競技は、ジャージはみんな同じだし、ヘルメットにアイウエアで装備すると、違いは靴下と靴ぐらいでしか選手を識別できない。
ゼッケンは審判用なので、客席から判別するのは困難である。
なので、わらわらと選手とホルダーのコーチが出てきて、どうやらケイリンの予選が始まるようだと思ったのだが、「ん? エリートを先にやるのか?」と思ったくらいに最初に出てきた韓国の選手が巨大であった。
エリートでも、ケイリンに出走した渡邊一成選手なんかも全日本選手権なんかで見ると、アマチュア選手と異質なぐらい巨大なのであるが、アジアのなかに入るとその巨大さをまったく感じなかった。

とにかく中国と韓国の選手はでかいのだ。
走りを見ると本当にパワフルで、重いギアをぐいぐい踏んでくる感じだ。
中国・香港・韓国のジュニアの選手の身体の大きさは東京五輪のころに強敵となるような気がするな。
欧米の選手はこれよりもでかいんだろうから、なかなか日本人が真っ向勝負するっていうのはきついよなー。

ちなみに最後尾の韓国のジュニアケイリンのキム・チョンス選手。

韓国選手.jpg


残り2周のバックストレートで最後尾からまくりにでて、すごいスピードであっという間に残り1周のに入る直前の4コーナーまでに抜け出して後続に差をつけた。
が、なぜか最終周回の2コーナーで単独で転倒。
韓国選手はペダリングが全体的に日本選手や中国選手に比べるとあかぬけていない感じがする。
速いけど、おっかない走り方をするなぁ…と思ったら、なんか脚がもつれるように転倒していた。
しかし、ジュニアケイリンはこのキム・チョンス選手が優勝。
やはり「技は力の中にあり」というマス・オーヤマの至言のとおり、細かい技術よりとにかく力なのかもしれない。

がんばれ日本!
posted by 大黒屋 at 23:43| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

2016アジア自転車選手権

有給休暇を使ってアジア自転車選手権を見に行ってきました。

20160127エリートパシュート決勝 のコピー.jpg


チームパシュート!
男子エリート、ジュニアともに決勝に進んだが、惜しい銀メダル!
すごい熱戦であった。

男子エリートの日本チームは予選を4分6秒台であがった。
で、本戦1回戦では韓国チームを相手に4分03秒819の日本新記録を打ち立てた
中国のもつアジアレコードにも0.25秒に迫るすごい記録だ。

日本新記録の誕生に立ち会うなんて初めて!
テンションageage
これは、決勝に期待するしかない。

そして迎えた決勝。
スタートして日本チームはジュニア同様速いペースでつっこむ。
先行してプレッシャーを与えて逃げ切る構えだ。

最初の1kmは日本チームがリードをする。
0.8秒ほどのマージンを稼いだが、1kmを超えたあたりから差が広がらなくなる。
じりじりとする展開のなか、半分の2kmを過ぎたあたりから、徐々に差が詰まりはじめてしまった。
電光掲示板では0.1秒とか、それくらいの短縮なのであるが、目に見えて詰まってきている。

レース開始は19時30分であり、観客は本当にコアなファンと関係者しかいない伊豆ヴェロドローム。
「がんばれ!」「がんばれ!」という激励の声に悲痛なものが混じりはじめる。

そして3kmの少し手前。
日本チームが3人になったところで、ついに逆転を許す。
悲鳴のような歓声のなか、1周ごとにぐんぐん差が広く。
なんと中国チームが自らホールドしていたアジアレコード更新をする4分03秒510で優勝。
日本チーム銀メダル!

普段あまり団体追い抜きを見る機会は少ない。
全日本などでも、代表メンバー対その他という対戦になることもあり、なかなかここまでの熱戦を見ることは難しい。
いやーすごいレースだった。

ちなみに、中国チームは予選4分04秒、本戦1回戦は、香港チームの4番手がちぎれたところに追いついてしまい、ちぎれた香港の選手が上に上がろうか迷っているうちに、中国チームの車列に入り込んでしまうというできごとがあったため、中国チームの隊列が一瞬乱れ、最後はムリをしなかったところがありながらも4分6秒であった。
なので、決勝に脚が残っていたのかもしれない。

一応とった動画(画質悪し)。

2016アジア自転車選手権
男子エリート スクラッチ決勝
倉林選手金メダル!!!



2016アジア自転車選手権
男子エリート ケイリン決勝

posted by 大黒屋 at 23:59| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

なかなか

スクリーンショット 2016-01-22 2.14.59.png
つい先日できたことが、もうできない。
あかんね〜。
ま、ちょっと年明けてから、毎週月木にスピードスケート練習会に参加して、土日も一般公開で滑っていたので、疲れもたまっている。
さすがに昨日は脚が動いていなかったし、身体を支え切れていなかった。
ここを乗り越えればうまくなるんじゃないかと思うけどね〜。

昨日はこの江戸川区スポーツランドでスピードスケート公開。
全日本クラスのひとは国体に行っているので、人は少なかった。
はじめて、東京都代表級の方に教えてもらった。
コーナーでの股関節の使い方なのだが、難しすぎてよくわからなかった。
今のところあまりストレートスピードもないのだが、コーナーはさらにブレーキングをしているみたいに止まっている。
アドバイスを理解できれば、早くなれるのかもしれない。

それにしても、速い人は姿勢が低い。
関節がそもそもやわらかいのだろうけど、足・すね・太ももが「z」の字の形をずっと維持しているんだよな。
私の柔軟性では、スケート靴を脱いで、陸上でも同じ姿勢をとることは難しい。
しかし、身体の感覚ってホントアテにならん。

明日は休みをとって伊豆に行ってみようかな〜。
posted by 大黒屋 at 08:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

寒い

2016_01_25_08_00_19.jpg
気温−2.6℃とか。
寒い〜。
岐阜にいたころ、−5℃くらいのときでも朝練やっていたんだものな。
信じられない。
今はもうムリだ。
心がもたないよね。

先方さんのお仕事状況次第だが、1日くらい有給休暇消化をしたいと思っている。
アジア選手権見に行きたいんだけどな。
それも今日次第ってことで。

本日は会議もあるしな。
課所の会議なので、大きいものではないが。
ま、当課所が二年前に新しくできたときに、使命とされたプロジェクトがようやく完成に至る。
できあがるということは、ある意味、私たちは用済みになるということでもあるので、今後、課所がどうなるのかはよくわからない。
4月以降の体制が、正式に明らかになるのはもう少し先のことなので、まだなにも目新しいことは起こるまいが、いろいろありそうだ。

前の会社ではほとんど同じ部署で働き続けていたので、あまりよくわからないのだけど、こういうプロジェクトが完成したあとって人員はどうなるんだろうね。
そりゃ会社としては、クレーム対応できる人を残して、あとはおさらばがいいのだろうけど、労働者側はそうはいかないものな〜。

ま、それでも労働者側はちょっと脱け殻状態になるのは確実。
なにか仕事つくらないと、なくなっちゃうぞ、といわれても、なかなかモチベーションが上がるというわけでもない。
このあたりが人の組織の難しさというところだろうか。
posted by 大黒屋 at 08:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

カモメ溜まり

2016-01-24 16.19.22 のコピー.jpg


日曜日は雪予報であったが、千葉県はふらず。
ちらつく程度のことはあったのかもしれないけれども、私が目で見た範囲では雪は降らなかった。

しかし、すごい風!
寒い!
こんな日に自転車はムリだよね。

江戸川までいくと、江戸川に島ができたように真っ白に!
何かと思ってよく見ると無数のカモメが浮かんでいた。
「カモメ溜まり」といってもおかしくないだろう。

原因は何だかよくわからないけど、風が強くて飛び立てないからだろうか?
空にもカモメは飛んでいたけど、風に翻弄されていた。
とりあえず、初めて見る光景である。

今週末は、アジア選手権ロードレースが伊豆大島で行われた。
なんせ、島だし、風が強そうだ。
ロードレースを今の時期にやらなくても…、と思うのだがしょうがないのだろう。

日本勢は結局ジュニア女子が金メダル。
女子エリートが銅メダル、男子エリートが銀メダル、銅メダルだった。

今大会、エリートクラスは2位までに入れば、五輪への出場枠がとれるというなか、女子エリートが3、4位という結果は痛恨であった。
ま、個人ブログなので素人目でいわせてもらえば…。
2位までに入ればいいのだから、萩原麻由子選手とナ・アルム選手が抜け出したときに、日本チームの他の3人は他国の選手に追走させないようにブロックし、萩原とナ・アルム2人でゴールにたどり着けばよかった…ということになる。
結局、與那嶺選手が中国のPuYixian選手(漢字不明)をつれて萩原選手とナ・アルム選手のグループに合流してしまったから起こった悲劇ではなかったか。

そりゃ、勝って金メダルであればいうことはないけれども、今回のも大会の目標はなんだったのかがよくわかっていれば、スプリント勝負で萩原選手がナ・アルム選手に負けても五輪枠はとれたはずだった…。

男子エリートもプロ選手を2人そろえたのだが、逃げ切りを許してしまった…。
自転車レースは難しいね。

もともと、全日本選手権でも遺恨があった萩原選手と與那嶺選手ではあるが、こういう結果になると本当にもったいない。
レベルはあれだが、世界選手権でイタリアがタレントをそろえているのに、バラバラに動いてよく失敗するパターンに近い。
結局、トップ選手を集めるのであるから、取りまとめる監督が重要だということではないだろうか。
日本の自転車ロードレース業界は、まだ現在、歴史をつくっている真っ最中である。
別府選手や新城選手、萩原選手が引退して監督になるような時代になって、ようやくナショナルチームで動けるようになるのかもしれない。
プロ野球もそうなのだけど、やはり選手時代の実績というものがものをいう世界ではあると思うのだ。

トラックはそういう意味で、人財がそこそこいるように思える。
しかし、こんな寒い時期にホントレースをやるのは過酷であったと思う。
本番はまだまだこれからなので、がんばってほしい。
posted by 大黒屋 at 23:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

ゆかいな

DSC_2355.jpg
会社に行こうと街まででかけたら、財布を忘れて♪

というわけで、一度家に帰って財布をとってきて電車に乗った。
たぶん、まだ間に合うはず。
朝から個人TT、デュアスロンでげっそりだ。
ま、スケートのおかげで、少し脚は強くなったからな。

スケートといえば、現在、冬季インターハイが行われていて、来週は冬季国体である。
スケート競技は岩手だそうだ。

参加選手のなかで、本日の新聞京葉版に載っていたのがゆりちゃん。
今年、高校3年生で、春から女子大生だそうだ。
アクアリンクちばのスピードスケート練習会にたまに参加してきていて、いっしょに滑ることもある。
いっしょに滑るといっても、速度が違いすぎるので、いっしょの氷の上にいる、というだけのことである。

実はこの方氷の上のスピードスケートではなく、インラインローラーブレードの日本チャンピオンである。
インラインローラーは岐阜の長良川でも大会があるし、高橋尚子ロードで滑っている人もいるので、岐阜市在住の方にはなじみがあるのではないかと思う。

で、このローラー競技、2020年の東京五輪にて追加種目候補に上がったのである。
すわ、地元から五輪選手がでるか!?
と関係者一同色めき立ち、マスメディアも取材に来たりした。

が、結果として、追加種目の絞り込みでローラー競技自体は採用となったが、採用されたのはインラインローラーではなく、スケボーなどのストリート系だったのである。
周りの人はがっかりしたけど、いちばんがっかりしたのは本人だろうなぁ。
大人の政治の世界に翻弄された形だものなぁ。
ま、若いし、こういった出来事もあったけど、よい経験とし、知り合った人びとを将来に活かしてほしいね。

昨日は、アクアリンクちばでのスピードスケート練習会に参加。
5周が長く、よれよれ足を引っかけて転倒などがあった。
しかも月曜日に江戸川区スポーツランドで教えてもらったことをわずか数日でできなくなっていた。
一歩進んですぐ後退だな。
しかし、これだ! と思うものもあった。
再現できるかどうかなんだよなぁ。
posted by 大黒屋 at 08:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

買っちゃった

DSC_2339.jpg
今年もシーズンシート10を買っちゃいました。
東京ドームというのは90年代ほどではないけれども、いまだに数か月前から予約しないとチケットがとれない。
なので、熱烈なファンは年間シートを買っていることも少なくなく、年間シートの売り上げは読売ジャイアンツの売り上げの半分以上を占めているそうだ。

さすがに年間シートを買うには資金とヒマと売り子ちゃんからビールを買う肝臓が足りない。
そこで一昨年あたりから発売されている10日ポッキリの年間シートを買うことにした。
昨年に続き、二回目の購入である。

もちろん、年間シートの日以外にも見に行くので、昨年は28回見に行っていた(^^;)
ほかに都市対抗や国際試合も見に行っているので、東京ドームにはスゴい日数を投じていることになる。
でもね、野球はライフワークだからね。
これくらいは自分に認めてあげようと思う(売り子ちゃんじゃないよ!)。

実は今年もシーズンシート10を買うかどうか迷ったところである。
まー、その一番の懸念材料は引っ越しがあるかどうかである。
今のところ呼び出しを受けていないので、今年の引っ越しはなさそうだと判断した。
私の場合、いつどこに行くかわからない立場にあるため、なかなか長期的な展望を描くことができない。

まーサラリーマンの限界である60歳になるまで、あと15年ほどしかないので、自分の成長路線のような長期的視野をもたなければならない時期は過ぎ去ったともいえる。
今はいろいろ視野を広げて間口を広げる努力をしていこうかな、と思っている。
好奇心を失わなければ、老後もそこそこ楽しいと思うのだ。
それと、あとは体力だな。
posted by 大黒屋 at 08:38| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

マスターズ

マスターズ.jpg
写真をマスターズチャンピオンとともに。

マスターズのスピードスケートが先週行われ、2種目制覇、マスターズ日本記録樹立という輝かしい成績を収められた方です。
スピードスケート、フィギュアスケートなど冬種目のマスターズは、夏種目のマスターズと、主催なども違うらしい。
正直、詳しいことはわからないが、もともと国体のスピードスケート種目には少年、成年にくわえて、マスターズ年齢のB種目というものがあったらしい。
それが、参加者の人数や代表選手の力量のバラつきなどからなくなって、マスターズの大会として再興されたのではないか、と思うがどうかな。

ちなみにショートトラックのマスターズはない。
インターハイがないくらいだからね。
ショートトラックは大会を開くこと自体が極めて大変なので、マスターズやるなら自分たちで運営する気でないといけないだろう。
しかし、ショートトラックの選手もごく一部の人をのぞくと、ジュニアを卒業したら、まともに競技をすることができないのはもったいないな〜、とは思う。

ともあれ、スケートをはじめてよかったな、と思うのは、脚のバランスがよくなったこと。
スケートは片足で立つのが基本なので、衰えつつあったバランス感覚がよみがえってきた。
もう一つ、バランス感覚と重なるが、片足でバランスをとれるようになるには、脚の細かい筋肉が強化される必要がある。
筋力がついてこそ、身体の重みを支え、身体の微妙なゆらぎに対応ができるようになるのだ。

スケートを続けることができれば、おそらくロコモしらずで生活できるに違いない。
この60歳を大きく超えたスケートのおじさんたちをみるとそう思うのだ。

自転車とともにぼそぼそと続けられるといいなぁ。
posted by 大黒屋 at 08:35| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

大荒れの天気

IMG_20160119_081253.jpg
昨日は既報の通り都内は雪だった。

千葉県はほとんど雪ではなく雨だった。
なので、朝の総武線はわりと普通に動いていた。
しかし、総武線各駅停車は中央線につながっているので、それなりに遅れた。
15分くらい早い電車に乗ってもいつもより少し遅いくらいの時間に秋葉原ついた。

電車の遅れは読み通り。
これなら間に合う…と思ったら。
京浜東北線が南浦和のポイント故障でストップ。
山手線も間引き運転でなかなかこない。
かといって秋葉原から歩いたのでは間に合いそうにないので、待つことにした。
駅もめちゃ混みだ。

ニュースで駅に入場制限が行われて、駅に人の列ができている、と報道されていた。
まー特に乗換駅なんかは、降りる人、乗る人でとにかく人が多い。
制限をかけなきゃホームから落ちる人がでそうだよな。

そんなこんなで、雪だけど余裕で間に合う! と思っていたのに、山手線が来ないために、一転して急激に時間を失った。
また、ホームから道路に降りるのに時間がかかったし。

しかし、それでもなんとか会社には始業時間前には到着。
がんばったね。
埼玉方面の人が来れない人が多かったようだ。

朝は天気が悪かったので、荷物をもっていけなかったため、一度帰宅してから江戸川区スポーツランドへ。
スピードスケートの専門公開に参加。
スピードスケートのマスターズが先週行われ、2種目優勝の方が来ていた。
今回はマスターズの日本レコードを出したらしい。
この方は結構運動神経の塊みたいな人で、おそらくなにやってもうまかったんじゃないかな。
日本一になるっていうのは、なにかもっていないとね。

この方に昨日は練習を見てもらった。
なかなか天才的な人に教えてもらうのは難しいものがある。
フィギュアスケートのコーチが商売になるように、スケートというのはなかなか教えるのが難しいし、教えられるのも難しい。
このあたりは、ゴルフに似ている。
が、昨日はよくわかった。
私のレベルが少し上がったということだと思う。
おそらく1年前に同じことをいわれてもわかるまい。

しかし、おかげで身体がぐーんと伸びるようになった。
これは来週から楽しみが増えたわ。
posted by 大黒屋 at 08:38| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

雪は積もらず

DSC_2353.jpg
東京都心では雪が積もったらしい。
東京駅や新宿駅ではつもっているようすがテレビに映っていた。

しかし、江戸川を渡り、ちば県に入ると雪はない。

通勤のため、総武線で進むと市川まではただの雨だが、小岩を過ぎると線路のバラスト石が白くなった。
結構、はっきり分かれるものだね。

千葉県は静岡とか和歌山などとともに、黒潮県といわれていて、暖流のおかげで暖かい気候だといわれている。
房総半島では雪がつもることはあまりないらしい。

ま、そんなわけで、ツラい雨の通勤となってしまった。
駅に降りたら、また、違うのだろうか。

それにしても昨日行われたトラックワールドカップ香港大会。
インターネットのYouTubeのUCIチャンネルにて生中継されていた。

日本の選手は非常に厳しい結果となってしまい、中野浩一の悲鳴が聞こえてきそうだが、マーク・カヴェンディッシュが参戦するなど、見どころは多かった。
団抜きでは、デンマークがジュニアメンバーで4分を切るなど、日本チームも進化しているのだけど、世界はもっと進化している感じがする。
ケイリンでは韓国選手と中国選手が決勝に乗り、男子スプリントも中国選手が決勝にコマを進めた。
今週末からアジア大会が始まるけど、ここらで一発、日本チームにいいところを見せてもらいたいね。

現地特派員のG車連の某氏によると、香港大会では、多少の動員があったらしいが、かなりお客さんが入ったらしい。
ネットで見ていても会場の盛り上がりは見てとれた。

まー日本選手にも活躍してもらい、伊豆の会場も埋められるよう、振興を図らないとな〜。
posted by 大黒屋 at 08:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

阪神大震災21年

2016-01-17 18.00.25.jpg


本日1月17日は阪神大震災から21年となる日であった。

今日の夜のNHKの番組で阪神大震災のデータを出していた。
6000人を超える犠牲者のうち、5100人弱の方が当日に亡くなられたとのことである。
うち、発災後1時間以内に亡くなられた方が4000人近くおられ、6割以上が窒息死であり、発災による崩落などによる圧死ではないのだという。
窒息というのは、腹や胸の上に障害物が乗った状態で横隔膜や胸郭を使って呼吸ができなくなり、窒息するというものである。
大変苦しいに違いない。

そして、4時間くらいで今度は火災が発生して、埋められたまま生きていた人が、亡くなったといわれている。
これは通電火災というものらしい。
災害で、早く電気が使えるようになるというのは、被災者の切なる願いではあると思うが、電気が復旧したばかりに火災が発生したといわれている。
そのほか付近の道路の渋滞で、全国各地からかけつけた、消防のレスキュー隊が神戸市に入ることができず、ひょっとすると助かったかもしれない命が助けられなかったということである。
この渋滞には、安否確認の乗用車がかなり原因となっているとのことであった。

正直な話、東京で同じ規模の震災が起きたら、阪神大震災の規模ではすまないだろう。
正直なるようにしかならないことではあるが、命で教えてくれた教訓を生き残った人たちは活かしていかなければならないと思う。

土曜日にはスキーバスが大事故を起こした。
私の世代だと、スキーバスが川に落ちた事故を思い出す。
若い人たちがたくさん亡くなるのは本当に痛ましい。
戦争だってそうだよね。
戦争に行くのは若い人だから、痛ましいことがたくさん起こるということだ。
國を護るという名分のもと、若い人に犠牲になることを強いてはならないと思うのだ。

個人的にはスキーバスということで、「オフシーズンは就活とスノボですよ!」といっていた売り子ちゃんが乗っていなかったかどうかが一番心配であった。。。

兄は夜更けすぎに、雪江へと変わるだろ♪
ということで、明日は雪らしい。

posted by 大黒屋 at 23:20| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

減速

スクリーンショット 2016-01-15 1.37.32.pngスクリーンショット 2016-01-15 1.36.45.png
アクアリンクちばでのスピードスケート練習会。

雰囲気的によくなってきてはいるのだが、なぜだか、減速してしまう。

月曜日の江戸川区スポーツランドで、コーナーの入り口でブレーキをかけていると感じたので、元韓国人、ロシア代表のヴィクトール・アン選手のコーナー進入の動画を参考に修正を試みた。

コーナー進入は少しよくなった。
しかし、そのスピードはコーナーリング中に失われているようだ。
またストレートのスピードでていない。

一歩進んで二歩下がる感じだ。

ま、ツヘコベいわず、10000時間くらい滑ってから言えや! というところもあるのだけど、な。
ただ、動画を見ているとなにか「これじゃない感」がある。
多分、体重移動が前後左右ともタイミングなどがおかしいのだろう。

一般的に滑っていきながら、体でタイミングをつかんでいくのだろうと思うが、なかなか40代半ばでは、そうはいかない。
頭で考えて、頭の命令で体を動かしていかなければならないのだ。
このへんが中年スポーツの難しさだな。

しかし、昨日の練習会のメンバーは9歳から60代後半まで。
定年退職したかたがたは、明日は遠くのロングトラックリンクにいくらしい。
マスターズが近いしね。
ワイワイやって楽しそう。
はよ定年退職したいな。
posted by 大黒屋 at 08:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

ふるさと祭り東京2016!

今年もいってきました!
ふるさと祭り東京2016!

2016-01-13 18.49.13.jpg


今年は水曜日に見に行ったので、残念ながらキャンペーンの女性たちの披露がなかった。
去年の宮城ライシーガールは美人だったな。

2016-01-13 19.01.33.jpg


ゆるきゃらはがんばっていたよ。

それにしても!!!

2016-01-13 19.14.03.jpg


海産物はなんて心を豊かにしてくれるんだろう!!!
いくらにウニ、タラコ

2016-01-13 19.20.13.jpg


カキにホタテ!

私一番のオススメは

2016-01-13 19.30.05.jpg


石川県七尾町のフグ寿司!!!
下関のフグは有名だが、下関のフグの産卵地は石川県で、日本で一番フグがとれるのは石川県なんだそうな。
石川県といえば輪島ロード。
これはゼッタイ食べたほうがイイ。

今年は丼選手権にも参加。

2016-01-13 19.58.58.jpg


やはり越前カニ丼だな。
なんせ上にどろっとかかっている蟹味噌がきいていて、これはうまい。
ブース的に、一番元気があるのは新幹線の開通が間近に迫る北海道。
しかし、昨年北陸新幹線が開通した北陸も負けてないね。

ちなみに母は福井県大野市出身、父は大阪出身ではあるが、大学が石川県だったので、北陸にはなじみがある。
個人的には舌にあうよな。

2016-01-13 20.49.20.jpg


〆はおきなわ紅イモソフト。
あーーーーーおきなわ行きたい!!!
でも練習したくない…。
posted by 大黒屋 at 08:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

デビッド・ボウイ氏逝去

DSC_2338.jpg
お悔やみ申し上げます。
私が知っているのは、レッツダンスとかブルージーンとかかな。
当時、私は中学生だったので、ボーイ・ジョージをはじめ、洋楽のルックス(ビジュアル…ではない)のかっこよさに度肝をぬかれたものだ。

まー自分も気がつけば、40代後半。
ついにプロ野球選手もすべて年下となり、プロスポーツ選手もキング・カズくらいで、数が少なくなってしまった。
私たちがあこがれていた人たちもいよいよいなくなってしまいつつあるようだ。

ということで、迷ったあげく、クラプトンを立ち見だけどチケットとった。
立ち見がつらいのは、待っている時間も立っていて、さらにライブ時間の2時間も立っていなければならないこと。
ま、でもクラプトンも、もう大きなツアーはないかもだからな。
楽しみにしよう。

3年くらい使っている靴が壊れた。
ソールの糸が切れてはがれてきたのだ。
靴屋のスミスにもっていくと、こういう壊れ方は珍しい、とのこと。
靴底を全部引っ剥がして、新しい靴底を全部貼り直さなければならないらしい。
その費用がこの靴の買った値段に近い…。
迷ったあげく保留にして、もちかえってきた。

靴屋のスミスだからかかるのかと思ったので、買った店にもっていくと、なんと店舗改装のため本日をもって閉店だと。
新規オープンは2か月後だという。
しばらく寝かせておくか。
posted by 大黒屋 at 08:30| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

専門公開

スクリーンショット 2016-01-12 0.12.05.jpg
昨日は夕方から、江戸川区スポーツランドのスピードスケート専門公開に行ってきた。

昨日はショートトラックの全日本選手権大会があって、速い人たちがいなかった。
そのため、下手目の人たちで自由に滑れた。

しかし、技は力のなかにあり、というが、若い人はスゴい。
フォームとかめちゃくちゃなんだけど、この道数十年のおじさんを追いまくる。
やはり、技術スポーツとはいえ体力っていうのは大事だな。
ま、そんな彼もおじさん相手だから、煽れるのであって、同じくらいの人相手では。全く歯が立たない。
どれくらいまでいけるかわからないけど、キチンとコーチについてもらったほうがいいだろうなー、と思った。

しかし、お金でコーチがつけられるシステムができあがっているフィギュアスケートと違って、スピードスケートにはそのようなシステムがない。
なので、才能と熱意が、コーチしてもらえるかどうかになるだろう。
がんばってほしいね。

写真は動画からの切り出し。
そりゃ最初に比べるといいんだろうけど、いろいろ欠点が多い。
コーナーの入り口で、怖いということもあるのだけど、体が起き上がって棒立ちになっている。
基本的にスケートは低くが、重要だ。
スケートの歯は非常に薄いものなので、スケートで滑っていると、ヤジロベエみたいなものだ。
なので、姿勢が高くなればなるほど、安定性を欠くようになる。
さらに遠心力も、姿勢が高くなればなるほど、強くなる。
そのため姿勢を低くしなければならない。
足腰の力にもよるけど、なかなかできないんだよな。

もう一つは外の脚が大きく後ろに流れていること。
けり脚は横に押すというのがもっとも進むらしいが、写真をみる限り、後ろに流れていて、しっかり氷を押すことができていない。
また、後ろに流れているため、右足を前に戻すときに、大きく回して引っ張らなければならなくなっている。
前に進む勢いがなくなると同時に、余計な力を使っている。

1年近く経ってこれだからな〜。
練習しょう…。
posted by 大黒屋 at 08:37| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

3連休

2016-01-09 11.14.55.jpg


成人の日が3連休になったのっていつだっけ? っていう感じだが、ま、ありがたく休ませてもらおう。

土曜日の江戸川スケートリンクは、どうもスポーツ少年団? 学童保育? よくわからないのだが、先生っぽい方の引率で小学生が数十人やってきた。
常連さんたちは今日はこれは滑れないなー、っていう感じだ。

江戸川区スポーツランドのスケートリンクは江戸川区のものなので、江戸川区では火曜日、木曜日は一般公開は中止にして、江戸川区の小学校などの授業で使っているらしい。
北海道や青森、長野など、主に北日本、東日本には屋外の大きなスケートリンクを持っている県があり、そういった県では体育の授業がスケートだったりするらしい。
江戸川区もそんなスケート県の一角として子どものころからスケートを体育に取り入れているようである。

なので、学校の先生らしき人がいたので授業かと思ったけれども、そうではなくてさまざまなスポーツ少年団が合同でスケートを滑りに来たようだった。

っていうかほとんどが滑ったことがない子どもがすごく多いみたいw
そして引率の先生も…w
子どもたちがリンクに降りてきたが、みんな手すり掃除w
そう、スケートって結局誰かに教えてもらわないと滑れるようにならないのよね。

壁が見えないほどに手すり掃除の子どもがぶら下がり、ちょっと元気がいい子はずざーっとスライディング。
間接と買いためないんだからうらやましいが、アナーキーなスケートリンクになってしまった。

おまけに時間が来て整氷作業を開始する段になったが、写真のとおり、係の人が一人ひとりお子さまをリンクの出口まで抱えて連れていかないと入り口に戻れないことになっているのだw
逃げ遅れた人を多数救出するのに時間がかかっていた。
ちなみに引率者もイマイチで、救出に向かったら二次災害が起きそうだった。

スケートって難しいね。

そういや先週の4日だったかな? 
こちらは学童保育だと思うのだけど、引率できた児童指導員(給料安い)さんがすごい美人だった。
こっちの人は少し滑れていたな〜。
また来ないかな?

2016-01-10 16.53.29.jpg


日曜日は車検。
ブレーキフルードの交換を頼んだのだが、キャリパーとホースをつなぐ金物が錆びついて動かないのだと。
はずすと最後全取っ換えになりますよ…、てなことで、うーまさに古い! っていう感じになってきたな。
とりあえず今回は車検をとおさなければならないので、ママにして仕上げてもらった。
しめて13万円ちょっと。
もう、ボディーペイントもハゲハゲだし、そろそろ考えんといかんのだろうけど、なかなかプジョー106に替わる車がない。
混くらいの車をつくってくれんかのう…。

夕方、スケートリンクをのぞいてみたが、めちゃ混み。
立っているだけ状態だったよw
posted by 大黒屋 at 23:56| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

初スピード

DSC_2334.jpg
今年初のスピードスケート。
4日に初滑りは終えているのだけど、スピードスケートは今年初。
昨年の12月17日が最後のスピードスケートだったので、実に3週間ぶり。

スピードスケート用にしめてあって、固い氷がおっかない。
固い氷だからこそでるスピードに体がおいていかれる。
おまけに正月休みに食っちゃ寝をしていて、ぶよって筋肉を落としたので、わずか数周で足が上がる。

今月スピードスケートのマスターズがあるらしいので、みなさんがんばっているが、私はヘロヘロだ。

昨日、新しく教えてもらったのが、靴ひもの締め方。
スケートリンクの貸し靴コーナーには、だいたい靴ひもの締め方が表示されている。
しかし、今使っているスピードスケート靴は、貸し靴と違って、熱成形されているので、あしにピッタリあうようになっている。
その状態で、形の崩れている貸し靴と同じようにぎっちぎちに靴ひもをしめると、足が腫れて、滑走して乳酸がたまった血液が循環できず、疲労物質を除去できないのである。

なので靴は、かかとをきっちり固定して、足の母指球のあたりと足首を緩まないようにきっちり締め、土踏まずあたりは疲労物質で腫れやすいので、靴のなかでフリーに動くようではダメだが、ゆるくしておかないといけないらしい。

最近、自転車業界でも熱成形シューズがでているが、確かに足の甲がキツくしめられる仕組みにはなっていないような気がする。
なるほどなー、と思うと同時に、いろんな靴のはき方も工夫が必要だと思った。
posted by 大黒屋 at 08:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

暖冬

DSC_2326.jpg
早くも梅が咲いたらしいが、昨日歩いた渋谷の街ではまだイチョウが黄色い葉をつけたまま。
新幹線で通った富士山も山頂の雪がほとんど見えない。
ホント異常気象である。

実は昨年末から、目がかゆくて鼻がムズムズする。
ひょっとしたら花粉症じゃなかろうか、と思ったが、同じような感じをもっている人が数人いた。
おそらくすでに花粉が飛んでいるのではないかと思う。

難局越冬隊の砕氷船しらせが着岸したとか。
氷が厚く苦戦したというが、実際のところ、南極の氷が溶けて、大陸から氷が滑り落ちて氷山の範囲が広がっているため、砕氷しながら進まなければならない距離が伸びているともいわれている。

環境問題はどうしても政治問題となるので、あまりいいたくないが、なんか今のままでいいのかな? と思ってしまう。
ま、私自身資源の無駄遣い男なのでなんともいえないが。

今年は正月から飲み続けだ。
元旦は普通に親父とビール。
二日は親族会合で飲み。
三日は前職の会社のOB会。
4日は休肝日
5日は現職の会社の新年会
昨日は新年のあいさつ回りで、帰りに上司と飲み。

トイレが近くて夜中に目が覚めるし、そろそろ打ち止めにしないとな〜。
仕事もしないといかんし。
posted by 大黒屋 at 08:32| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

仕事始め

DSC_2332.jpg
1月5日は仕事始め。
1月4日に仕事始めの準備をした。
その一つが自転車の補修。
チェーンが歯飛びするので、張りの調整をしようとしたのだ。

要領的にはピストのチェーン張りと同じであるが、スタンドや泥除けがあるので、工具が少し入りづらい。

そして、さあ引くかと10mmレンチを使ってみたが、チェーンが引けない。
よく見たら、チェーン引きがいっぱいの位置まできていて、これ以上チェーンを引くことができなくなっていたのだ。

これはチェーン交換しかないだろうと思い、自転車屋に行くことにした。
うちにはピスト用とロード用のチェーンの予備はあるのだが、使えないし、使いたくないし。

自転車屋にいくと人がいない。
まだ正月休みか? と思って引き上げようとすると、遠くのほうから「ちょっと待って!」という声が。
よく見ると、自転車屋のオヤジであった。
どうやら犬の散歩に出かけていたらしい。
「店に入って待っていてくれ」とまた遠くからいってよこすので、電気のついていない暗い店内で待つことに。
自転車屋のオヤジはそれから5分ばかりして帰ってきた。
どう見ても5分もかかる距離ではないので、犬があっちこっちにウロウロしたのだろう。

新品チェーン 4000円
チェーン切り 2000円
とのお見積もり。
「チェーンのみを新品にしてもチェーンリングとスプロケも減っているから、新品チェーンにするなら、全部替えたほうがいいよ」などとおっしゃる。
それはカネがかかるな…。
チェーンリング、スプロケ交換はママチャリは非常に面倒くさいこともあり、オヤジもやりたくなさそうだ。

ってなことで、チェーン切りを選択してしまった(弱い
二コマほどつめてもらった。

が、よく考えればチェーン切りなら自分でできるわけなので、自転車屋に行く必要はない。
チェーンを新品にしてもらうためにわざわざ自転車屋にいったのに、それを忘れていた(^^;)

それにしても、このママチャリ、外保管であることもあるが、約4年で結構ボロボロである。かといって捨てるのも忍びない。
ま、次の異動まで使うか。

今のところなにもないけどね。
posted by 大黒屋 at 08:37| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする