江戸川左岸を中心に自転車に乗る日々

2015年08月31日

閉鎖ラッシュ

DSC_1930.jpg
店舗の閉鎖が止まらないわが家の周辺。
先日、オートバックスにジャンプスターターを買いにいった。
オートバックスは中古本屋、デニーズなどと共同敷地のなこにある店舗ビルである。

このなかにもう一つ、ゲームセンターみたいなのがあった。
入ったことはなかったのだけど、いつの間にかつぶれていた。

かわりにできたのがカフェ?
結構広いガラーンとした倉庫みたいな感じなのだが、そこがセルフのカフェになっている。

そしてそこに、ボルタリング、クライミングの設備がある。
クライミングはトップロープ式で、ビレイヤーは不要であるので、ひとりでもできる。
もう一つはスケボーコースになっている。

どれをとっても中途半端感がぬぐえないが、もうかるのかね?
どれをとっても子どもには難しそうだし、駅前ならいざ知らず、大人がなかなか会社帰りに立ちよりそうな場所でもない。
こどもが比較的に多い地域なので、広い喫茶店もいいのだが、集客には苦しみそうな気がする。

さあいよいよ8月も終わり。
期があけたらどうしようかな。
posted by 大黒屋 at 08:30| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

夏の終わり

■8月28日金曜日

20150830.jpg


練習しました!
ローラー120回転で30分。
30秒もがき3本!
ちょっと脚が回るようになってきたかな。
心臓も少しラクになってきた。
今週は2回乗ったから、やはり回数が重要なのだろうと思う。

■8月29日土曜日

2015-08-29 16.15.42.jpg


プジョー106が壊れた!
本日は、スケートにいこうと思い、用意をして車に乗り込んだが車のエンジンがかからない。
セルモーターは回っていると思うのだが、エンジンがかかろうとしない。
前に車を動かしたのは8月20日木曜日。
9日ほど止めておいただけなのだが、ぐずることはあっても、まったくかからないというのははじめてだ。

とりあえずこの日はあきらめて、どうするか考えないと。
バッテリーの問題だけならジャンピングスターターでかけられるのかもしれないけど、スパークが飛ばないとかECUとかの問題だと、日本のディーラーでもっとも不評なブルーライオンに持ち込まないといけないのが憂鬱だ。
とりあえず、ジャンピングスターターを買ってきたので、今週木曜日くらいに試してみることにしたい。

■8月30日日曜日

2015-08-30 15.06.20.jpg


いよいよ8月のドーム最終戦!
プロ野球も泣いても笑っても本シーズンはあと1か月。
阪神が1位を独走しはじめているので、何とか引き止めなければならない。

2位ヤクルトと首位阪神が試合をしているので、巨人は中日を3タテするのみである。
しかし、2連勝で迎えた3戦目。
さすがに3連勝は…っていう感じもする。

「このままじゃ、10月に仕事がなくなっちゃいますよ」
とは売り子さん。

いやー巨人がんばってよ。

試合は田口と若松。
巨人は新人田口の好投に報いることができていないここ数回の日曜日。
本日は、ストライクボールの出し入れが結構ボールになって序盤からしんどい投球が続く。
個人的には捕手の小林のテンポもあまりよくない感じもするけどね。

そして田口が3回につかまる。
慎重にいった結果のフォアボールが原因でランナーをためてしまった。
内野ゴロで1点取られたあとに、阿部ちょんの緩慢なプレーででチェンジを逃し、それが結果的に3ランホームランを引き寄せ、この回1気に5点取られてしまった。

はぁ〜現在の巨人打線では…。

と思ったら、なんと片岡のホームランに続き連打! 連打! 
一打同点のしびれる場面で出てきたのは、なんと隠善!
今年初めてらしいが…。
プロ野球というのは調子がいい選手を上に上げる。
調子がいいからすぐ使う、というふうになっているから、原監督も使ったのだろう。
ここで隠善タイムリー!で同点!

5点取られたら、裏で5点取り返すというミラクルな試合となった。

田口はすぐに降りたけど、田原、宮國がよく投げたな。
これでなんとか上位3チームのなかからは脱落しないで済んだ。

巡業のヤクルト戦でなんとかヤクルトを沈めてしまいたいね。
昨年は広島を巡業試合でたたいたことがヴィクトリーロードになったわけだしね。
最後まであきらめないで欲しい!
posted by 大黒屋 at 23:55| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

アドバイス

スクリーンショット 2015-08-28 2.38.06.png


これが先週のスケート練習。

■前々回の練習

スクリーンショット_2015-08-02_7_15_59.jpg


■前回の練習

スクリーンショット_2015-08-28_2_37_47.jpg


デジカメのビデオモードの撮影のキャプチャーなので、画像の悪いのはあきらめたい。
今年の2月終わりからはじめたスピードスケート。
なかなか簡単にそれらしくはならない。
スケートというのは、なにせ自然にはできるようにはならないスポーツの一つだろうと思う。

最近は道路や公園もキャッチボールができるところはない。
そのため、ボールが投げられない大人も多い。
なので、実は野球なんかも昔と違って、誰もができるスポーツではなくなっている。


さて、自然にできるようにはならないスポーツはどうすればできるようになるか?
これは教えてもらうしかない。
スケートのフィギュアはある程度教えることが商売として成り立っており、スケートリンクには必ず何人かの先生がいて、生徒を待ちかまえている。

一方、アイスホッケーやスピードスケートはそうはいかない。
ほとんどの場合、スポーツ少年団に所属してはじめて、やり続けるというのが流れのようだ。
ましてや大人がはじめるチャンスはなかなか手に入らない。
アイスホッケーの場合は、初心者でも受け入れてくれる草チームがあればいいけど、なかなか難しいと思う。
教えるほうも、商売でできるわけてはないので、無垢な子どもに教えるのならまだしも、いろんな先入観などに凝り固まり、教えたことができない大人に教えるのは非常に面倒くさいだろう。

てなわけだが、アクアリンクちばのみなさまのおかげで、徐々にではあるが、スケートらしくなってきた。
教えてくれる方々もさまざまなたとえを引いて教えてくれる。
しかし、なかなか、自分は自分で生きてきた感覚があり、自分ではいわれたとおりにやっているつもりだが、実際のところかなりの確率でできていないことが多い。

さらに始末に悪いのが、ビデオに撮ってあとからみても、なかなかどこがおかしいのか、どうなおしていいのかわからないということだ。

前回の練習会で、千葉県スケート連盟の強化部長に、リンクの上でははじめて少し教えてもらった。
いくつかのアドバイスをもらったのだが、そのなかに自分の身体にわかりやすい言葉があった。
その結果が、上の2枚目と3枚目の違いである。

スケートはブレードの向きとひざの向きと顔の向きが一致しなければならない。
これができないとまっすぐでも転んでしまう。
たが、これは頭でわかっていても、実行するのは難しい。
というより、自分ではそこそこできていると思いこんでいた。

前回の練習のときに、部長のアドバイスのあと、急によくなった、といわれ、さすがは強化部長だ! というはなしになったのだが、自分としてはどうよくなったのか、よくわからなかった。
昨日、ビデオをチェックして、なにがよくなったのか、ようやくわかったという次第。

普段、私はコーナーで上体が内側に倒れているらしい。
ハングオフしたリーンインになっているのだ。
これだと、ブレードに力がきちんとかからないので、安定しないし、スピードもあがらないのだ。

ということで、現在、修正練習中なのである。
posted by 大黒屋 at 08:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

雨練習

DSC_1922.jpg
実は夏期休暇で、夜のタワーオブパワーのライブ以外は1日中家にいた。
ホントはいろいろ予定をしようとしていたのだけど、雨で洗濯が干せなかったり、駅まで自転車でいくのが面倒くさかったりして、何もしなかったw
でも一応ローラーには乗った。

なんと、久々ということもあり、ガーミンの電池が切れていた。
まあ、時間のほうはスマホで計算できるのだが、ケイデンスがわからない。
レースはともかく、トレーニングでサイコンが使えないのは致命的だ。
ま、とにかく30分だけ。

今年は回転練習をキチンとやってないので、負荷をかけてよいものか迷う。
しかし、10月の県民体育大会まで1か月ほどだから、ちょっとは負荷をかけてもがいておかないとな。

それにしても、大会日程が、まだはっきりしないとか。
勘弁してほしい。

昨日、家にいたせいで、元自民党のM議員の会見を一部始終みてしまった。
値上がり確実な未公開株とか、秘書口座とか、リクルート事件を彷彿とさせるな。
リクルート事件のころは、私は学生だった。
消費税導入や年金の学生への支払い義務づけなど、国民負担が増える傾向に変化しつつあった。
バブル経済で華やかではあったけど、実際のところ、日本の斜陽は始まっていたんだろうな、と今になるとわかる。

そういや、東京ドームの推し売り子ちゃんは20歳らしい。
95年の生まれであろうから、バブル経済が終わったあと、リストラ地獄の始まりのころに生まれているわけだ。
バブル経済といわれても、歴史上のてきごとで、私たちがあまり想像がつかないオイルショックみたいな感じなんだろうな。
posted by 大黒屋 at 08:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

タワー・オブ・パワー

2015_08_26_21_33_38.jpg
別にとらなくてもよかったのだけど、夏期休暇を消化。
夜にタワー・オブ・パワーのライブを観にブルーノート東京に行ってきた。
タワー・オブ・パワーは昨年に引き続き、連続。
今年は、ドラムのデビッド・ガリバルディが来ていなかったが、ベースにロッコ・プレスティアが復帰していた。
(・∀・)キター!

おまけに席が一番前ときたものだ!
うおー! すげー!
という感じ。

今年は「限りある世界」をやってくれた。
実はこの曲、めっちゃ好きなのだが、生で聴くのは初めて。
いやーもう最高だった。
この曲はやはりベースはロッコだよね!
指板のうえを手が流れるように動く動く。

やはり、宇宙一カッコいいファンクバンドだわ。

今年で47周年たそうで、もうメンバー全員、おじいちゃんだが、元気な限り日本にきてほしいね。!

セットリスト

20150827tower of power.jpg

posted by 大黒屋 at 23:45| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

閉店

2015_08_23_15_01_35.jpg
近所の小規模ショッピングセンターのヤマダ電機が閉店することになった。
一応、「店舗移転のため一時閉店!」と書いてあるが、「移転先とその開店時期までは指定していない」。
つまり、このまま1店舗消えるだけということもありうるということ!
ちなみに修理などは既存店である南行徳店で受け付けてくれるそうだ。

ここのヤマダ電機はイマイチ品揃えが悪く、店舗ならではの、来て見てさわって買う、というのが難しかった。
今のご時世、今すぐに持ち帰りたいものでなければ、通販に食われてしまうので、小売りはなかなか大変足ろうな。

それにしても先月、書店が閉店して、さらにヤマダ電機まで閉店すると、当ショッピングセンターも廃墟化しそうだ。

日曜日にコナミにいって、少し筋トレをしたので、身体が筋肉痛だ。
最近あまり運動、とくに持久系の運動をやっていないので、体重が上昇に転じている。
数百グラムという単位なので、結構見落としがちというか、「このくらいは誤差の範囲」と思ってしまいがちだ。
確かに一回ちょっと増えているくらいなら問題ないと思うが、数週間にわたり、同じ曜日の同じ時間帯に計って連続で増えているという場合、層か傾向にあると考えてよいだろう。

ちょっとふんばらねば、と思うが、東京に出てきて、岐阜にいたときみたいに毎日運動をやっていないと、筋肉痛になりやすく、またそれが連続運動を行うことをさらに阻害する。
結構、軽くでいいから毎日運動、というのは難しい。
ということで、運動を続けている人は、なるべくリズムを崩さないことが重要だと思う。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

夏祭り

DSC_1919.jpg
昨日は、近所のショッピングモールで盆踊り大会があった。
なかなか狭いところに屋倉を建てて、ごみごみした感じになっていた。
私はコナミに運動をしにきただけなので、自転車置き場がなくなったりしていて、ちょっと面倒くさいイベントだなという感じ。
しかし、先日、実家に帰ったときに、姪っ子を遊ばせるために、じじばば、母親とみんな苦慮していた。
子どもは結構いろんな遊びをほしがるのだけど、大人はなんていうか、なにして遊んだらいいか、なかなか思い浮かばないよな。
なので、ついおもちゃに費やしたりだったり、イベントにおしよせたりしてしまうのだろう。
最近は子どもが少なくて、子ども同士で遊べないしね。

てなことを思ったが、土曜日は仕事で相模大野まで行っていたし、なかなかしんどい。
オマケに会社としては年度替わりなので、目標とかたてさせられる。
つーか「できるはず」とかなんの根拠よ? っていう感じ。
われわれのような中途の人間は、育成人材ではなく、ある業務をさせるために採用された労働者だから、それとは違う業務の適性を求められても困るんですけど…というのが正直なところ。
まーサラリーマンなんで、できないとはいえないけど、結果が残らなくたって、私のせいではない。
私が異動になったときに、労働組合が適正のない人間をなんでそんなところにいれるのか、と会社につめよったくらいらしいから、人事の誤りは会社の誤りだ。
そんな感じで、今年はなんとかやり過ごしたいね。

先週はジュニアトラックせかいせんしゅけんでのMINOURA大垣レーシングの橋本選手の銅メダルに続いて、さのっち選手が岩手県で行われたプレ国体、都道府県対抗のケイリンで優勝!
今年で国体は最後にするといっているけど、強い!
国体本番も楽しみにしたいね!
posted by 大黒屋 at 08:44| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

ついに…

DSC_1916.jpg
UCI世界ジュニアトラックレースで、われらがMINOURA大垣レーシング・橋本優弥選手(岐阜商)もメンバーとして走った女子チームパシュート日本チームが3位銅メダル!
タイムも4分39台とすばらしいものだった!
リオデジャネイロは難しいにしても、東京オリンピックでは確実に代表争いをする選手たち。
まだ、自転車競技はUCIが有明でやれ、といっているらしいので、会場はどこになるかわからないが、非常に楽しみだ。
それにしてもアルカンシェルを着たニュージーランドチームの選手はごっついな。
あどけない感じではあるなんだけどね。

昨日はスケートに行った。
帰りに著者さんのところによったので、時間ギリギリに間に合った感じ。
昨日は、千葉県強化チームのコーチに初めて氷上でのコーチを受けた。
時間にして5分ほどではあるが。

「あなたにはコーナーの入り口の左足に重大な欠点がある」
とのことだ。
え!? マジで!

実はコーナーに入るときに、リーンイン、つまり上体が腰下より内側に倒れているというのだ。
そうすると、上体と下半身の向きがバラバラで、不安定でかつ、推進力がない、ということになっているらしいのだ。
posted by 大黒屋 at 08:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

ビッグイニング

1439982747563.jpg
“エース”内海と阪神のエース能見の投げあいで試合開始。
夏の終わりの首位攻防…、負けるわけにはいかない。

しかし、内海で大丈夫なんか?

私のうしろに座っていたオヤジたちが玄人阪神ファンで、なかなか的確な解説をしやがる。
イライラしながらみていると、三回になんと、内海が本塁打二本連発をくらう!
うしろのオヤジたちは、「コレは3連発でゆうしょうやで!」と85年の呪縛がまだとけていないようである。
そして、次の打球が上がった瞬間、うわーっヤバい!
阪神ファンは狂気した。
ホントに3連発か! と思ったがフェンスにあたり、3連発は逃れた。
3点目を失い、次の回にまたもや打ち込まれ、内海KO。
もはや、内海に“エース”という呼称はふさわしくあるまい。

これまでの今シーズン、投手はがんばっているが、打線がダメな闘いとなっており、それは数字が表している。
序盤に3点…。
しかも、“エース”さまが連打を食らっての3失点である。
相手は阪神のエース能見…。
球場内に、「また、負けパターンか…」とため息が流れる。

ところが、ところが
なんと、5回裏の巨人の攻撃が打者二巡まであとひとりという猛攻!
大量1イニング12点という驚くべき得点を上げたのだ!

いやー、お盆休みは終わったばかりだけど、盆と正月がいっぺんにきたようなお祭りイニングであった。
(・∀・)

終わってみれば、阪神は3回のみ、巨人はビッグイニングの5回のみしか点数が入っておらず、全体としてみると大味な試合だったが、伝統の一線でこの快勝は気持ちがいい。

この日、試合開始前の始球式に登場したのは、なんとランディ・ジョンソンとルイス・ゴンザレス!
昨日のニュースでランディ・ジョンソンが野球教室をやったとの報道があったので、もしやと思っていたのだが、本当に東京ドームに来るなんて!
横に並んだアンパイヤが胸の高さまでしかなく、とにかくデカいのひとことだが、全身からあふれる元大リーグナンバーワン投手のオーラはすばらしいものだった。
posted by 大黒屋 at 08:42| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

伊丹スカイパーク

大阪空港離陸.jpg
月曜日にいってきた、伊丹スカイパーク。
結構目の前を着陸機や離陸機を通り過ぎていく。
巨大な飛行機が周りの風を圧倒して突き進んでくるさまは、ものすごい迫力である。
それが、昨日貼りつけた動画だ。

伊丹空港は、昨日の動画の通り、夏場に強い南風がたまに吹くことがあるか、それ以外の日はほとんど、北西方向に向かって離陸・着陸する。

しかし、それにしてもこんな飛行機を間近で眺めるスポットができているとはね。
そして、こんなそばで飛行機の離陸する姿を見られるようになっているとは、伊丹空港の騒音訴訟のころと比べると隔世の感がある。

伊丹空港の飛行機は上の図のSTART地点からフルスロットルで滑走をはじめ、離陸すると、目の前に迫る宝塚の山を避けるように、大きく左旋回する。
そして、東行きは奈良県の飛鳥か滋賀県の大津、西行きは左旋回のあと再び大きく右旋回して芦屋から明石に向かっていく。

私が川西市に住んでいたころは、野球の試合を上の地図の上の方の河川敷でやっていた。
今から35年ほど前のことである。

そのころの飛行機はターボファンエンジンではなかったため、とにかくエンジンがものすごいやかましく、雷のような音がした。

上の図のSTART位置に飛行機がやってきて、離陸のためにスロットルをあけはじめると、全開にする前に野球場でエンジン音が聞こえるのである。
そうするとタイムがかかるのだ。
音がうるさくて、なにも聞こえなくなるため、危ないというわけだ。
特に昔は、国際線が飛んでいたので、離陸滑走が長く、なかなか高度が上がらないため、離陸してきた飛行機が左旋回を終えようとするころまで、タイムが解けなかった。

もちろん、伊丹スカイパークなんてものはなく、防音壁があっただけにちがいにい。

なにがいいたいかというと、飛行機の進化はものすごいということだ。
飛行機が離陸しようとしているのに、滑走路の真横で、鳥や子どもの声が聞こえる時代になるとはね。
70年代にこのあたりに住んでいたものとしては信じられない気分だ。

空港騒音問題は難しいものがある。
しかし、科学技術の進歩が争いを解決に導くことがあるのだと思う。
posted by 大黒屋 at 08:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

帰宅



帰省から戻ってきた。

月曜日は伊丹スカイパークに行き、飯でも食おうとして、母親である妹が姪っ子を怒らせが姪っ子が大泣き! 
収拾がつかなくなり、実母(姪っ子の祖母)がぶち切れ。
やむを得ず伊丹のイオンまで車をしばらく走らせ沈静化を図る…。
ま、雇われドレイバーでよかった…。

妹の旦那は、今年の春から香港在住で、香港事務所と杭州の事務所を往復している。
妹も5月に香港に引っ越しているのだが、なんせどうみても海外在住、とくにアジアでは不向きな人物である。
旦那もまだ仕事が慣れずプレッシャーも高い。

ということで、妹はレスパイトのため2か月ほどで帰国w
3週間ほど居着いている。
祖父母(実父母)が若ければまだマシなのだが、両方とも70代半ば。
体力が衰えているので、孫扱いにへとへとである。
一方妹は「せっかくレスパイトのために帰国したのだから!」と娘(姪っ子)を祖父母に預け、友人とランチ、お買い物など、お出かけ三昧である。
ま、このような実娘のふるまいに、実母の神経を逆なでしており、家の中は爆発寸前であるw

そんな実父母(姪っ子の祖父母)のレスパイト・緩衝材のために、ご長南様の私が、とりあえず3日ほど帰っていたというわけだ。

1日目
妹(姪っ子の母)友だちのランチでおらず。
妹の命令で、「姪っ子をどこかに遊びにつれて行っておけ」と←ヒドイw
前回帰ったときに姪っ子に人見知りされたので、慣らし時間を設けたが、姪っ子が前回遊んだ記憶があるようで、すんなり遊べるようになった。
準備万端ということで、しょうがないので、父(姪っ子の祖父母)とともに姪っ子を車に乗せてドライブに。
しかし、車に乗って20分ほど、もう少しで目的地に着きそうなところで、姪っ子は寝てしまったw
こりゃ、「今おこしたらあかんやろ」ということで、そのまま引き返し。
家に帰ったら、姪っ子は一眠りしたので超元気になり、夜まで遊びにおつきあいする…。
個人的にはまだ3歳だし、お昼寝をするクセをつければ、夕食が近い時間につかれてきて、ご飯が集中して食べられないなどの状況が避けられそうな気がするのだが…。
保育関係の書籍をつくっている私以外のうちの一家は実は保育所というものを知らない。
なので、姪っ子に昼寝をさせるという週間を知らないのだ。
成長にはいいと思うので提案したのだが、まったく受け入れられなかったw

2日目
父仕事のため、私が車を運転して妹、母、姪っ子でお出かけ。
妹のたくらみでは、1日目に父と私が姪っ子を遊びにつれて行って、2日目は姪っ子は私に遊ばせておいて、自分はゴロゴロしようと思っていたようだが、あいにく1日目が遊ばずに帰ってきてしまったので「なにやってんねん!」と怒られ、次の日も車を運転して姪っ子をあやすドレイバーになってしまった。

プランではスカイパークから市民科学館で食事の予定であったが、スカイパークの遊具が6歳以上向けで、3歳の姪っ子にはちょっとムリだった。
おまけにスカイパークには軽食屋はあるのだが、座って食事をする場所がないので引き上げた。
ちなみに姪っ子は飛行機にはまったく興味を示さなかった。

そしてどこかファミレスに入ろうとしたところで、姪っ子が写真を見せろといったが、その写真が出てこなくて、姪っ子が怒り出して大泣きし止まらなくなった。
まーこの日は涼しいとは癒え28℃くらいはあったし、公園で走って疲れていたのだろう。
爆発とはこういうことなのね。
正直、涼しい座席に座り、水でも飲めば復活しそうだが、「こんなんで店に入られへんで」という実母と「こうなったらもうとまらへんから、親のペースで飯食おう」という妹の意見が対立し、母子げんかがはじまった!
母子げんかは何十年も見ているので、これが一番うんざりだわ! と長男として申し上げたいw

泣きあばれる姪っ子を車から降ろし、あるかせてみたが、衰えないので結局車に戻った。

そしてイオンに移動。
駐車場に車を止めて、姪っ子を乳母車に乗せると機嫌が直った。
そして飯も食べることができた(ホッ
いやーこのまま帰ったら、マジで大人は飯抜きだよ…。

それからトイザらス。
姪っ子のおもちゃの部品を買うのだが、昔からおもちゃ売り場は子どもの聖地だからな。
レゴに夢中になって時間がすぎる。
レゴの周辺ではほかの子どもたちも遊んでいる。
目の前にいる男の子の兄弟の弟が飽きてきて、暴れはじめた。
するとお兄ちゃんが、弟の動きを力で引き止め、親のほうに連れて行った。
そう! お兄ちゃんは大変なんだよ!
弟よ! 妹よ!

私が姪っ子を見ているあいだ、母は夜の食事の買い物、妹は別の買い物…。
保父さんになってしまった。
姪っ子の興味はあれこれ移るが、親の方針もあるし、うかつに買ってあげるわけにはいかない。
「おじさんはこれはにあわないとおもうな」
「えーでも欲しいと思うの、買ってあげて?」
まだ、日本語が完璧ではないので正確なお願いではない。

「ちょっと疲れた」ということばを聞き逃さず、「じゃあ乳母車に乗るか?」と、すかさず姪っ子を乳母車に乗せてトイザらスを脱出。
トイザらスはレジの前の商品もレジをぬけたあとも気が抜けない。
レジを通過したら、ガチャガチャ通りになっていて、あちこちで親のサイフから小銭が吸い取られていたw
こちらは乳母車を押しているので、じわじわスピードを上げ、姪っ子の目では、まだガチャガチャの中身がわからない程度の速度で抜けた。
姪っ子が2、3回「あれーほ…」と指を差そうとしたが、無視キャピー♪
トイザらスを脱出した。
いやーそれにしても、レジの前にあれだけガチャガチャが列をなしているとは、恐ろしい商売だ。

いやートイザらスでずいぶんかかったなと思ったが、妹の自分の買い物が終わっていない。
はぁ〜

ま、女3人対男1人で買い物に来るって、ホントアホだよな。
女どもの買い物なんかすぐに済むはずがないよね。
結局イオンに4時間ほど居座ることとなった…。

そして何とかほうほうの体で車を運転して帰宅すると、妹の高校までの同級生が、ぶらっと遊びに来たといって家の前に来ていた。
姪っ子は祖父と私で降ろし、妹が戻ってくるまで姪っ子のお守りである。
母は飯の支度をしてくれながら、何もしない妹にブリブリ怒っている…。

まーそんな感じの2日目

3日目は昼飯時にテレビを姪っ子に見せる見せないで、母妹が大げんかw
ま、これはもう妹の家の方針でやってもらうしかないけどの。
とりあえず、私はテレビは関係なしに、ご飯を食べさせることに集中した。

昼食後に今度が妹が歯科医にでかけたw
母が、また、おしつけて! とお怒りだが、ここは私の出番で、姪っ子を遊ばせる。
なかなか子どもにウケるというのは簡単なようで難しい。
3歳だと、ちょっと難しいことはよく理解できないので笑いにつながらないのだ。
なんだかんだで3時間程度遊ばせ、帰り支度に入った。

しかし、一人のお孫さんを全員で寄ってたかって遊ばせている感じだ。
幼稚園に入ったので、おそらく次に会うときは、もっと成長しているだろう。
もっと面白いことがありそうだが、コミュニケーションが進めば進むほど「ほしい」「いや」がはっきりしてくるかるからなー。

より大変になっているカモだ。
posted by 大黒屋 at 23:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

保育士として

2015_08_17_16_06_45.jpg
本日は帰省二日目。

甲子園の高校野球も準々決勝ということで、見に行ってやろうか? などという計画は立ててみたが、予定通り子守になったw
ま、妹と高齢者夫婦のレスパイトだと思えば…。

姪っ子も3歳となり、さすがに赤ちゃんではなくなった。
足どり、手の動き、ことば、すべてそろいつつある。

子育て経験がないのであれだけど、ことばを覚えると「イヤ」といえるし、いいわけもできるようになるんだな。
前にあったのは、ゴールデンウィークだったけど、確実に手強くなっていたw
ま、それでも会話ができるようになるというのは、楽しいことだ。

妹夫婦もお祖父さんお祖母さんも大変だが、成長を楽しみにしている。
posted by 大黒屋 at 23:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

夏?summer

DSC_1855.jpg
金曜日に夕飯を食べに秋葉原まで歩いた。
目当ての牛タンねぎしがなくなっていてガッカリ。
しょうがないので、どこか探すか〜と思ったが、とにかく異常なくらい人が多い!
なんだこりゃ、と思ったら、今週末は、東京ビッグサイトで、コミックマーケット、通称「コミケ」があるらしく、それっぽい人、荷物をもった人が大量に秋葉原になだれ込んでいたのだ。

日テレNEWS24によれば、イタリアやスイス、ドイツといった外国、それも欧州からも日本のコミケに来ているのだそうな。
秋葉原は最近、中国人に占拠されている感じがあるが、今週末は欧州からのコミケ参加者と思われる若者が多かった。
ま、彼らは爆買いしないので、秋葉原のお店はあまりいいお客さんとはいえないかもだ。

それにしても、今の秋葉原は少なくとも、英語、中国語がそこそこできないと、仕事にならないな。
中国語も北京語と広東語があり、秋葉原は結構、広東語が多そうだ。
北京語と広東語の違いを、妹がダンナの転勤で香港に移住したので初めて知った。
標準語と大阪弁の違いどころではなく、違うことばといえるくらいで、お互いに会話ができないと思えるような差がある。
まぁ2000年くらいさかのぼれば、外国なわけで、欧州でいえば、ドイツとフランスみたいなものだものな。
私は大学の第二外国語が北京語だったので単語くらいわかるかとも思っていたのだが、秋葉原に来る中国人はかなり南の人が多いような気がする。
まあ。生きていくためには、なにかやらないといかんかな。

お盆休み期間中に、伊豆CSCでジュニアオリンピックが開催されている。
わがMINOURA大垣レーシングからも二人が参加している。
そんななか、女子ポイントレースであいなちゃんが優勝したらしい。
いやーなんか、ここ数年で時代が変わっちゃったね〜。
強いオジサンたちは、強いままなのだろうけど、若い人たちが公式戦に出られる年齢になり、そして結果を残すようになったんだな〜、と感慨深い。
もう1人参加したゆうやくんも、まだ中学生だが、タイムをみる限り、正直、私では勝てないレベルになっている。
あんなにちっちゃかったのにな。
しかも写真を見ると、めっちゃイケメンになっているし。
アニキよりモテるだろう、きっと。

てなわけで、楽しみなことである。

日曜日は実家に帰省。
姪っ子にまた人見知りの懐柔からはじめなければならないのが面倒くさいが、高齢者は大変そうだから、ちょっとはかえってやらないとね。
posted by 大黒屋 at 08:17| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

こじれ

DSC_1881.jpg
私の担当巻ではないがこじれてしまい進まない書籍がある。
私も進んでいない巻があるが、なかなか難しい。
新規参入というのは、市場に売り込みをかけるのが難しいだけでなく、制作するのも難しい。
商業的にいえば、売り先が見つからないと同時に仕入先も売ってくれるところが見つからないようなものだ。

仕入先というのは私たちの場合、著者さんであるのだが、今まで著者さんの事績に貢献していない、また、分野的にこれからも著者さんに貢献してくれるとは限らない、ということであれば、仕事としてはプライオリティ(優先度)は低い。
ましてや、そこに感情的なもつれが発生すると、もうこれはお願いしても難しい。
創作活動というのは、基本的に著者さんのモチベーションがすべてであり、編集屋がそこを維持できないと進まないのである。

はー
ということで、つらい夏となってしまったわが部署である。
来年はマジで解体になりそうだね。
ま、メンテナンスだけであれば人数はそれほどいらないだろうが。

昨日はローラー。
いつも同じ写真でスマンこって。
負荷なし三本で120回転30分。
今のところこれだけしかやっていないが、負荷をかけるか、回転をかけるか…。
まずは回転だろうな。
朝、通勤時に駅までママチャリに乗っているが、ローラーやった次の日は全然ママチャリの進み方が違う。
普段のペダリングが悪くなっているのだろう。

お盆休みに入ったが、うちの会社は休みではない。
電車がすいていて、通勤も座れた。
来週前半にちょっと実家に帰ってこようかと思う。
高校野球でもみにいくかなー?
posted by 大黒屋 at 08:28| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

マイコラスさまさま

DSC_0002.jpg
昨日もしょうこりもなく東京ドームへ。
プロ野球選手としての矜持があればいつかは勝てる…という思いを胸にスタンドに座る。
ちなみに一塁側内野席の売り子ちゃんが売上落として、順位も落としていた。
2年ほど前にいた売り子ちゃんもそういや、今の時期まったく売れていなかった。
夏休みで子どもが多くなることもあるし、ここ数年の傾向として、原ジャイアンツは、交流戦で貯金を稼ぎ、8月にいき切れをして、9月になんとか踏みとどまる…、というパターンで優勝している。
なので、8月の試合は巨人ファンにとってはおもしろくない試合が多い傾向にあり、三塁側のほうがスタンドが元気で売れたりするのだ。

2年ほど前にいた売り子ちゃんは、ほんと8月のこの時期は売り子ヲタまわりだけをしていて、われわれもすごく飲まされてしまったことを覚えている。

その古売り子ちゃんも昨日は見に来ていたとか。
留学するとかいっていたが、無事に帰ってこれて何よりだ。
来年卒業かな?

それにしても、昨日はマイコラスさまさま。
DeNAにつけいるすきをまったく与えなかった。

巨人のチーム打率は最下位であり、2割5分にも遠い状態である。
なので投手、それも先発投手が7、8回まで0に抑えないと非常にきびしい。
先行できればいいのだが、追いかける展開では勝てる気がしないというのが正直なところだ。

それにしても4連敗後の勝利!
ひさしぶりに東京ドームのファンもうれしいタオル回し。
東京ドーム全体がスカッとした気分であった。

DSC_1871.jpg


昨日は品川に打ち合わせにいった。
帰りに品川駅まで来ると、ロケが行われていた。
階段にモブを配置し、カメラチェック。
巨大なカメラの位置を2度、3度と変え、レンズをあれこれつけかえたところで、女優登場。
だれだかわからないが、オーラが違う!
スタイルもバツグン。

そしてカメラリハ。
女優が階段から下りてきて、立ち止まる…約10秒くらいかな?
カットして、女優にスタイリストとメイクがかけよる。

映像チェック後、「本番いきまーす」
で再びモブたちも元の位置に配置され、「よーい、スタート!」
女優が階段を下りて立ち止まる…
約10秒くらい。
「カットぉ」
少し間があって
「はい、OKでーす」

10秒ほど撮るのに監督からアシスタントさんまで含め、30人くらいのスタッフ+モブエキストラ。
CM撮りかなあ、と思うけど、すごい人の数と地道な作業…。
どれくらいが採算ラインなのかわからないけど、これで儲けるのは大変に違いない。
posted by 大黒屋 at 08:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

陸トレ

DSC_1650.jpg
陸トレとはこんなやつである。
スケートというのは、氷のうえでやる練習だけではない。
というよりむしろ、とりあえず滑れるようになったら、陸上で形をつくり氷のうえで本番、というふうになる。
スケートは決してメジャースポーツではないが、競技の歴史は長く、ある程度基礎練習のしかたというのはできあがっている。
しかし、マイナー競技ゆえに基礎練習方法があまり知られておらず、資料も限りなく少ない。

競技レベルが低ければ低いほど、本や写真でみてもわからない。
手取り足取り直接コーチしてもらうか、動画を見るべきだと思う。
しかし、ネット動画はスピードスケートの場合、ほとんどが中上級者向けである。
オマケにスピードスケートの滑走は一般営業中は原則できないので、なかなかうまくならない。

私は、たまたま千葉県に住んでいるので、夜に月に2回は氷上練習をさせてもらえるので、体育会系でない人間としてはラッキーなほうだろう。
諸先輩がたに教えてもらえるしね。

それにしても、自分の体の動きはなかなか自分ではわからない。
毎回ビデオにとって、教えてもらった内容の意味の理解につとめようとしているところである。

ここにきて、ようやく陸トレの重要性を切に感じるようになった。
なので、ほとんど一般営業中には滑りにいかず、陸トレですませている。
そのほうが、上達が早そうだしね。

写真はその陸トレの一つだが、一枚の写真でみてもよくわからないと思う。
部活の筋トレの電気イスみたいなかっこうで、歩くと考えてもらいたい。
スケートをやらなければ、まず一生知ることがなかったであろう、特殊な動作だ。

世の中知らない世界が多いよな。
posted by 大黒屋 at 08:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

事件

DSC_1867.jpg
8月8日土曜日22時15分ころのことである。
突然、外でごぉぉぉ〜っという轟音がした。
何かと思って外に出てみると、近所の人たちが、何人か外に出てきていた。

そして、駐車場の前に警察の原付バイクが2台止まっていて、さらに消防のレスキュー車と救急車が赤色灯を点滅させて待機していた。
轟音がしたのが、高速道の方向からだったので、高速の陸橋に上がってみると、警らとみられる警官が2人歩いていった。

どうも何らかの事件があったように思われるが、市川エフエムのニュースやツイートでもなにもなく、何が起こったのかはなぞのままだ。

現在、近所は外環道の接続工事が行われていて、結構人が多い。
夜でもガードマンがいる日もあるし、ある意味安全な感じもするけど、実際のところどうなんだろうな。

本日の読売新聞に高校総体の結果がでていて、岐阜第一高校の山田諒くんが優勝していた。
おそらく東海地区のピスト愛好家の人は、知らない人はいないと言っていいだろう。
そのくらい小さいときから大人に混じって、練習を積んできたのだ。

この前の岐阜県選手権の役員をさせてもらったときに、ひさしぶりにみたけど、身体もごっつくなっていて、もはや別人である。
それでも、強豪ひしめく千トラ一発勝負でインターハイをとるというのは、すごいことだ。

十数年前のインターハイ千トラ優勝者は今なお現役国体選手であるが、諒くんには、さらなる高いところで、より長く活躍してほしいな、と思う。
posted by 大黒屋 at 08:33| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

酷暑のなかの寒い試合…。

2015-08-07 20.43.34.jpg
静かなる巨人スタンド



8月7日(金)は会社の人と野球を見に行った。
総勢8名w

実は今の東京ドームは転売屋がものすごく多いため、転売目的の購入を防ぐために、4枚以上はとることができない。
4枚ずつ2回とかもとれないようになっているのだ。
たまたまなのだが、今年は2つのルートがあって、4枚ずつとることができた。
おかげで、夏休みの広島戦、カープ女子もたくさんいるなか、なんとかチケットを取るということができて、面目が保てたというところだ。

しかし、試合があまりに寒すぎた!

先発はポレダ(巨人)対ジョンソン(広島)
戦前より、軟投手戦でぽこぽこ点が入るのじゃないかと思っていたが、なんと投手戦で9回終わっても0対0!
そして、延長12回、0対2で敗北。

しかも巨人は球団ワーストの1試合三振21!!!

詳しくはここ↓
http://carp-minpou.blog.jp/archives/39310091.html

息づまる投手戦なもんじゃなかった…。
これでは単なる貧打戦である。
はじめてプロ野球を観るという会社の人のお子さんの少年がきていたので、華々しい試合を期待していたのだけどね…。
なんつーしょぼい試合か!

そして土日も敗北で広島に三立てをくらった…。
昨年は9月の勝負どころで広島に三連勝して優勝をたぐり寄せたが、なんかペナントの勝負のキモとなりそうな三立てだっ。

ふぅ…。

ということで、みなさん自転車にがんばっているようだが、ぐったりして土日はゴロゴロしてしまった。
今週中に必ず送るといわれた原稿も来ないしね。
一応、日曜日はコナミに行って運動をしてきたよ。
スミスマシンがあいていなくて、筋トレが予定通りできなかったけど。

スケートの陸トレでちょっといいバランスが見つかった。
これでちょっと練習をしてみて、滑走でうまくいけばいいのだけど。
あーまた仕事がはじまる。
posted by 大黒屋 at 22:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

基幹

DSC_1789.jpg


なかなか、増収増益というのは難しいご時世である。
出版社は10年前と比べると超大手でも20%近く売上を落としているという。

基本的に売上が落ちるのは、既存のお客さんの流出と新規顧客の獲得が足りないということである。

前の私の職種では既存のお客さんの流出が最も致命的であり、力の入れ具合としては、既存顧客9対新規開拓1くらいの割合だった。
ま、建設業界だったので、与信的にみて販売可能な優良企業が至極限られていて、どこに飛び込んでもかまわない、ということではなかったからだ。
めったになかったが、突然電話をかけてきて、「おたくの商品を買いたいのだが」という企業があったりしたが、たいてい1年以内に信用情報が流れてくる。

そういう業界だったので、優良な既存顧客を奪われないことが、最も売上を落とさない方法である。
しかし、建設業界はどんなに優良企業でも数十年単位では企業が続かないという特徴もある。
手形商売なので、連鎖事故が不可避であり、優良企業が突然倒れることもある。
なので、常に新規開拓も続けなければならない。
が、与信が取れる企業を同業で奪い合っているので、浮気されないことがまず大事な仕事なのである。

そのような考え方を私はもっていたが、現職の出版社ではどういうふうに進むべきか、個人的にはよくわからない。
特定分野の基幹商品として位置づけているものが、目減りしているという。
なので、これは減るものとして、これを補うものとして、新しい基幹商品の構築を! ということが、呼びかけられているような気がする。
正直、基幹商品というのは、メンテナンスに一定の経費と人員が必要である。
現状ある基幹商品の商品価値を維持するためにかかる経費と人員を維持するためには、既存の基幹商品の売上向上を目指すべきなのではないのか? てなことをいったら、どうも意にそぐわなかったらしい。
やばいかもだ。

しかし、今現在、新しい基幹商品を製作中で、既存の基幹商品のメンテナンスに多大な負荷がかかっている状態だ。

正直、ここでまた新しい基幹商品を考えよ、ということは今作成中の基幹商品も期待されていないことにもなる。
納品前なのに。

そしてまた今の状態から人員を割き、基幹商品を制作するとなると、人員的にも相当な負荷がかかる。
余裕がなくなるとメンテナンスの質も下がるし、最低限のメンテナンスで目いっぱいとなり、売り上げが落ちている原因を探って改善しようとする力も奪われる。

そういう意味で、売り上げが落ちたから、違うもので挽回するという方法は、間違いだと言い切ることはできないけれども、現状の社内資源と能力を考えると、もっとも適切な方法とはいえないのじゃないかな? と思ったところである。

また、相当に私の株を下げてしまった気がする。。。
サラリーマンはこれがあるからなぁ。

昨日は千葉にスケートに行ってきた。
ご親切にタイムをとってくれて、1周(111m)を17秒台では滑れるようだ。
(ちなみに国体級で1周は10秒を切る)
しかし、17秒というのは体感速度はとても高い。
ストレートは2歩であり、コーナーは自分でも本当に曲がれるのか疑問に感じてしまうくらいに恐ろしい。

冬に江戸川の専門公開が始まるまでに、15秒台が出せるようになりたいなと思っているところ。
posted by 大黒屋 at 14:03| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

猛暑

DSC_1857.jpg
昨日は某大学まで原稿を受け取りにいった。
残念ながらもらえなかったが…。
なんせ原稿依頼をして1年経って、原稿を書いてくれないのだから、どうしようもない。
わかっております、とはおっしゃるのだけど。
ま、こちらからの依頼原稿なので、みずからこれが書きたい! と発案のあったようなものではなく、ただの仕事だということはあろうが…。
とにかくなんとかならないものかな…というところ。

それとは別に、これを本にしたいという案もいただいた。
非常に市場のせまいものではあるが、まあ構成はまともそうであったので会議にかけてみた。
…、資料をクバッタジテンデ上司はムリ顔。
はーそうですか。

来期、増収増益を図るため、新刊の基準も変えるような話である。
新基準でいくと、一番部数が出るホットな市場にチャレンジするということではないと思う。
なので、かなりニッチな分野にトライしてみたのだが、まるでお話にならんといわれるとな。
どうすればいいのかよくわからないや。

町では夏休み真っ最中。
最近は大学は夏休みのはじまりは遅いらしく、8月がはじまってからだという。
ただし、夏休みは9月の連休明けまでだそうだ。
そんなわけで、小中高生は夏休み中。
昔の夏休みとちがうのは、結構子どもが、朝出かけていくこと。
親が働いていて、学童保育なとに行くのだろう。
リュックをせおった子どもが、朝の通勤時に歩いている。

会社の近所では子どもたちがスイカ割りをしていた。
子どもの面倒を見ているのはおばあちゃん。
今はホント親は働かなければならないので、祖父母世代もなかなか楽隠居とはいかないようだ。
posted by 大黒屋 at 08:32| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする